2017年08月19日

拙稿 「アイオワ級の兵装」 の補足 (2)


補足の第2回目で、16インチ砲弾についてです。

9月号増刊の拙稿では、第2次大戦後に採用又は開発、計画された16インチ砲弾については本来の 「戦艦」 としてはあまり重要ではありませんので、紙幅の関係もあり全て省略させていただきました。

このため、ここで少し補足しておく必要があるかなと思っております。

1.HC Mk14

大戦後に制式化され、かつ唯一 「アイオワ」 型に実戦配備されことが明らかなのが HC 弾の Mk14 です。

拙稿中でも触れましたが、「アイオワ」 級の16インチ砲システムは限定的ながら 方位盤 Mk37 を使用して対空射撃が可能でした。 しかしながら、当初の砲弾は AP Mk8 と HC Mk13 の2種のみで、しかもこの HC Mk13 は 弾頭及び弾底ともに触発及び遅延信管のみで、時限信管は使用できませんでした。

そこで大戦中にこの Mk13 で時限信管が使用できるように改良がなされたものが採用されました。

1945年の米海軍のマニュアルでも、Mk13 は弾頭信管として触発信管(PDF)の Mk29、時限信管(MTF) の Mk42 及び Mk62 の3種が使用可能となっています。

MTF_Mk42_illust_01_s.JPG
( 時限信管 Mk42 の構造図 )

ところが、この時限信管を装着できるように改修した Mk13 と同じものを戦後になって新たに製造し、この時これを HC Mk14 と名付けたのです。 このことは1959年の米海軍のマニュアルでも、16インチ砲弾の一覧から Mk13 が削除され、代わりに Mk14 がリストアップされていることからも確認できます。


2.核砲弾 Mk23

HC Mk13 を改修して弾体内に核弾頭の W23 を装着できるようにしたもので、1956年に実用化され、50発が製造されたとされています。

またこれに併せて 「ミズーリ」 を除く3隻の第2主砲塔及びその隣接区画が改造され、この核砲弾を格納する保全区画が設けられたとされ、一説にはこの保全区画の定数は弾体、核弾頭 W23 各10発と、同演習弾 Mk24 9発であったとしているものもあります。

この核砲弾 Mk23 は早くも1962年には全弾が破棄されたとされていますが、この時までに実際に各艦に実戦配備されていたことがあったかどうかは不明です。

もちろん、この砲弾に限らず米海軍は従来から核兵器の艦船への搭載の有無については一切明らかにしておりませんが、艦船での核兵器の維持管理には大変面倒なものがあり、また当時の情勢・状況からも、おそらく配備されたことは無いまま終わったものと考えられます。

3.制式化された砲弾

1980年代になって、HC Mk13 をベースとした次の HC 系の砲弾が開発されたとされています。

(a) Controlled Valiable Time Fuze を装着した HE-CVT Mk143
(b) 対人用の弾子を内蔵した Anti-Personnel Improved Conventional Munition (ICM) Mk144
(c) Mk143 の信管を Electronic-Time (ET) and Point-Detonating (PD) fuze に換装した HE-ET/PT Mk145

これらは1990年の湾岸戦争の時に実戦配備状態にあったともされていますが、詳細は不明であり、また実際に使用されたかどうかも明らかになっていません。


4.計画・開発された砲弾

上記の3.以外に対人用の Mk146、射程を延伸した HE-ER Mk148 など様々なものが計画又は開発途中まで行ったとされていますが、いずれも実用化に至らずに終わっております。

-------------------------------------------------------------

(前) : 拙稿 「アイオワ級の兵装」 補足 (1)

(次) : 拙稿 「アイオワ級の兵装」 補足 (3)
posted by 桜と錨 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180701128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック