2017年11月17日

『世界の艦船』 12月号増刊


そろそろ書店に並ぶと思います。 『世界の艦船』 の12月号増刊は 『日本海軍護衛艦艇史』 です。

SoW_No871_cover_s.JPG

平成8年の2月号増刊として出された同名の号のリニューアル版になりますが、元々が時期的にも、また艦種的にも残された良い写真はあまり多くはありませんので、旧版の写真ページを全面的に入れ替えることができないのは致し方ないところでしょう。

それでも印刷の関係もあって写真が綺麗になり、かつ新しい写真になったものが結構あります。

本文記事の中では、私も次の項を新たに担当させていただきました。

   「日本海軍の護衛艦艇戦備を考える
        B 戦時護衛艦艇の対空・対潜兵装」


割り当ての紙幅は4ページで、旧版の6頁からは少なくなっておりますが、旧版には機雷兵装や掃海兵装が含まれておりましたので、これら港湾防備兵器は省略させていただき、護衛任務に関係する砲熕、電測、水測、爆雷兵装に絞らせていただきました。

そして、いつもどおり私らしく、旧版には無かった内容を採り入れております。 もちろん残念ながら概論のみで、それぞれ武器の詳細までとはいきませんので、これらの詳細については機会を捉えて本ブログや本家サイトの方でご紹介したいと思います。

書店で見かけられたときには是非手にとってご覧下さい。

posted by 桜と錨 at 19:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
三式探信義の系統略図は昇降機構から甲なのかな?等、旧版と突き合わせて興味深く楽しく読ませて頂きました。ありがとうございます。
Posted by Job at 2017年11月17日 20:00
Job さん、こん**は、早速拙稿記事をお読みいただきありがとうござます。

水中探信儀についても詳細なデータや図などがあるのですが、月刊誌の記事ページとしてはとてもご紹介できませんので、簡単なイラストとさせていただきました。

なおご存じかもしれませんが、三式は昭和30年頃に防衛庁技術研究本部で詳細な性能調査が行われ、かつ海上自衛隊の魚雷艇1〜8号にこれの改良型 (55式探信儀、後にOQS−1と改称) が搭載されました。

Posted by 桜と錨 at 2017年11月18日 13:30
返信ありがとうございます。初めて伺うお話でした。ご教示、恐れ入ります。
Posted by Job at 2017年11月18日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181599975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック