2017年07月30日

五十口径八八式十糎高角砲、ですよね?


ネットで旧海軍の 「五十口径八八式十糎高角砲」 の話題が出ていました。

ご存じの通り、この10センチ高角砲は海大5型3隻と海大6型a6隻の計9隻のみに装備されたもので、水上艦艇にも陸上部隊にも一切装備されなかったという大変にマイナーな砲です。

しかも単装の高角砲とは言いながら、射撃指揮装置もなく、砲も全て人力操作というものですので、装備された昭和初期でさえ対空射撃の性能としては貧弱であり、むしろ駆逐艦以下の小艦艇及び商船などを対象とした両用砲であったと言えます。

これもあって、本砲に関するデータは極めて少なく、特に砲外弾道についてはほとんど残されていません。

某所で出た

「NavWeaps」 というHPを拝見したところ
    最大射程 45度で16200 m
    最大射高 90度で11200 m

というデータ (と John Campbell の 「Naval Weapons of World War Two」 なども) の元々の出所は 「USNTMTJ O-47 N-1 」 と推定されます。

この報告書のデータそのものは旧海軍からのものですので、おそらく間違ってはいないと考えられますが、ただし日本側の根拠文書などは不明です。

( USNTMTJ の報告書の内容も必ずしも細部に渡って全て正確とは限らず、日本側の回答者が間違えているなどの点が含まれているものがあることには要注意です。)


その某所の中で

この砲の砲弾の薬莢長はどれほどなのでしょうか?

というのがありました。

何故質問者がこの様なマイナーな砲の、それも薬莢長などに関心を持っているのかは判りませんが、折角の機会ですから本家サイトに旧海軍の史料を纏めてこの砲のデータ頁を作成し公開することにしました。


まあここまでのデータはよほどの研究者の方々でもない限り必要ないでしょうが、こういうものもキチンと残しておかないと、と思いますので (^_^)


ところで、です。

弾薬包全長と弾長、薬室長が分かれば、弾頭を薬莢口に装着する部分(用語があると思いますが)の長さと薬莢長も求まる

とコメントした人がいましたが、本当ですか?

弾長 : 38.09cm (通常弾、九一式時限信管装着)、弾薬包の長さ : 100.54cm、薬室長 : 62.50cmですが、これで薬莢長はいくらになるのでしょう?

たぶん 「薬室長」 という用語の意味を勘違しているのではないかと思いますが ・・・・?


それよりは、今になってまさか回答者の参照文献に遠藤昭氏の 『高角砲と防空艦』 (原書房、昭和50年) などが出てくるとは思いも寄りませんでしたので、私としてはむしろこちらの方がある意味驚きでした (^_^;
posted by 桜と錨 at 13:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
桜と錨様へ
突然のご連絡失礼いたします。
「warbirds」の[Ans.Q]にて50口径八八式十糎高角砲の薬莢長について質問させていただいた者です。
過日はHP「海軍砲術学校」にて同砲の性能等に関する頁を掲載して頂き、ありがとうございました。
私は個人的に旧陸海軍が使用していた砲弾薬の種類に関心を持っていた為、前述の質問をさせていただきました。桜と錨様のお陰様で疑問を解決する事ができました。
資料を作成・公開していただき、本当にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。
取り急ぎ、お礼の方々ご報告まで
Posted by 豆狸 at 2017年08月28日 16:23
豆狸さん、初めまして。

ご覧いただき、またコメントをありがとうございます。

本家サイトでは各種の記事とデータを随時公開しておりますので、お楽しみいただければと存じます。

Posted by 桜と錨 at 2017年08月29日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180487378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック