2018年07月04日

勝目純也氏 『護衛艦建造史 増補改訂版』


もう書店に並んでいると思います。 平成24年にイカロス出版から同氏の同名書がでましたが、今回はその増補改訂版です。

Ikaros_JDS_Rev_Katsume_cover_01_s.jpg

6年振りですが、この6年間にも海自の護衛艦は大きく様変わりしてきましたね。

この方面に興味のある方は、『世界の艦船』 誌とともに、ちょっとしたリファレンス用として横に置いておかれると便利でしょう。

今回は私の大先輩である平間洋一氏と並んでコラムを一つ載せて貰いました。 題して

『 「あさかぜ」 の思い出 』

ターターで米国留学、引き続いて長崎三菱での 「あさかぜ」 艤装から就役後の初代ミサイル士として、もう40年も前のことであり、その 「あさかぜ」 も既に退役して久しいですが、私にとっては忘れられない話しの一つです。


短いコラムですから掲載出来ませんでしたが、「あさかぜ」 就役後の SQT (装備認定試験) で米国派遣時にターター水上射撃において標的のマスト右アンテナヤードに直撃した時のものを。 もし実弾頭だったら確実に撃沈ですね。

Asakaze_SQT_01_s.JPG


日米官民合同のターター関係者による 「あさかぜ」 就役記念の打ち上げ。 もうどんちゃん騒ぎで ・・・・ あっ、コラムに載せて貰う写真はこっちの方が良かったかも (^_^) 

Asakaze_SQT_02_s.JPG

posted by 桜と錨 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183734335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック