2018年04月28日

4月26日付 『朝雲新聞』


業界紙の一つとしてその筋では良く知られている 『朝雲新聞』 の 「世界の新兵器」 コーナーで4ヶ月ごとに私が担当させていただいている艦船シリーズの最新記事が4月26日付の同紙に掲載されました。

ドイツ海軍が建造中のフリゲート 「バーデン・ヴュルテンベルク」 についてです。

#06_h300426_Baden_s.jpg

同艦は昨年海上公試を行いましたが、数々の不具合があったとして現在建造所において対策を実施中とされているものです。

ネット上では “欠陥艦” などと色々書かれておりますが、現代の高度な技術に基づく艦艇の設計と建造では実際に作って動かしてみて初めて出てくる様々なトラブルや予測不可能な不具合はつきものであって、別に不思議なことではありません。

例えば米海軍の LCS や最新の空母でもそうですし、また艦艇以外でも例えば航空機では F-35 は初飛行以来開発完了までに一体何年を要しているのかと。

設計・建造から就役後にわたりこれらが徐々に改善・改修されて本来の能力を発揮できるようになるのは、ある意味で健全だとも言えるでしょう。

どれとはいいませんが、設計段階で既に不具合を指摘されながらそのまま建造してしまい、結局就役後に現場から問題とされて、しかも10年近くも経ってバカ高い費用をかけて改造するような艦船もありますから (^_^;

そして本級は中小海軍の艦艇として大変にユニークで斬新な設計であり、海上自衛隊としても今後の護衛艦のあり方を考える上で学ぶべき点の多いものの一つであることは間違いありません。

引用画像は残念ながらサイズが小さいので、機会がありましたら是非同紙をご覧いただきご一読を。

posted by 桜と錨 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183103549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック