2018年02月25日

松山 萬翠荘


FBF である大之木氏に倣って、私も松山の 「坂の上の雲ミュージアム」 に隣接する 「萬翠荘」 の写真を ・・・・ っと思ったのですが、カメラも腕も、そして何よりセンスが (^_^)

Bansuisou_h3002_01.JPG
(「坂の上の雲ミュージアム」 の4階より )

大変に綺麗な建物で、しかも松山城のある岡の中腹の林の中にポツンと。 庭園など周りの広い敷地も併せて、雰囲気も素敵なところです。

Bansuisou_h3002_04a.JPG

Bansuisou_h3002_04b.JPG

ここはご存じのとおり、久松 (松平) 定謨伯爵の別荘として大正11年にフランス・ルネッサンス様式で建てられ、現在では国の指定重要文化財となっています。

定謨公のことは、NHKのドラマ 『坂の上の雲』 の中でも公がフランスのサン・シール陸軍士官学校に留学する際に秋山好古がその補導役となるシーンが出てきますので、私としても関連のところとして感慨深いものがあります。

昨日のお昼にちょっと行って外側からだけ覗いてみました。 肝心な建物は、玄関前の植木などによって普通では正面からの写真が撮れませんので、両サイドから。

Bansuisou_h3002_03.JPG

Bansuisou_h3002_02.JPG


建物内部もすばらしいと聞いており、また敷地内の片隅にある建物が 「漱石珈琲店 愛松亭」 となっていましたが ・・・・ これらは今回は断念。


それにしても下手くそなショットで、とても大之木氏には敵いません。 せめて雰囲気だけでも (^_^;

posted by 桜と錨 at 18:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
明治・大正期の別荘が旅館や料亭として利用されていました。年に一度の贅沢で旅行がてらに利用していましたが、平成になって知っている所は全てマンションになりました。
検索しますと惜しむ人も多く「わが町には、文化は無いのか」という辛口もありました。
Posted by killy at 2018年02月26日 09:15
killy さん、こん**は。

日本の風土と建築様式ではなかなかその維持管理は大変ですね。

ましてや個人所有の場合は費用的にも大きな負担となりますので、ある意味では転用利用はいたしかたないところも。

最近になって公的な措置がとられて各地で保存の動きも出てきましたが、残念ながら既に多くのものが失われてしまったのは仰るとおりと思います。
Posted by 桜と錨 at 2018年02月26日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182507498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック