2017年06月30日

GFCS Mk56、ですよね ?


米海軍の GFCS Mk56 は大戦後の3インチ及び5インチ砲用の射撃指揮装置の標準装備となったもので、米海軍のみならず英海軍及び海上自衛隊でも使用されました。

もっとも、海上自衛隊にはなかなかリリースしてもらえず、やっと 「つき」 型及び 「くも」 型になってからでしたが。

ところで、米海軍では元々は 「射撃指揮装置」 ( GFCS、Gun Fire Control System ) という一つの装置はありませんで、方位盤や射撃盤などの個々の指揮兵器が発達してそれぞれが緊密に連接するようになりましたので、大戦期にそれらを一つに組み合わせたシステムとしてメインの方位盤の名称をとった、例えば 「 Mk37 Gun Director Sysdtem 」 などと呼んでいました。

これが現在のように一つの射撃指揮装置として呼ばれるようになったのは大戦後のことで、GFCS Mk37 が最初のものです。 以後 GFCS Mk56、Mk57、Mk63 等々全てこれで統一されるようになりました。

さてこの GFCS Mk56 ですが、次のような機器で構成されています。

GFCS_Mk56_components_01_s.JPG

また、これらの機器の配置とその機器間の基本的なデータの流れは次の様になっています。

GFCS_Mk56_illust_01_s.JPG

GFCS_Mk56_data_flow_01_s.JPG

これらはネット上の某巨大掲示板でも紹介があった1955年版の 「 NAVPERS-10798 Naval Ordnance and Gunnery Vol.2 Fire Control 」 にあるものと同じものです。

このように、方位盤 ( 射撃用レーダー Mk35 と一体 ) が上部構造物上などに位置する他は、残りの全ての機器は船体内の 「射撃管制室」 ( Fire Control Room ) に装備されています。

( 因みに、上記の NAVPERS-10798 では 「 operation center 」 となっていますが、これは従来の 「射撃盤」 ( Range-keeper ) の時代に 「 plotting room 」 と呼ばれていたものが GFCS となった時の初期の呼称で、すぐに現代に通用する 「射撃管制室」 となりました。 これをわざわざ 「オペレーション・センター」 と直訳すると言うことは ・・・・ (^_^; )

これだけでは私のブログらしくないので、もう少し手持ちの他の資料から違うものをご紹介すると、

GFCS_Mk56_illust_02_s.JPG

GFCS_Mk56_illust_02a_s.JPG

GFCS_Mk56_illust_02b_s.JPG

ご来訪の中には 「なぜ Computer は Mk42 と Mk30 の2つもあるの?」 と思われる方もおられるかもしれません。

これは、いわゆる従来の射撃盤 (Range-Keeper) の機能を、水平面内での弾道計算とこれを甲板面での発砲諸元の変換の2つに分けたためです。 即ち、

GFCS_Mk56_SG_01_01_s.JPG

GFCS_Mk56_Comp_Mk30_illust_01_s.JPG

GFCS_Mk56_SG_01_02_s.JPG

GFCS_Mk56_Comp_Mk42_illust_01_s.JPG

この2つの射撃盤 (計算機) は、確かに射撃計算については従来どおりのメカニカルな機構を採用しています。 これらの計算はディジタル・コンピューターの出現まではこれが一番便利だったからです。

しかしながら、

コンピューター・マーク42は、ギヤとシャフトとカムなどでできた、人力の機械式アナログ・コンピューターですよ。中に回路なんて、入っていません

すばしっこく動き回る砲射撃指揮装置と、シェイク・ハンズでフィードバックさせるならば、制御するコンソールや機械式コンピューターは、当然、真下に設置しなくてはならないでしょう。

まさか 射撃盤 Mk42 の射撃計算機構がメカニカルだからといって、データの入出力までもがリンケージ機構で方位盤を始めとする他の機器と繋がっているなんて思っておられるわけではないですよね? それに 「人力の機械式」 ?

GFCS Mk56を構成する各機器間の接続は基本的に全て信号ケーブルなんですが ・・・・

したがって方位盤以外の機器を納める 「射撃管制室」 は “方位盤の直下” である必要は全くありません。 艦内スペースと重量などにより船体の中央寄り、下甲板の適当な位置に置かれるのが一般的です。

例えば、海上自衛隊の 「つき」 型と 「くも」 型での方位盤と射撃管制室の関係は次の様になっています。

JDS_Tsuki_Class_draw_01_s.JPG
( 「つき」 型の配置図 )

JDS_Kumo_Class_draw_01_s.JPG
( 「くも」 型の配置図 )

それ以前に、

さすがに、水銀スイッチなどは使っていないでしょうが、当時の配線は、光ケーブルなどではありません。

などは何を言いたいのかさっぱり判りません。 わざわざ言及する必要の全くないことで ・・・・ (^_^;

この GFCS Mk56 は優れた射撃指揮装置ですが、それはこれの射撃用レーダー Mk35 によるところが大です。 回路図を追いかけていくと大変に興味深いものがありますが、これはまた機会を改めてに。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(7月4日追記):

折角ですからもう少し具体的なものをご紹介を。

砲旋回角及び砲仰角の系統図から計算機 Mk42 についての部分です。

GFCS_Mk56_Comp_Mk42_illust_02_s.jpg

この図中の 「リンケージ・ユニット」 とあるところが、先にお話しした通常の射撃計算に用いられる各種のメカニカル機構で、例えば次の様なもので構成されている部分です。

GFCS_Mk56_Comp_Mk42_illust_03_s.JPG

つまり、計算機 Mk42 は射撃計算のために多くのメカニカル機構が使われていますが、それしか入っていないということではなく、ましてや連接する機器とのデータの入出力までもがメカニカル機構であるわけではないということです。

posted by 桜と錨 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180204988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック