2018年12月22日

今年の初牡蠣


音戸で牡蠣の網元をしている甥っ子から今年初の殻付きと剥き身が届きました。

殻付きは早速レンジでチンして焼き牡蠣に。

Yakigaki_h301222_01.JPG


今年はすこし成長が遅れていると聞いていましたが、どうしてどうして。

牡蠣が特産の広島ですが、その中でも湾内のものとはちょっと違い、流れが強い音戸の瀬戸の牡蠣は身が締まってプリプリして、しかも味は濃厚です。

殻の中の汁を溢さないようにして一緒にパクリと。 潮の香りと共に、たまらない美味しさです。


以前も書きましたが、家内は数年前から突然牡蠣が合わなくなって食べられなくなりました。 このため、今回も甥っ子は私一人分用を届けてくれたのですが、家内はともとは好きだっただけに、恨めしそうな顔で私を見ます。

剥き身は昆布でしめてからレンジでチン。 これも良い味と香りです。

う〜ん、お酒が進みます v(^_^)

(家内も遂に我慢が出来なくなって、試しに殻付きの最後の一つを食べてみましたが、今のところどうやら1〜2個程度なら大丈夫なようです。)

posted by 桜と錨 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185241917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック