2017年05月07日

藤田昌雄氏著 『写真で見る 大正の軍装』


お付き合いいただいている藤田昌雄氏が潮書房光人社から新刊を出されまして、私も早速一冊お送りいただきました。

Fujita_Uniform_taisho_cover_s.jpg

う〜ん、タイトルからすると今流行の普通のムック本のように思われるかもしれませんが、どうしてどうして、全370頁にわたり大正期の陸軍の軍装について、各兵種の制服はもちろんのこと、階級章や旗章類、装備品などが詳細に解説されています。

そしてタイトルどおり、未発表のものも含めた多数の写真によってこれらを着用した陸軍将兵の姿はもちろん、併せて当時の陸軍内の様子もよく判ります。

まさに大正期における 「陸軍軍装史事典」 というに相応しいものでしょう。 これはちょっと凄い内容です。

当時の陸軍についてはもちろん、近現代史に興味のある方々も手元に一冊置いておいて損はないものと思います。

・・・・ でも、あれっ? 最後の方の 「大泊」 「中華丸」 のページでどこかで見たことのある名前が (^_^;

posted by 桜と錨 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179673834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック