2017年05月12日

艦本式ボイラの型式と名称


艦船好きの人でもちょっとあまり知られていない話題を。

( と言うより、艦船の外観には興味があるけどエンジンなんて、と言う人が多いのかも (^_^; )

明治期の旧海軍の艦船のエンジンは、艦船自体が英国を主とする外国での建造でしたのでエンジンも外国製のものを使っていました。

しかし艦船も次第に国内建造になり、そして蒸気タービンが主力になってきますと、やはりこれらも国産化へと進みます。

旧海軍で最初の艦船用ボイラは明治36年に宮原二郎機関総監考案になる 「宮原水管式汽罐」 の採用です。

そして次ぎに誕生するのが艦政本部が計画したボイラで、大正3年に内令293号をもって制定された 『海軍艦政本部ノ計画ニ係ル罐ノ呼称』 による 「イ号艦本式罐」 及び 「ロ号艦本式罐」 です。

Type_kanpon_boiler_T03_s.jpg


このボイラは大変に優秀なものでしたので、基本的には昭和期までこの型式のものが続くことになりますが、少しずつ異なったタイプのものが作られましたので、昭和9年に内令1号をもって 『艦本式罐ノ呼称』 を定めてこれを細分化しました。


しかしながら、昭和期になってくると同じ艦本式でも力量や蒸気圧などにより様々な種類の物が作られるようになりましたので、昭和16年になって名称を統一することになりました。

これが同年の内令1298号をもって定めた 『水管式主罐ノ呼称』 です。


例えば、ネットの某所でも質問のあった 「三号乙三型」 という名称のはこの内令に従ったものです。

ただし、この質問の根拠の出所が例の木俣滋郎氏の記事にあるもので、「大鳳」 のボイラを 「三号乙三型」 としていますがこれは誤りで、正しくは 「三号乙一三十型ロ号罐」 です。

また同じ記事の中で “明治・大正時代は石炭を焚くイ号艦本式で、昭和期に入ると全て重油専焼のロ号艦本式である” としていますが、イ号とロ号の違いは石炭炊きか重油専焼かの違いではありません。 内令のとおりで、これも誤りです。


折角ですからついでに、ボイラと組み合わされるタービンと減速装置の呼称法もご紹介しておきます。


posted by 桜と錨 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179715643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック