2017年08月21日

拙稿 「アイオワ級の兵装」 の補足 (3)


第3回目は Stable Vertical Mk41 についてです。

主砲の射撃指揮システムについては、今回の9月号増刊が大戦時の 「アイオワ」 級の砲熕兵装について限定した内容のものでしたら、方位盤 Mk38 や射撃盤 Mk8、そして射撃用レーダー Mk13 などについてもう少し詳しいお話ができましたが、兵装全般にわたる概要とその変遷でしたので、紙幅の関係もあってかなりラフなものとせざるを得ませんでした。

その中で、主砲の発砲管制モードについても少し触れましたが、当初3つ予定していた説明図が1つになってしまいましたので、もう少し補足しておきたいと思います。


米海軍の射撃指揮システムでの最大の特徴が Stable Vertical という垂直ジャイロを組み込んでいることはお話しました。

main_battery_sys_illust_01_s.JPG

( 方位盤のイラストが Mk38 でなく Mk34 になっていますが、それ以外ではシステムの構成やデータ系統はこの通りです )

この 「アイオワ」 級の主砲射撃指揮システムに組み込まれているのが Stable Vertical Mk41 です。

SV_Mk41_illust_01_s.JPG

この装置のメインが垂直ジャイロで、次のような構造になっています。

SV_Mk41_illust_02_s.JPG

このジャイロによって照準線を含む垂直面及びそれに直角な水平面に対する動揺を検出し、これを補正することができます。

つまり旧海軍の射撃指揮装置のように動揺手によってこれを手動で計測する必要がないということです。

ただし、この機能は動揺が激しい場合には非常に便利ですが、逆に動揺があまり (ほとんど) ない場合にはジャイロの誤差 (追従遅れなど) により手動の方が正確な場合もあります。

方位盤で測定される甲板面基準の照準線の仰角及び旋回角は、自動的に水平面基準でのものに換算されて射撃計算に使用され、そして計出された発砲諸元は自動的に甲板面基準でのものに換算されて各砲に送られます。

射撃指揮装置におけるジャイロの使い方というのは、もちろんこれが主たる目的であり、基本ですが、米海軍の優れたところはこのジャイロの機能を更に活用したことにあります。

拙稿でも一部触れましたが、このジャイロの機能を応用して次の3種類の発砲管制モードが設定されています。

  継続発射(continuous fire)
  周期指向(intermittent aim)
  選択仰角(selected level)

このうち継続発射モードの概要図については9月号増刊の中に入れておりますが、これをあわせてこの3つの概念図は次のとおりです。

firing_mode_01_s.JPG
( continuous fire mode )

firing_mode_02_s.JPG
( intermittent aim mode )

firing_mode_03_s.JPG
( selected level mode)

それぞれの発砲管制モードの意味と使用法を考えてみて下さい。 お判りになりますでしょうか?

状況に応じて適切に切り替えて使用すれば大変に有効な機能であったと言えます。


ジャイロを使用して甲板面 → 水平面 → 甲板面という座標変換は英・独海軍でも考えたことですが、照準線に対して動揺安定させ、これを発砲管制に利用するというこれらの発想は、米海軍以外には無かったものです。

-------------------------------------------------------------

(前) : 拙稿 「アイオワ級の兵装」 補足 (2)

(次) : 拙稿 「アイオワ級の兵装」 補足 (4)

posted by 桜と錨 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180716920
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック