2017年07月03日

発射門数と命中率


ネットにあったことですが、

門数が倍化しても、命中率は倍では無く √(増えた門数+門数)÷√(門数) だと聞いたのですが

という質問です。

確かにこの質問には、回答者のレスにもあったように発射門数と命中率についてその前提のことが全く欠落しているというのはその通りですが ・・・・

しかしながら単にこの問題だけなら射撃理論云々以前の高校の数物でも習ったことで十分です。

また、回答者のレスも全くの的外れというか何というか (^_^;

  交互打方の採用により、修正が早く、正確になるため、命中率は向上 ?
  公算射撃 (散布界の選定等) ?
  6から9 (10?) 門が、命中率が良好 ?
  12門艦は交互打ち方を、8、9門艦は一斉射撃を主用 ?

そもそも

命中率とは、どの様な概念でしょうか。

って、命中率の概念? あるのは “定義” で、それも専門用語ですらないごく普通の用語ですけどねえ。


さてご来訪の皆さんならどの様にお答えになるでしょうか?

-------------------------------------------------------------

次 : 「発射門数と命中率 ・ 続」


posted by 桜と錨 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180228016
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック