2017年07月13日

大和ミュージアムの企画展 ・ 続


大和ミュージアムで現在開催中の 「大和」 の潜水調査結果の企画展について、その展示写真の解説に大きな誤りがあることはご紹介しました。

yamato_exhib_No25_photo_p41_01_s.JPG
( 指摘の当該写真 引用 : 「第25回企画展 ガイドブック」 (同館発行) 41頁 )

「友と待ち合わせ」:


これについて同館の学芸課にその指摘メールを送ったところ、次の返事が返ってきました。

(ここから ↓)
-------------------------------------------------------------

お問い合わせの件について(大和ミュージアム学芸課)

お世話になっております。
このたびは、メールをどうもありがとうございました。
以下、回答させていただきます。

〔第一主砲塔バーベットについて〕
第一主砲塔バーベットという表記については、確かにご指摘のとおり、「円形支基の旋回歯轍」と存じますが、一般の方に見ていただくにあたり、該当表記では一見してわかりづらいことから、「第一主砲塔バーベット」と表記しております。

〔施条について〕
施条(しじょう)ついては、軍事用語ではなく、「物に筋目をつけること」(『広辞苑』)という一般的な意味で用いました。

当館では、一般の方にもわかりやすい説明を心掛けております。
ですが、堤様のような海軍関係の方には誤解を招くようですので、次回の変更の際に、表記を修正させていただきます。

1 第一主砲塔バーベット→第一主砲塔バーベットの内側
2 凹凸(施条)→凹凸  (施条を削除)

では、用件のみにて失礼致します。

-------------------------------------------------------------
(ここまで ↑)

だそうです。

う〜ん、何か苦しい言い訳に過ぎないように感じるのは私だけでしょうか ・・・・ (^_^;

そもそも 「一般の方にもわかりやすい」 ために間違った説明をする というのは全く筋が通らない話かと。 私達よりも、逆に一般の人達の誤解を招くようなことの方がよほど問題でしょう。

バーベットではないのに、バーベットと言う

バーベットについて先の 「ガイドブック」 の6〜7頁の記述とその注釈にある

・・・・ 艦首部から第1主砲塔バーベット部(6)までの詳細な情報が・・・・

6 第1主砲塔の台座部分のこと

という理解なので、当該写真の説明も間違ったのではありませんか?

軍事のことを説明するのに “軍事用語ではなく広辞苑から一般的な意味で” 全く意味が異なる用語を使う

軍事用語として 「施条(せじょう)」 は明確に定義されており、他の意味で使うことはありませんしあり得ません。 それを意味の異なる用語を一般用語だからと言ってわざわざ使う? これでは私達にではなく、逆に一般の人に誤解を与えるでしょう。

何かおかしくありませんか、学芸課さん?

しかも次回変更するという修正表記も感心しません。 「バーベットの内側」 (に付いている) では誤解を生じますし、「凹凸」 や 「筋目」 が単なる抽象的な形状を表しているとは言ってもも、それだけでは肝心なその物が何なのかを全く表してはおりません。

“一般の人に判りやすい” にしても、もう少し 本来の意味を正しく呈した 表現の仕方があるのではないでしょうか。


それに、そもそも私は 誤りを指摘しただけ であって、別に学芸課に 問い合わせたわけではありません が ・・・・

軍事についてあまり知識のない普通の学芸員さん達というのは皆さんこういう感覚なんでしょうかねえ、他人事ながらちょっと心配になりますが (^_^;

posted by 桜と錨 at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
専門用語は正しく扱うべきで、学芸員が勝手に変える物ではありません。
昭和の軍事資料は多くあり、勉強してほしいと思います。そして後輩の学芸員に正しい学芸員のあり方も伝えてほしいものです。
Posted by killy at 2017年07月14日 20:00
killy さん、こん**は。

仰るとおりと思います。

専門用語は専門用語として正しく使い、それを判りやすく解説することができてこそ学芸員というものです。

それを “一般の人に判りやすく” を名目にして間違ったことを教えたり、誤解を招くような表現をするべきではないでしょうね。

館長の戸高さんも熱心にそれを説いて努力をされてはいますが、何しろ超多忙な方ですのでなかなか細かいところまでは目が届かないようで ・・・・

Posted by 桜と錨 at 2017年07月15日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180302027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック