2018年08月19日

「大和」 型主砲塔バーベットの疑問 (1)


本家サイトの掲示板にて、「大和」 型主砲の装甲に関する話題が2つ出ました。

そこでこれらに関連して、日頃私が疑問に思い、そして 「大和」 及び 「武蔵」 の潜水調査を含めていまだに解明されていないことを書いてみたいと思います。


まずはご来訪の皆さん方との頭合わせとして、その主砲塔の構造から。

「大和」 型主砲塔の一般的構造は、次の図がよく知られているところです。

46cm_Trt_Draw_01_mod.jpg
( HP 「海軍砲術学校」 所蔵の複製より )

ご存じのとおり、これは昭和18年に横須賀海軍砲術学校が作成した 『兵器学教科書付図 (九四式四十糎砲塔)』 の第1図として出てくるものです。

赤線で示したところが砲塔の旋回部で、砲室、旋回盤、上部・下部給弾室、及び上部・下部給薬室の旋動部で構成されます。 (ただし教科書付図は説明用に簡略化、あるいはデフォルメされているところがありますので、赤線もラフなものです。)

そこで、この旋回部の重量を支え、かつこれを旋回させるためのローラーパスが装着されている円形支基と、砲室下の旋回盤以下を防護するための装甲であるバーベット (厚鋼板) との関係について、同図の部分拡大で示します。

Yamato_Barbette_06_mod.jpg
( 同 上 )

バーベットを赤色、円形支基を青色、そして砲塔旋回部を緑色で示しましたが、これでお判りのように円形支基はバーベットの一部ではなく、また付属物でもなく、両者には構造的な繋がりはない全くの別物です。

この円形支基の正確な構造は、三菱長崎の 『戦艦武蔵建造記録』 では下図のようになっており、中心を50ミリ厚のHT鋼で2千トンもの重量を支えています。

Yamato_Barbette_01_s.jpg
( 『戦艦武蔵建造記録』 より )

もちろんこの円形支基の形状は、その上部のローラーパス上を砲塔が旋回しますので “真円” の円筒であることは申し上げるまでもありません。

そしてこの円形支基の内側には砲塔を旋回させるための砲塔側の旋回歯輪と噛み合う旋回歯轍が装着されています。


因みに、呉の 「大和ミュージアム」 で何回かに分けて 「大和」 の潜水調査結果の企画展が行われていますが、その中でこの円形支筒とその旋回歯轍の部分を写した写真を 「バーベット」 と解説しており、また旋回歯轍をふりがな付で 「施条 (しじょう)」 と呼んでおりました。

Yamato_Barbette_11_mod.jpg
(同館公式パンフレットより)

このことについては以前このブログで記事にしたところです。

     http://navgunschl.sblo.jp/article/180281833.html
     http://navgunschl.sblo.jp/article/180302027.html

一般の方々にはあらぬ誤解を生じさせるもとになりますので、艦船やその装備とは無関係の内容を扱う公共施設などならともかく、少なくとも 「大和ミュージアム」 として 「大和」 の砲塔のことを解説するのですから、これではまずいのではと思いますねえ。

(続く)
-------------------------------------------------------------

次 : 「 「大和」 型主砲塔バーベットの疑問 (2) 」

posted by 桜と錨 at 13:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントの順番が相前後してすみませんが。

まず気になるのが、円形支基の図面にあるギアの異様な高さですね。
次記事の下の写真に見える旋回ギアの高さは、歯形の3枚分くらいしかありません。
ローラーの長さ(並び幅)の半分あるかないかに見えます。
歯数をざっと数えて、歯形のピッチから想定した歯車のモジュールは50±5で、この場合の歯形のピッチは15センチ程です。
その3倍は40センチ程しかありません。
この数字は、旋回盤下部の旋回用ピニオンギアの軸受けの下に空いた穴の高さに等しいのですが、この記事の下の写真のギアの高さは明らかにピッチの4〜5枚分はあります。
となると、「これは主砲の写真ではない」という推論に至るのですが、いかがでしょうか。
Posted by GOME at 2018年08月23日 00:46
GOME さん、お久しぶりです。

>これは主砲の写真ではない

「大和」 の潜水調査の映像は同艦の艤装時の写真と合っておりますので、主砲塔のもので間違いはないと考えます。 特に副砲の場合ですとリング・サポートの径が違いますので。

また、本ページにあるリング・サポートの図はあくまでも三菱長崎による構造説明用のものの一部で、実際の図面ではありません。

Posted by 桜と錨 at 2018年08月23日 21:09
改めて、指摘の写真を第2砲塔艤装時の写真と歯形ピッチを合わせて重ねてみましたが、歯形の高さが全く合いません。
撮影アングルはどちらも45度近くで合っているとは思うのですが。
不思議ですね。
副砲の細かい構造が分かる資料があれば、確認してみたい所です。
第2砲塔で船体が切断されているとなると、副砲部分が綺麗に撮影される事は有り得ないという事になるのでしょうが。
Posted by GOME at 2018年08月24日 23:56
GOME さん、こん**は。

副砲のバーベットの画像は 「武蔵」 潜水調査の一連の映像の中にあります。

もちろん主砲の画像もありますが、これらによって 「大和」 のものは主砲塔バーベットと円形支基で間違いありません。


写真解析のご所見ありがとうございました。

Posted by 桜と錨 at 2018年08月25日 13:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184171815
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック