2018年05月22日

オコゼのお刺身


いつものお魚屋さんを覗いてみましたら、若大将が私の顔を見るなり “今日のお勧めはこれ、お刺身になるよ” と言って大きなオコゼを。

ご存じのとおり、オコゼはお刺身にすると身は少ししか取れませんので、余程サイズが良くないとできません。

いつもは20センチくらいのが並んでいますので時々唐揚げにしますが、その度に私が “これのお刺身が食べたいよね〜” と言っていますので、今日はいの一番に声をかけてくれました。

早速まだ活きてピョンピョンしている中から一番大きな30センチ近いのを2匹選んでもらってお刺身用に捌いてもらいました。

夕食の時に、淡泊な味とコリコリした食感で、家内や末娘も “美味し〜い!”

okozenosashimi_h300522_01.JPG

それはそうでしょう、都会の普通のお魚屋さんでは、まだ活きていてしかもこれだけ形の良いものはまず手に入りませんから。

身よりも遙かに大きなアラ。 並べて比べてみるとオコゼのお刺身が如何に贅沢なものかが。 勿論コレのお味噌汁も堪りません (^_^)

okozenosashimi_h300522_02.jpg

posted by 桜と錨 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183294063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック