2017年08月20日

大正2年度艦隊戦闘射撃アルバムより


先日こちらのブログで、そしてそれを纏め直したものを本家サイトの 『砲術の話題あれこれ』 コーナーにて 『発射門数と命中率』 というテーマで艦砲射撃というものを説明したところです。

つきましては、これに関連してご参考までに本家サイトの今週の更新として、同サイトの 『懐かしの艦影』 の 『落穂拾い』 コーナーにて、大正2年度の艦隊戦闘射撃のアルバムから比較的状態の良い12葉を選んで公開 しました。

shageki_T02_01_s.JPG

『落穂拾い』 コーナー :

『大正2年度艦隊戦闘射撃アルバムから』 :

大正2年というと、英海軍から一斉打方の技法が導入されたばかりですが、まだ方位盤も射撃盤なども発明されておりませんので、射撃指揮所から指示された諸元を砲側の照尺に調定し、砲側照準により射撃指揮所からの号令及びブザーに合わせて一斉に発砲するやりかたでした。

もちろん、砲塔砲は動力の問題で 「交互打方」 ( 旧海軍では当時はこれを 「一斉打方」 と呼びました ) であることはご覧いただけるとおりです。

大変に古いものですが、弾着の写真は珍しいものであり、水柱の立ち方や射弾の散布の仕方などがお判りいただけると思います。

posted by 桜と錨 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180716790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック