2017年04月16日

『世界の艦船』 5月号増刊


早いところはもう書店の店頭に並んでいるかもしれません、『世界の艦船』 の最新号は5月号増刊の 『アメリカ駆逐艦史』 です。

SoW_No859_cover_s.jpg

同名の増刊号はもう20年以上前になります1995年の5月号増刊 (増刊第43集) として出ておりますが、この度写真など内容を大幅に刷新しての出版となります。

この中で、私も 「アメリカ駆逐艦8話」 コーナーで次の4つを担当させていただきました。

     C 「米重雷装駆逐艦の戦術」
     D 「米駆逐艦復原性の問題点」
     F 「米DDナンバーを付けた外国駆逐艦」
     G 「徒花に終わった戦後型米駆逐艦用備砲」


いずれも短編ですので詳しい話しは省略しておりますが、内容的にはこれまであまり書かれたことのないものと思います。

特に最後の備砲については例に挙げた2つを含め、戦後の米海軍の砲熕武器についてもう少しその流れと詳細をお話ししないと、現在に至る状況がお判りいただけないかと思いますが ・・・・ これはまた別の機会に、ということに。

何しろ増刊としての内容が盛り沢山ですので、文字ページが制約されるのは致し方ないことでしょう。

本文記事のメインである 「アメリカ駆逐艦 その歩みと時代背景」 は私の尊敬するエンジニアの一人である多田智彦氏の手になるものですが、限られた紙幅の中で簡潔かつ要領良く纏められているのは流石です。

書店で見かけられた時には是非手にとってご覧ください。 写真ページをパラパラと眺めるだけでも圧巻と思います。

なお、掲載されている各級の写真はほぼ全面的に新しいものになっていますので、この分野に興味をお持ちの方で古い号をお持ちでない方はこちらも入手されることをお薦めいたします。

SoW_No496_cover_s.jpg

posted by 桜と錨 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179457595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック