2018年10月03日

三泊四日の上京 (2)


9月30日 (日)

今回の上京の目玉のもう一つが高校の卒業50周年記念の合同クラス会です。

joukyou_02_02.JPG

このブログでもご紹介してきておりますように、私が卒業した時の高校の同窓会はずっと各クラス単位で行われてきております。

これは在校当時1・2年はクラス替えせずに同じメンバーで2年間、3年が進学・進路別のクラス編制だったためで、これにより1・2年の時の方がクラスメートの結び付きが強いことからです。

そして数年前に久しぶりに開いた時に、参加した皆から “もう60を過ぎてこの先いつまで元気でやれるか判らないから、その都度集まれる人だけで良いから毎年やろうよ” となりまして、それ以来私のクラスは毎年恒例となりました。 多いに年はクラスの半数が集まります。

今年は流石に卒業50周年ですから全クラス合同の学年同窓会となりましたが、会場のテーブル分けはこの1・2年でのクラス単位で。 これも今回の開催に当たり幹事さんに多くの希望が寄せられた結果です。

joukyou_02_03.JPG
( クラス毎の記念写真での我がクラス あれっ、二人ほど集まっていない (^_^; )

それに、私の高校は都立とはいいながら元旧制高等女学校であったこともあり、当時全学年で生徒は男子1:女子3の割合で、1・2年時はこの比率で均等のクラス分けでした。 私のクラスは男子13名に女子38名。

3年進級時に私は理工系大学進学希望者のクラスでしたのでクラス43名で、うち女子は13名でした。 したがって3年の時は全8クラスで女子だけのところも3つ、1クラスで50名超のところも。

この時の理工系大学進学クラスはその後地方に散って今でもそのまま住み着いた者などが多いこともあって、3年のクラスでのテーブル分けでは出席率が低く、かつ他のクラスの女性陣は1・2年での同級生以外では名前はなんとか判るものの、学生時代にほとんど話したことがない人が多いので話しが弾みませんから ・・・・ (^_^;


記念同窓会は昼からホテルで大々的に行われ、在校当時の写真のスライド・ショーや校歌の斉唱など、これはこれで盛大なものとなりました。

joukyou_02_01.JPG

joukyou_02_04.JPG
( 今では当時の恩師も皆さん90歳越え 今回唯お一人の参加となった英語の先生 )

その後はもちろんそれぞれクラス毎の二次会へ。 私達のクラスは参加者19名の殆どが揃って二次会、三次会と進んだのですが ・・・・

ここで台風24号の接近のため都内のJRなどが20時以降全面的に止まるとのことになりまして、残念ながらここまででお開きに。

もちろんもし台風の影響がなければ日付が変わるくらいまでは続いたのではと (^_^)


運転取り止め近くの電車に乗って21時前には宿に戻りましたが、その後も雨、風ともほとんど無く、ちょっと拍子抜けしましたが ・・・・

joukyou_02_05.JPG
( ここのところ利用する機会が多くなった吉祥寺のホテル この時間はまだ静かでした )

ところがこれが文字通りの嵐の前の静けで、深夜から未明にかけて相当な風雨となったようで (寝ていて全く気づきませんでしたが)、朝になってすぐ近くの井の頭公園では樹木が数十本も倒れてしまったことを知りました。

今回の都心での交通機関の早期運転取り止めについては色々批判もあるようですが、私的には人的被害予防のためからも賢明な良い措置であったと思っています。 何しろ様々な人が一晩中集まっている東京ですから(^_^;

posted by 桜と錨 at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
久し振りにコメント差し上げます、同窓会楽しそうですね、数年前母親の認知症の為離職する羽目となり、やっと母親を特養に入所させホットしていたら小生が大病をしてしまい、今年初旬に半年ぶりに娑婆に出て来た次第です、さて小生も今年還暦を迎える為に 還暦同窓会 と名打っての誘いが小学校 中学校の幹事から有りました(高校は小生が幹事の為やりません)、前記の理由を説明するのがめんどくさい為、不参加にしようと幹事宛連絡した処、幹事以外の同級生から夜討ち朝駆けのごとく電話が有り、不承不承参加して参りました、自分の不幸話を多少脚色し笑い話に変え説明して参りました、還暦記念と言う事も有り数十年ぶりの顔も有って両会とも楽しく過ごさせていただきました、皆が各自の不幸話を言って来るのには参りましたが、、まあ同窓会は何の利害も無く楽しい物だと実感した次第です。
Posted by すーさん at 2018年10月04日 10:20
すーさん、こん**は。

>同窓会は何の利害も無く楽しい物だと

全くの同感です。 だからこそ逆に長続きするんでしょうね (^_^)

Posted by 桜と錨 at 2018年10月05日 15:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184586587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック