2017年05月30日

友あり、遠方より来たる


日曜日から月曜日にかけて親しくお付き合いいただいている友二人が来呉されました。

私がご案内すると言うよりは、私より “通” のお二人ですので昼の部も夜の部も詳細な予定は既に決定済み。

となると、私はご一緒させていただき楽ませていただくだけで (^_^;

初日はまず 「海軍さんの麦酒館」 に始まり、続いて 「ヴォルケイノウ」 でワイワイ。 自衛官でもなく、広島在住でもないのにこのスナックに行きたいというのは ・・・・ その上翌日の昼は昼で呉冷麺が食べたいと (^_^)

tomoraikure_h290528-29_01.jpg

tomoraikure_h290528-29_02.jpg   

   tomoraikure_h290528-29_03.jpg

tomoraikure_h290528-29_04.jpg

昼間のメインであった 「大和ミュージアム」 では特別企画展などはともかくとして、資料閲覧室で調べ物をしたいというお二人。

で、最後のダメ押しが海上保安大学校にある 「海上保安資料館」 でした。

tomoraikure_h290528-29_05.jpg

保安大は私も過去所要で何度も訪れたことがありますが、この資料館は初めてです。 まあ資料館と言うよりは、どちらかと言うと 「広報展示館」 かと。

館内の写真撮影はフリーということでしたので、いくつかご紹介を。

順に、平成13年の九州西方海域不審船事案で銃撃を受けた巡視船 「あまみ」 のブリッジ、保安庁最初の庁旗、多数の歴代巡視船の模型や舵輪・時鐘など、珍しいところで旧海軍水路部発行の昭和20年頃の呉港の軍機海図です。

tomoraikure_h290528-29_06.jpg

tomoraikure_h290528-29_07.jpg

tomoraikure_h290528-29_08.jpg

tomoraikure_h290528-29_09.jpg

そして昭和天皇ご愛用の菊の御紋章入りの4櫂ボート (通称 「フォア」 ) が無造作に置かれていました。

tomoraikure_h290528-29_10.jpg

tomoraikure_h290528-29_11.jpg

( 説明に 「4人乗りの」 と書かれていますが、4人漕ぎで艇長 (コクスン) を入れると5人ですね (^_^; 誰も指摘しないのでしょうか。)

う〜ん、ここも折角ですからもう少し整理して見栄えを良くすると、立派な歴史資料館になると思うのですが ・・・・

ということで、私自身も楽しめた大変に有意義な2日間でした。

posted by 桜と錨 at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
ボートの写真で分からないのですが、子供の頃テレビで維新以降、西洋から「漕艇」をテーマだった事を思い出しました。漕ぎ手4名+コックスは、自分が、北のある高校時代の国体やインターハイでは「ナックルフォア」と言われた艇でした(エイトの様にシートがスライドする)。ちなみに6人漕ぎ手+コックスは「フィックス」艇と言いまして、足の踏み板には皮バンドで起き上がりには良いものの、海自の「カッター」同様に座席が固定(ただしクッションをシートに巻き付け)でした。ある時、「きたかみ特艇」と競いましたが、500m過ぎてから離されて負けました。 当時の特艇員「恐るべし」と思いました。
Posted by MCPOM1 at 2017年05月31日 22:23
MCPOM1 さん、こん**は。

ご紹介ありがとうございます。

>「きたかみ特艇」と競いましたが、500m過ぎてから離されて

え〜っ、カッターが勝ったんですか? それはすごい。

特艇員は一昔前の第10護衛隊 「あめ」 クラスの3隻などはその名が全海自に知れ渡っていましたね。

現在の海自では特艇員という名前を知る人も少なくなってきました。 今は昔です。

Posted by 桜と錨 at 2017年05月31日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179904145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック