2019年04月04日

海自のシステム艦第1号 (5/終)


とは言っても、その結果として海自はこの 53DDG 「さわかぜ」 に至って始めて、と言うかやっと、本来の “艦艇戦闘指揮システムらしいシステム” を持つことになりました。 全くの他力本願ではありますが。

この 「さわかぜ」 に搭載した OYQ-4 システムは、メインのコンピューターに UYK-7 1台、コンソール OJ-194 9台 + OJ-197 OSC 1台、SPS-52C による目標の自動探知・自動追尾機能、BVP によるIFF Mode-II 信号を利用した自動味方識別、Link-11 機能、そしてソフトウェア (オペレーション・プログラム) は米海軍提案のものに加え、更に海自側から NTDS 最新の Model 4 というプログラムの内容や CGN-38 「バージニア」 級で採り入れられたアルゴリズムなどと同じものの追加を逆提案してその多くのものが採り入れられました。

( この逆提案の内容は、それを聞いた米海軍の担当者が “えっ、何でそんなことを知ってるの?” と驚いていたことがありました。 何でかなあ〜 (^_^) )

これによって目出度し、目出度し ・・・・ だったはずなんですが ・・・・ 結局 WES (OYQ-1/2)や 50・51DDH の 「しらね」 「くらま」 の TDPS (OYQ-3) より大きく進歩したこの新しいシステムが導入されたにもかかわらず、この システムの本来のあり方、考え方が活かされることはありませんでした。

既に建造が始まってしまった 「はつゆき」 とこれに搭載する国産の OYQ-5 に続く、汎用護衛艦とそのシステムには、結局元のまま、海幕担当者達の鉛筆舐め舐めの紙の上での予算説明上の都合・理屈に振り回されることには変わりはなかったのです。

つまり、当初から役に立たないことがハッキリしていた 「はつゆき」 とその OYQ-5 を “失敗作” “安物買いの銭失い” と言われないために、“使用実績と技術の進歩、戦術環境の変化に対応するための改善” を謳い文句にして、それこそ小出しにするが如く次々と手を入れることによってそれを誤魔化し続けてきました。 システムだけを見ても、

OYQ-5、-5-1、-5B-1、-5B-2、-5C-1、-5C-2、OYQ-6、-6-1、-6-2、-6C、OYQ-7、-7B、-7B-1、-7B-2 ・・・・

その結果、ソフトウェア (オペレーション・プログラム) の中身はともかくとして、ようやく DD タイプのシステムでも、見かけだけは まあ何とか CDS らしいといえるもの が装備されたのは、実に 「むらさめ」 の OYQ-9 になってと言えるでしょう。

USS_Blueridge_BPDMS_1974_01_s.jpg

( クリックで拡大表示します)

即ち、内局の役人に対して予算獲得のための (= 自己の業績作りのための) 屁理屈を並べてきた海幕担当者達が、それが嘘であったとは言えないために更なる屁理屈を重ねるだけのために、実に14年、15隻 ( 「たかつき」 「きくづき」 や 「かしま」、それに途中更新艦を合わせると23隻) を無駄にしてきたのです。

“DD はハイ・ロー・ミックスのロー・コンセプト艦だから” というのはいかにも聞こえはいいですが、これの実態は “低性能であっても、低価格で数を多く” ということに過ぎません。

そのために既にお話ししたとおり、本来必要とされる “あるべき能力” の検討がまず先になされなければならないにも関わらず、それを抜きにして予算獲得のための 艦型が先に決まってしまい、後からその性能・能力の屁理屈をこじつける ことになりました。

そして “艦艇戦闘指揮システム” とは言いながら単なる “武器管制装置でしかないもの” を搭載した国産護衛艦をも延々 “システム艦” という美名で呼んできたのです。


最後に今回の纏めとして、

海上自衛隊における “システム艦” は、

デジタル・コンピューターを用いたシステムの導入により 米海軍の NTDS に関する考え方 (フィロソフィー)、システム開発手法、ソフトウェアのアルゴリズムなどをもたらした、という点を評価するなら 「たちかぜ」 型が 第1号艦

同様にシステムそのものはともかくとして、データ・リンク Link-11 を導入した という点を評価すれば 「しらね」 型が 第2号艦

次いで 「さわかぜ」 が 第3号艦

ということになります。

そして、実態として 少なくとも “艦艇戦闘情報処理システム” (CDS、Combat Direction System) といえるものを搭載したことを採るなら 「さわかぜ」 が 第1号艦 ということになります。

(この項 終わり)
-――――――――――――――――――――

前 : 海自のシステム艦第1号 (4)
posted by 桜と錨 at 11:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 現代戦のこと
この記事へのコメント
素朴な疑問ですが、仮に「はつゆき型を十分な能力で建造」した場合
はつゆき型の建造時期が遅くなったりするのでしょうか?
Posted by キャニー at 2019年04月04日 12:38
キャニーさん

当時手に入る、手に入る可能性のあるもので、という前提ならばありません。

Posted by 桜と錨 at 2019年04月04日 15:28
当時手に入るものでも、十分な能力の護衛艦は建造可能ですか
仮にはつゆき型の能力が十分なら
あさぎり型も変わってきますね。
Posted by キャニー at 2019年04月05日 09:05
キャニーさん

あさぎり型といわず、その後のもの全てが変わってきますね。
Posted by 桜と錨 at 2019年04月05日 09:18
大変勉強になりました・・・・
(DS担当者)
Posted by 現役○○科員 at 2019年04月06日 07:41
現役○○科員さん

FBの方の冒頭と最後には書いたんですが、世間一般で言われているのとは少し (かなり) 違うところがあります。

私の元船乗りとしての個人的な経験と視点からのものですが、どちらを採られるかは読まれる方のご判断で (^_^)

Posted by 桜と錨 at 2019年04月06日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185802870
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック