2018年01月26日

衝角 (Ram、ラム) と魚雷


帆装木造艦から蒸気推進鋼鉄艦へ移行しつつあった19世紀後半、艦船は風向きに左右されることがなく運動ができるようになってきたとは言え、速力はまだ10ノットそこそこであり、海戦における相対的な運動はノロノロとしたものでした。

しかも当時の砲戦距離は2000メートル以下、命中が期待できる射撃ができるのは数百メートルが精々で、かつ前装砲が主体であり発射速度は大変に遅いものでした。

そこでこの近距離における戦術運動において考え出されたのが、鋼鉄艦という船体の強靱さと、蒸気推進による自由な運動能力を利用して敵艦の舷側水中部を破壊する 「衝角」 と呼ばれるものを艦首構造に組み込むのが一般的となりました。

特に、1866年のオーストリア海軍とイタリア海軍との間で生起した 「リッサの海戦」 では、航行の自由を失ったイタリア海軍の装甲艦 「レ・ディタリア」 の舷側にオーストリア海軍の旗艦であった装甲艦 「フェルディナント・マックス」 の衝角攻撃を加え、水線下に大破口を生じさせて撃沈してしまった。 そしてこれを契機としてイタリア海軍側の敗北となったことはよく知られているところです。

多分に幸運に恵まれた事象であるとは言え、主力艦が主力艦の衝角により撃沈されたという事実により、以後この衝角は20世紀初頭まで主要艦艇の装備として残ることになりました。

その一方で、この同じ時期に魚雷も実用化の域に到達しており、小型快速艦艇はもとより、大型主力艦に至るまでこれを装備するのが一般的となりました。

当時の魚雷は有効射程がまだ数百メートルでしたが、砲戦距離や運動力からする衝角戦術と合わせ、大型艦においても舷側はもちろん、艦首及び艦尾への発射管の装備は攻撃兵器として戦術的にも有効なものとして考えられていたのです。

当時の多くの主力艦でも艦首の衝角の上部にこの水上発射管が装備されていたことはご存じのとおりです。

しかしながら、この魚雷発射管を水線上に装備することは砲戦被害による誘爆の危険性があり、これの防護のための装備をすることは重量対策上からも好ましくないことは明らかです。 したがって、大型艦における魚雷装備は次第に水上発射管から水中発射管に換わってきました。

では艦首の発射管はどうなのかというと、衝角を有する構造上水上発射管が主流でしたが、これももちろん中には水中発射管を装備するものもありました。

例えば、1894年に就役したフランスの防護巡洋艦 「シュシェ」 (Suchet) では次のようになっています。

Ram_and_TT_draw_01.jpg

ただし、その後の砲戦距離の延伸や速力の向上などによる戦術の変化により、衝角の廃止と合わせ、艦首装備の水中発射管への移行は主流とはなりませんで、その前に艦首への発射管装備そのものが廃止されてしまいました。

もちろんこれは衝角の構造上の問題からでもありませんし、また衝角攻撃での衝撃による誘爆の危険性のためでもありません。 特に後者が問題となるのなら、水上発射管の方が余程危険でしょう。

posted by 桜と錨 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182245191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック