2017年09月09日

加藤友三郎元帥研究会セミナー


昨夕は呉のクレイトンベイ・ホテルにて、私も賛同人の一人として加えていただいている 「加藤友三郎元帥研究会」 が主催するセミナーでした。

tomosaburou_h290908_01.jpg

今回はその分野でも活躍されている笹幸恵氏による 『遺骨帰還事業の現状と課題』 と題するお話でした。

tomosaburou_h290908_02.JPG  tomosaburou_h290908_03.JPG

ご存じの通り、海外の戦地で亡くなられた日本兵の遺骨収集については、昨年 『戦没者の遺骨収集の推進に関する法律』 が施行され、やっと国家事業として始まりましたが、笹氏のお話はそれまでの民間ボランティアによる活動と法律施行後の現状についてです。

当事者ご本人のお話だけに、有意義で興味深い1時間半でした。

その後の懇親会でも笹氏と同じテーブルで隣どうしの席でしたので、色々お話ができまして大変楽しいひとときが持てました。

そして講演及び懇親会とも、なかなかの盛会であったと思います。

tomosaburou_h290908_04.JPG

このセミナー、一見すると “加藤友三郎とは関係ないのでは?” と思われる方もおられるかもしれませんが、昨年から始まったこの研究会、ともかくまずは多くの方々に知っていただくことと、横の繋がりを広げていくことは重要なことの一つでしょう。

今回の笹氏のお話のこともそうですが、この研究会も “人々の自発的な尽力” があって初めて成り立っていくものですから。
posted by 桜と錨 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180937480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック