2017年07月21日

発射門数と命中率 ・ 続 4 (終)


それでは最後に 「交互打方」 と 「一斉打方」 についてです。

旧海軍では昭和12年の『艦砲射撃教範』で 一斉打方 交互打方  指命打方 及び 独立打方 の4つの打方が規定されました。

これは、明治期から昭和初期まで は砲塔動力の問題で砲塔砲では余程のことがない限り左右砲の斉発は行わないこととされ、交互打方を常用とし、これを 「一斉打方」 と呼んできました。

昭和10年代になってこの砲塔動力の問題が何とか解決して連装砲の斉発が実用に耐えるレベルとなってきたことから、昭和12年の 『艦砲射撃教範』 の全面改訂時に実態に即して次のように名称が改められました。

一斉打方トハ一指揮系統ニ属スル砲 (連装砲) ヲ一斉ニ発射セシムルヲ言フ

交互打方トハ一指揮系統ニ属スル連装砲ヲ二連装砲ニ在リテハ左右交互ニ三連装砲ニ在リテハ右中左交互ニ又ハ左右砲中砲ヲ交互ニ発射セシムルヲ言フ

指命打方トハ一門又ハ数門ノ砲 (砲塔) ヲ指定シ毎回若干門宛発射発令時ニ発射セシムルヲ言フ

独立打方トハ一指揮系統ニ属スル砲 (砲塔) ヲ各砲単独ニ発射セシムルヲ言フ


では 「一斉打方」 と 「交互打方」 の両者はどちらが命中率は高くなる のでしょうか?

某所では結局正解は出てきませんでしたが、前者の 「一斉打方」 です。 何故か?

ここまでの説明を読まれた方にはお判りいただけると思いますが、「一斉打方」 の場合は 「交互打方」 に対して一斉射の射弾数が倍になるからといって、平均散布界も戦闘公誤も倍になるわけではありません。 つまり射心近くに弾着密度が高くなりますので、有効弾獲得の確率も高くなるからです。

そして交互打方は半数門づつ打つからと言って、射撃速度が一斉打方の2倍になる訳ではありません。 弾着観測のために弾着時期と発砲時期が重ならないようにずらさなければならないからです。

一般的には少なくとも5秒以上離すこととされていました。 このため、通常は一斉打方の方が射撃速度は速くなります。 この点も多くの人が誤解をしているところでしょう。

ただし、交互打方では 8〜12 門艦の場合は一斉射 4〜6 門になり、弾着観測が容易で (=誤観測が少なくなる) かつ斉射間隔が短くできますので、目標の変針・変速や、測的誤差などの累積に対する対応が早くできるというメリットがあります。

日本海軍の射法は、射撃指揮官が斉射弾の一発、一発の弾着 (=目標に対して遠か近かを) を正確に観測して射弾指導を行うことが基本だからです。

これにより、旧海軍では 試射はその時の状況・状勢や試射法によって交互打方、一斉打方の適する方を選択 し、本射は基本的に一斉打方、場合 (敵が変針変速を頻繁に行う、射心移動が大きいなど) により交互打方 を用いました。

したがって某所で出た

日本海軍の大型艦の射撃は射撃速度維持の面もあって交互射撃が基本であり、それは八門艦や九門艦でも変わりません。

というのは誤りです。


では、欧米海軍の場合はどうだったのでしょう?

前回、欧米海軍には試射・本射と言うものはなかったと書きましたが、実は旧海軍の 「交互打方」 に相当するものも無かった (=定義されていない) のです。

例えば米海軍の場合では 「打方」 について次のように規定されています。

Salvo fire is that type of firing in which a number of guns that are aimed at the same target and ready to fire are fired simultaneously by mean of a master key at the control station, by an automatic contractor, or on the same salvo signal.

Sprit salvo. When less than the full number of guns in a multiple gun mount or mounts os ordered to fire on one salvo signal.

Partial salvo. When less than the full number of guns (in single gun mount batteries) or less than the full number of mounts or turrets (in multiple gun mount batteries) is ordered to fire on one salvo signal.

つまり、「(full) salvo」 が 「一斉打方」 に相当しますが、「split salvo」 「partial salvo」 というのは旧海軍で言うところの 「指命打方」 に近いもので、これらの特定の応用形式が 「交互打方」 にほぼ相当するものになります。

米海軍においては前回お話ししたように、比較的広い散布界と射弾修正のやり方により 水上射撃においては 「(full) salvo」 が原則 です。

ただし、交互打方の様なことは全くやらなかったかというと、そうではありません。 陸上射撃 (対地支援射撃、NGFS) です。

陸上射撃では、水上砲戦の様に相互に打ち合う訳ではありませんし、目標が動き回る訳でもありませんので、腰を据えてじっくりと行ない、かつ前進観測班の弾着観測を得つつ射弾修正して行けば良いので、弾幕(区域)射撃を要するような 「full salvo」 の場合以外は 「pertial salvo」 又は 「split salvo」 が原則 です。

おそらく、

英米海軍も重巡以上の艦の射撃法の基本は交互射撃であり、全砲による斉発は戦時中に夜戦等で「射撃機会が限られる」場合等での特例で実施しています。

は何か勘違いしたのでしょうね (^_^;


-------------------------------------------------------------

では本スレの総まとめです。

1.条件無しの一般論として、砲の命中率は1門での射弾であろうと100門であろうと変わりません。 変わるのは命中速度です。

2.現実の射撃では命中率はその都度その都度で異なります。 したがって、各砲種について常に一定の命中率が得られるということはありませんし、あり得ません。

3.交互打方が一斉打方に比べて命中率が高くなるわけではありません。 むしろ本射においては後者の方が理論的に高くなる場合が多いです。


(本項終わり)

-------------------------------------------------------------

前 : 「発射門数と命中率 ・ 続 3」



posted by 桜と錨 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180408753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック