2018年04月15日

明治40年代の砲戦術 完了!


本家サイトの今週の更新として、先週に引き続き 『桜と錨の海軍砲術史』 コーナーで明治40年代の砲戦術に残りの項目を追加し、これにて同年代の話しを完了しました。


ただしいくつかの項目、特に 「射法」 と 「戦術」 については大正中期の砲戦術まで進んだところで全体の内容を見直す予定にしています。

前者については近代射法が芽生えたばかりであり、大正8年の 『艦砲射撃教範』 の全面改定まではそれこそ日々進歩して変わりつつあり、また後者については秋山真之の 『海軍基本戦術』 『海軍応用戦術』 及び 『海軍戦務』 の3部作の影響が大きく、そこから離れられなかった面があります。

( 真之の3部作については既に原本全文を本家サイトの 『史料展示室』 にて公開しておりますので、まだの方は是非ご参照下さい。)

当時としては、砲戦術の重要な要素である個艦及び艦隊の戦術については、基本的に真之の 『海軍基本戦術 第二編』 がほぼそのまま活きていたと言えます。

Akiyama_Tac1-2_cover_s.jpg   Akiyama_Tac1-2_cover_type_s.jpg
( 左 : 原本、右 : 活字起こし版の表紙 )

したがって明治40年代という期間を区切って述べることが大変に難しいものがあるためです。


なお、準備ができ次第、次の大正初期の砲戦術の項目に入りたいと思います。 お楽しみに。

posted by 桜と錨 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182984864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック