2018年12月16日

ふぐ三昧


昨夕はお誘いをいただきましたので、ちょっと足を延ばして徳山までふぐを食べに。

徳山港の岸壁近くにあるふぐ処ですが、かなり有名なところで、この時期の週末に席を取るには夏の予約開始直後でないとダメだそうです。

幹事さんの言では、昨年はタッチの差で出遅れましたので、今年は8月にいの一番で予約を入れたそうです。

Fuguzanmai_h301215_07.JPG
( こんなところにポツンとありますが、お店の中は満杯でした )

何と言ってもここのウリは周防灘で採れるとらふぐのフルコースです。

まず最初は定番のふぐ刺しから。

Fuguzanmai_h301215_01.JPG

一般的な下のお皿の絵柄が透けて見えるようなのではなく、その数倍の厚さ。 したがって、お箸でガサッと取るのではなく、1〜2枚ずつ食べます。

皮もコリコリ。皮側の身の茹でたものも大変に上品な味です。

そしてお酒は当然ヒレ酒です。 ヒレ酒用の清酒を使い、仲居さんが持ってきた時にマッチでサッと火を付けて蓋を。 ちょっと間をおいてから蓋を開けて香りを楽しんでゴクリと。 これは美味しいです。

Fuguzanmai_h301215_02.JPG

お猪口で飲む熱燗も別に出てきますが、ヒレ酒が無くなったらこれ用の熱燗を頼んで継ぎ足せば、2〜3度は楽しめます。 その後は再度新たなヒレ酒を注文。 これは進みます。

ふぐ刺しに続いて、大きな唐揚げ。 食べると言うより、むしゃぶりつきます。 これも美味しかった。

Fuguzanmai_h301215_03.JPG

ふぐちりも大きな切り身が沢山入っていて大変に美味でした。 この辺まで来るともうお腹が一杯に。 しかも相当飲みました。

Fuguzanmai_h301215_04.JPG

がしかし、ふぐを食べに来たのですから、これを食べなければ、と。 珍味の白子です。

Fuguzanmai_h301215_06.JPG

白子は人によっては好みの別れる味と食感ですが、私はこれがお気に入りです。 えっ、モックンの 『おくりびと』 の観すぎですか? (^_^)

そして最後はこれ。 雑炊です。 ちょっとポン酢系のタレをかけて食べると絶品の味です。 大きなお茶碗で三杯も食べてしまいました。

Fuguzanmai_h301215_05.JPG

いや〜、もうお腹一杯、ヒレ酒もたっぷり。 久々にふぐを堪能しました。

posted by 桜と錨 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
う、うらやましい・・・(^_^;)
小食の私ではとても付き合いきれませんが、さすがに体力が海で鍛えただけありますね。
それにしても、さんざん飲み食いした後に雑炊を三杯も・・・
その健啖ぶりに脱帽ですm(_ _)m
Posted by キャプ専クック at 2018年12月18日 09:01
キャプ専クックさん

皆でワイワイやりながらですから、ついついですね (^_^)

それに、私は普段日本酒はほとんど飲まない (体質的にあまり飲めない) のですが、この日は熱燗、ひれ酒を合わせて5合ほども。 美味しい料理と一緒ですからついついお酒も進みました (^_^;

これほど飲んで食べたのも久しぶりです。

Posted by 桜と錨 at 2018年12月18日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185211664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック