2018年10月28日

江田島の観閲式と花火大会


昨日の呉地隊に続いて今日は江田島へ。 1術校と幹部候補生学校との合同の自衛隊記念日行事と観閲式、そして先の豪雨のため延期になっておりました江田内の花火大会へ。

途中の交通状態が判りませんので家内と一緒に早めに家を出て、江田島で軽い昼食をすることに。

お邪魔したのは最近名が知られてきた 「オリーブ・ファクトリー」 さん。

Etajima_h301028_01.JPG


ちょっと変わった面白い場所にありますので前から一度寄ってみたかったところで、今日は家内と一緒でしたのでこれを機会にと。

もちろんオリーブ製品も買えますがレストラン併設で、平日のランチ・タイムはなかなかの人気店のようです。

Etajima_h301028_02.JPG

今日は日曜日ですのでどうかな? と思いましたが、ランチ・タイムで混む時を丁度過ぎたところで、待ち時間15分ほど。 天気も良かったので外のガーデンテラス席です。

Etajima_h301028_03.JPG

メニューのメインはピザとパスタのようですので、1種ずつ注文して家内とシェアを。

Etajima_h301028_04.JPG

Etajima_h301028_05.JPG

面白いのはオリーブを使ったドレッシング6種類どれでも好きなだけかけ放題なこと。

Etajima_h301028_06.JPG

でもまあ、私としては最もスタンダードなものが一番好みの味でした (^_^;


で、食後のコーヒーを飲みながら時間調整。

式典開始20分前に着きましたが、グランドには既に学生達は整列しておりました。 記念式典が終わって観閲式が始まるまでこの姿勢のまま。 私達の時もこんなだったかな〜、っと?

Etajima_h301028_07.JPG

候補生学校は、一般、飛幹、部内及び予定者の各課程が揃っていましたが、1術校は生徒部が無くなったことと時期的に学生が少ない時だったのか、総勢で約700名でした。

記念行事の方は昨日の呉地隊と同じで、取り立ててご紹介するまでもないごく普通の内容です。

続いての観閲式は昔を思い出して懐かしいものがありました。 それに1術校の普通科学生のセーラー服が何となく可愛らしく見えて ・・・・ 歳を感じた次第です (^_^)

各課程の教官達の指導もあってか、なかなか堂々としていました。

ただ、国旗の旗竿への取り付け方が ・・・・ これ誰も事前に気がつかずに直さなかったんですかねえ。

Etajima_h301028_08.JPG


記念日行事と観閲行進のあとはしばしの休憩 (準備) 時間をおいて、日没後から花火大会です。 江田内には花火大会恒例の護衛艦1隻の電灯艦飾も。

Etajima_h301028_09.JPG

1術校のグランドは一般の人達にも開放されていましたので、訪れた江田島市民の方々が家族連れやグループで芝生の上に思い思いに陣取っていました。

私と家内も用意された椅子席ではなく、グランドの一番海側の芝生の上にシートをひいて寝ころびながら。

目の前に繋留した台船から打ち上げますので、それこそ大玉の時は真上を見上げる格好になりますので (^_^)

Etajima_h301028_10.JPG
(松並木の樹上に大輪の花が咲きます)

Etajima_h301028_11.JPG

Etajima_h301028_12.JPG

Etajima_h301028_13.JPG

私の安物のコンパクト・デジカメでは何故か花火の赤や緑色が上手く出ません (^_^;

規模的には全国の著名な花火大会にはとても敵うようなものではありませんが、広々としたグラントでゆっくり寛ぎながら、それも目の前に炸裂する花火を堪能できました。

(燃え滓が時々パラパラと降ってくるのはご愛敬で)

家内を連れての江田島は久々です。 しかもこの花火を見るだけでも片道1時間のドライブの甲斐があったかと。

posted by 桜と錨 at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
消防ラッパ隊当時、国旗掲揚の45秒が締まらないないので海軍経験者からコツを聞きましたら「風を利用して開くようにパッと投げるんだ」練習しましたがが上手くいきませんでした。
どこの消防団も下手でした。 特に団旗の扱いは下手です。 
自衛隊のカラーガードの女性は上手です。動かし始めに微妙に動き0.2秒くらい一瞬止め、その後一気に動作に入る。 これはライフルの演技も同じようです。
Posted by killy at 2018年10月30日 07:32
killy さん

旗の動作というのはなかなかコツが要りますね。

私も学生時代に旗手をやりましたが、いかに “格好良く” スマートに見えるように扱うか、一生懸命練習した覚えがあります。

Posted by 桜と錨 at 2018年10月30日 21:30
燃え滓だけでよろしゅうございました。
翌日から構内で「不発弾」が複数発見回収されておりますので・・・・・・

台船が近くて迫力があるのはいいんですが、今回は風向きと強さが悪かったですね
Posted by 現役○○科員 at 2018年11月06日 21:26
現役◯◯科員さん、それはすごいですね。

当夜も頭上を大小様々なものが流れていくのが見えましたが、不発弾もあったとは (^_^;

人に当たったり、火事になったりしなくて幸いでしたね。
Posted by 桜と錨 at 2018年11月07日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184796407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック