2018年04月05日

英空母 「フォーミダブル」 の就役日


少し前になりますが、ネット上で英空母 「フォーミダブル」 (HMS Formidable) の就役日が1940年の 10月31日 とするものと 11月24日 とするものの2つがあるが、どちらが正しいのかとの疑問が呈されていました。

もう少し付け加えますと、

日本版Wikiでは 「The Illustrious & Implacable Classes of Aircraft Carrier 1940-1969」 (Neil McCart, Fan Pub., 2000)の記述を根拠に前者とし、「世界の艦船」 やWikiでは後者としている、というものです。

これについて次のURL記事に基づいて10月に公試が完了して海軍に引き渡され、11月24日に実戦部隊に編入したとの回答も付いていましたが ・・・・



その一方で、例えば有名な 「Aircraft Carriers of the Royal and Commonwealth Navies」 (David Hobbs, Greenhill, 1996) では11月24日にベルファストで竣工・就役とされ、またかつて 「世界の艦船」 に連載された松村道臣氏の 「英国航空母艦史」 の第8回 (1960年3月号) でも同日就役とされています。


そして、以前 「就役式」 についてのことをお話ししたことがありますが、これにも関連してもう少し付け加える必要があるようです。

つまり 「引渡し」、「竣工」 (Completion)、「就役」 (Commision) はそれぞれ異なる意味があるということです。 もちろん 公試完了 = 完工 = 竣工 でもありません。

即ち公試完了時に重大な問題がなければ、その後は多少の手直しと性能に大きな影響を持たない残工事を終えて建造所側の 「完工」 となり、これを海軍が了承した場合に 「竣工」 となります。

そして就役準備作業を行った後に 「就役式」 が行われ、この時をもって正式に建造所から海軍に 「引渡し」 が行われ、海軍において 「就役」 することになります。


そこでこの 「フォーミダブル」 ですが、

残念ながら英海軍の建造に関する規則類や 「フォーミダブル」 の公式記録文書が手元になく、正式な就役日が何時とされているのかは確認できませんので、断定はできませんが ・・・・

私的には建造状況から考えても、またこれまでの著作物やWikiを始めとする海外の著名な数多くのネットでの記述からしても、11月24日に 「就役式」 が行われて竣工・就役したとするのが最も合理的なように思われます。

posted by 桜と錨 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182900992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック