2018年09月28日

計根別飛行場群


本家サイトの 「旧海軍の基地」 コーナーで公開中の 「北海道所在の旧陸海軍航空基地」(暫定ページ) にて、残った計根別飛行場群4基地のポップアップデータの設定をしました。

これにて北海道所在の旧陸軍飛行場全ての設定が完了しました。


この計根別飛行場群と言いますのは、ご存じのとおり計根別第一、同第二、西別 (計根別第三)及び西春別 (計根別第四)です。

Army_AB_kenebetsu_No1_map_1944_01_s.JPG
( 計根別第一 )

Army_AB_Kenebetsu_No2_map_1944_02_mod.JPG
( 計根別第二 )

Army_AB_Nishibetsu_map_1944_01_s.JPG
( 西 別 )

Army_AB_Nishiharubetsu_map_1944_02_mod_s.JPG
( 西春別 )


上記の図はいずれも昭和19年測量の地図を加工したものですが、これによって正確な位置と当時の形状が判ります。

この他にネットなどでは誘導路を利用した 「計根別第五」 があったとされていますが、私の一覧では旧陸軍のこのような戦時急造、未完成、不時着陸場などは基本的に除外しています。

また、一般に言われているような 「計根別第三」、「同 第四」 という呼び方もしておらず、旧陸軍の史料にある名称としております。


なお、北海道所在の旧陸軍のものではこの他に 「苫小牧飛行場」 がありますが、これが 「沼ノ端」 のサテライトとしてのものなのか、不時着陸場としてのものなのかがよく判りません。

ここは王子製紙苫小牧工場の敷地内で競馬場が置かれていましたが、確かに戦前から不時着陸場としても使用された記録が残されています。

しかしながら、昭和18年になって改めてここに飛行場設置の工事が行われましたが、この時期になってわざわざ沼ノ端の西南西僅か8kmのところに不時着陸場としてのものを作るのかという疑問があります。

飛行場設置後の運用状況などについては不詳ですが、沼ノ端のサテライトとしてのものとするのが合理的であると考えられます。

終戦後に旧陸軍が纏めた史料では 「飛行場」 とされており、また米軍の資料でも 「Emergency Landing Ground」 ではなく 「Airfield」 とされております。

もし不時着陸場としてであるならばこのまま一覧には加えずにしますが、飛行場としてのものであるならば、後日一覧に追加したいと思っています。

posted by 桜と錨 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184537116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック