2019年02月09日

1980年代の米海軍 PDMS の現状


今回の海自 P-1 に対する韓国駆逐艦 「クァンゲト・デワン」 によるFCレーダー照射事案について、防衛省からの公表内容やマスコミでの報道において全くと言って良いくらい出てこなかったのが当該駆逐艦が装備する NSSMS (NATO Sea Sparrow Missile System) とその指揮管制装置である STIR-180 についてでしょう。

NSSMS や STIR-180 がどの様なものであったのかが判らないと、今回の事案が P-1 にとってどれほど危険なものであったか、その実態が一般の人々にはなかなか理解できないのではないかと思います。

で、今回の事案に関連するこれらについてはまた別の機会 (と言うより先ずは一つ雑誌記事にしてもらうことになりましたが) とすることとしまして ・・・・


もう40年近くも前になりますが、標題の件について私的な文書を纏めて周りにいる若い海自幹部で興味がある人達を集めて話しをしたことがあります。

USN_PDMS_1980s_cover_s.JPG

もちろん、この文書を纏めることも、そして当該事項についても、当時の私の職務の範囲ではなく、また職務上知り得たものでもありませんで、全く私が個人的に勉強をしたものからです。

当然その内容は当時の職場は勿論、海上自衛隊そのものにも無いものでした。

今これを読み返してみると、少なくとも私が定年退職した時点においでさえ、海上自衛隊における PDMS や ASMD (Anti-Ship Missile Defence)に対する “考え方” は、この40年前の米海軍にはとても敵うものではなかったと思っています。

それ程米海軍はこの問題について徹底して研究・開発を行い、そしてその成果を着々と艦隊に反映して来たといえます。

残念ながら、私がこの話しを若い人達にした時も、彼等は目の前の業務に精一杯で、海上自衛隊の立ち後れの現状を真に理解し得たという人はあまりいなかったように思いました。

“米海軍は米海軍、海自は海自、それで何か問題が” という感覚・認識であったようです。

これは特に彼等若い幹部の上司達に顕著でしたので、その影響も強かったものと思います。


さて、私が定年退職してからもう10数年、ハード・ウェアについては新しいものが導入されてきたようですが、基本的な “考え方” についてはそれから少しは進んで来たのでしょうか ・・・・ ?

当該文書に含まれる内容については、米海軍では既に全て秘密指定が解除されておりますので、そろそろこれをベースにしたものを、ここか本家サイトでお話ししてもいいのではないかとも思ってるところです。

posted by 桜と錨 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185529762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック