2016年12月27日

発射弾数の記録


某所でこういう事が話題になっていました。

 実戦で発射弾数を記録するものでしょうか?

平時であろうと戦時であろうと各砲ごとその時に発射した弾数、弾種、装薬 (発射薬) 種は必ず記録します。

その理由は大きく3つあります。

1.砲身命数 (砲齢) の計算のため

特に大口径になればなるほど命数は小さいため、この計算は重要です。

2.故障や事故が生起した時の原因究明ためのデータの一つとして

例え小さな故障であろうとも、これによって人身事故や砲の毀損に繋がり兼ねませんので、その分析には発射の記録も重要なデータになります。

そしてこれらが正確に記録されているからこそ、これが砲の改良や操法 (操作法) の改善などに繋がっているのです。

3.射撃における指定された発射の確認のため

平時の訓練であろうと戦時における実際の砲戦であろうと、指定されたこれらの確認は、有効な射撃を実施するためには重要なことです。


特に1.及び2.については各砲1門ごとにその砲の経歴や構成などを記した 「海軍砲砲歴」 という帳簿が備えられており、その都度各種の記録が書き加えられてその砲の現状が更新されます。

そしてその中でも発射弾数は最も重要な記録であり、だからこそその記注についての注意までが艦政本部から出されているのです。

dansu_kichu_s.jpg


この発砲の記録は明治時代から行われており、ですから例えば日露戦争時に多発した筒発についても、各艦の戦闘詳報などにおいてどの砲が何時、何発目にどのような状況で撃ったときに生起したか、などが明らかにされているわけです。

“後々の戦闘への参考資料にでもした” などと言うようなそんな軽い話しのものではないことはお判りいただけるかと。

posted by 桜と錨 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178187244
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック