2017年09月29日

北朝鮮問題と米国の国益 (1)


本論について入る前に、まずご来訪の皆さんにお尋ねいたします。

我国の憲法では

「第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

と規定されています。

ではこの第9条でいう 「国権の発動たる戦争」 や 「国の交戦権」 の定義は何でしょうか?

ついでにもう一つ。

第2次大戦以降今日まで、米国は国家として一体何回 「戦争」 をしてきたのでしょうか?

マスコミ、政治家、評論家、それに9条信奉者と言われる人達は、本来ならこんな基本的かつ重要なことさえキチンと理解せずに、単なるその場その場の “感情” “感覚” でものを言っているに過ぎないとしか見えないのですが ・・・・

posted by 桜と錨 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181137727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック