2018年09月23日

旧海軍の釧路不時着陸場


本家サイトの 『旧海軍の基地』 コーナーで 『北海道所在の旧陸海軍航空基地一覧』(暫定ページ) を公開したところですが1つ抜けていましたので、一覧図をこれを追加したものに更新しました。


Hokkaido_AB_sat_h30_01_mod2_s.JPG

旧海軍の釧路不時着陸場です。 昭和7年に根室不時着陸場と共に北海道庁より移管を受け、本土から千島方面への飛行ルート上に樺山、広尾、釧路、根室と連なるものとして計画されたものですが、その後の状況については不詳です。

AB_Kushiro_map_1932_01_s.JPG
( 昭和7年に作成された移管候補地の位置図 )

ただし、大戦中には米軍史料でも Emergency Landing Ground とされており、終戦時の地図などでも記載されているところです。

AB_Kushiro_map_1945_01_s.JPG

また旧陸軍及び米軍の撮影写真でも確かに写されたものがあることから、大戦時にも何らかの形で使用されたものと思われますが ・・・・

Army_AB_Kushiro_photo_1944_01_s.JPG
( 昭和19年に旧陸軍が撮影したとされる写真より )

終戦時に作成された連合軍に対する旧海軍関係の引渡し史料にも出てきません。

旧陸軍のものなら省略しても良かったのですが、旧海軍のものですので一応データとして追加することにしました。

Army_AB_Kushiro_sat_h30_01_mod_s.JPG
( Google Earth より現在の衛星写真 )

なお、当該不時着陸場については後日改めて解説ページとして纏めて 『旧海軍の基地』 コーナーでご紹介するつもりにしております。


posted by 桜と錨 at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
はじめてコメントさせていただきます。

 私は釧路市出身のものですが、かつて「愛国飛行場」というものがあったと、祖父から聞いたことがあります。
 詳細資料を持っていないので、場所や写真等を確認することはできませんが、祖父の話していた「愛国飛行場」の位置と衛星写真で示されている「釧路不時着陸場」の位置が似ております。

何かの手掛かりになればとコメントさせていただきました。
Posted by 海軍技術科ファン at 2018年09月27日 21:48
海軍技術科ファンさん、初めまして、コメントありがとうございます。

当該飛行場は地元では 「愛国飛行場」 と呼ばれていたようですが、本ブログでは海軍名を使用しております。

愛国飛行場で検索するとネット上でもいくつか出てくるようですが、その元資料といわれる釧路市史でもどこの所管だったのかや、終戦までの運用・管理状況などの肝心なことは出てきていないようですね。

もし今後詳細がお判りになりましたならばまた是非ご教示下さい。
Posted by 桜と錨 at 2018年09月28日 11:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184494271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック