2018年06月08日

再 ・ 「水交会」 は海自OB会ではありません


同じことは以前も書きましたが、どうもその水交会自身が分かっていないような ・・・・

>「水交会」 は、国の策により、公益財団法人として、一般に門戸を開いた、「海上自衛隊OBを中心とする会」 です。

それは 「OB会」 とは言わないんですがねえ (^_^;

どこの会社、組織、団体であろうと、OB会というのは “OB会員相互の親睦を図る” のがその会の目的のトップです。

あくまでも会員はOBです。 そしてその他に準会員として希望するOBの遺族や現職の人達を認めるところもあるでしょう。

しかしながら “一般に門戸を開いた” などというOB会などあり得ないことですし、かつ組織の目的も全く本来のOB会とは異なります。 これは 「水交会」 の定款を見れば明らかなことです。


これのどこをどう読めば海自OB会と

>決して別物ではありません。

になるのでしょうか?


海自OBの方々の中には覚えておられる方も多いでしょう。

旧海軍出身者を中心として戦後出来た元々の 「水交会」 が本来の会員の自然減少により消滅の危機に陥った時に、当時出来て間もない海自OB会である 「桜美会」 に支援を求めてきました。

この時に一部のOBによってこの桜美会と旧水交会との合同案が出された時に、ほとんどの会員は反対であったと記憶しています。 また旧水交会自身でも異論・反対が多かったと聞いています。

当時私はまだ現役の 「準会員」 でしたが、もちろん反対の立場でした。 海自OB会はあくまでも海自OB会であり、その上で水交会をどの様に支えていくかを考えるべきであると。

海幕副長を努められた佐伯聖二元海将もその反対の立場の急先鋒でした。 曰く “つけを将来の海自OB達に回すな” というものです。

しかしながら 一部の人達によってOB会全体の合意がないまま強引かつ一方的に “合同” という名目で、表向きに耳障りの良い “発展的解消” と言いつつ “事実上消滅” させてしまいました。

その上、「OB会会費」 と言って集めてきたものや、その他全ての資産をOB会ではない水交会に 移してしまったのです。 

この短期間の 「桜美会」 の設立とは何だったのか? 穿った見方をすれば、始めから水交会の資金を集めるための口実だったのではないかと。 そしてその資産を手土産に自分達はそのまま水交会に横滑りしたとも。


そして、今まさに佐伯氏が危惧したとおりのことが現実となっています。

OB会でもないところに単にOBだからといって入る責務はない、というのが多くのOB達の共通認識であり、現在の会員数の減少がそれを如実に表していると言えるでしょう。

しかも現在の 「水交会」 の存在の実態は、その目的とは裏腹に海自という組織と現場の海上自衛官達にまさに “おんぶにだっこ” です。

そして 「水交会」 の役員名簿を見ていただけばお判りのように、役員になるのは元海自の要職にあった人達ばかり (が順にたらい廻しに) であり、彼等が何かにつけ海自の現場に顔を出しては “水交会の役員です” といい顔をしたがる。

それを目の前に見てきた一般の現職の人達が、OBになった時に 「水交会」 に入ろうとは思わないのは当然であり、自然な感覚でしょう。 水交会に海上自衛隊OBが入らない人が多いのは 決して

>今の日本社会のあり様、自衛隊の体質が、大きく影響していると思います。政治、教育、マスコミの誤った影響です。

ではありません。 現在の水交会自身の実態のためです。


誤解の無いように再度申し上げれば、公益財団法人 「水交会」 そのものは “任意の一般加入団体” ですから、それはそれとしてその存在についてとやかく言うつもりはありませんし、また水交会本来の目的と意義は大いに賛同し得るものです。

がしかし、それならば “海自OB会ではない” という一線は水交会自身が正しく、かつキチンと示すべき でしょう。


そして 元海自の要職にあった人達の重要な課題、というよりなすべき責務は“消滅させてしまった海自OB会を再興させる” ことでしょう。

そのOB会を再興させた上で、その次に “では水交会をどのように支援・協力していくか” でなければならないと考えます。


6月9日追記 :

当のご本人はご自分の “個人の言い分だから” と言うだけ言って、私や他の方の異議に何ら答えることなしに一方的に打ち切られてしまいました。

これが水交会自身の考え方でありやり方なんだと言われても仕方ありませんし、これでは海自OBはもちろん、近い将来にOBとなる現役の海上自衛官達に理解を得られるはずのものではないでしょう。

むしろ海自OBや現役の人達にとっては “現在の” 水交会というものに対する不信感を募らせるだけにしか思えません。

posted by 桜と錨 at 18:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
私も水交会には参加していません。
Posted by あまつかぜ甲板士官 at 2018年06月09日 23:49
お久しぶりです、今そちらは大変でしょうね (^_^)

水交会、貴方も入っておられませんでしたか。

そうですよね、海自OBであろうと一般の方々であろうと、希望する人が入会すればいいことですよね。

ですから、海自OBがほとんど入らない、会員数も減少の傾向、というのは “現在の” 水交会にその魅力がなく入会意義を見出し得ない、と言うことを如実に表しているのではないでしょうか。

これは海自OBの認識とか自覚とかのせいではなく、ましてや

>今の日本社会のあり様、自衛隊の体質 ・・・・

のせいでもなく、その原因は “現在の” 水交会そのものにあることを水交会自身が自覚するべきでしょうね。

Posted by 桜と錨 at 2018年06月10日 09:50
元1曹ごときが申し訳ありません。
水交会はわれわれの意識からすると高級幹部(2佐以上)で集う我々とは別世界というイメージで関わりたくないのが本音です。
定年・依願退職して昔の階級で文言されては思い出も台無しかと。
我々が組織するOB会は元2佐から元士長まで同じ土俵、いやテーブルで酒を酌み交わし忌憚のない意見を出し合ってます。
近日中の総会開催、今年から熱烈海自ファン2名の賛助会員含めてスタートです。
Posted by 濱村 at 2018年06月14日 15:14
濱村さん、こん**は。

>同じ土俵、いやテーブルで酒を酌み交わし忌憚のない意見を出し合って

はい、それが本来のあり方だと私も思います。 そちらのOB会は楽しいところのようで羨ましい限りです。

階級や肩書きに関係なく、昔の同じ職場の仲間としての交流を深める、そういう場が全国規模で欲しいですね。

今の水交会はそのようなOB会とは目的も活動実態も全く異なった別の団体ですから。

間もなく総会とのこと、ご盛会をお祈りします。

Posted by 桜と錨 at 2018年06月14日 17:35
こんにちは。
先日別のSNSでお知らせさせて頂きました通り平成30年度総会終了致しました。
実績・予定・予算等一連の報告審議が終わったあとの議題は「会員勢力増勢」でした。
個人情報保護法が出てから各基地・地本等かなり個人情報管理に厳しくなってます。
地域や職場、サークル等活用して個人的にアプローチ掛けていくしかないとの結論に達し、まず今年度は地本の募集協力をする傍ら会員の発掘・勧誘の両立を目指すことになりました。
あと、各基地の援護室にも協力を仰ぐことも検討されました。
「島根海上自衛隊OB会」
少数精鋭で頑張って参ります。
(2019/6/24現在34名・うち賛助会員2名)
Posted by 濱村 at 2018年06月27日 12:15
濱村さん、こん**は、お知らせありがとうございます。

いいですねえ、羨ましい限りです。

>地本の募集協力をする傍ら会員の発掘・勧誘の両立を目指す

地本の募集員や相談員では限界があることは確かで、だからこそ地域のOBの協力が大きな力になるはずです。

二言目には“入隊志願者が少なくて”と。 なぜ防衛省挙げてOB組織の活用を計らないのか不思議でなりません。

もっとも海自はそのOB会さえ潰してしまい、ましてや水交会は全く別目的の組織ですから。
Posted by 桜と錨 at 2018年06月27日 12:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183471830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック