2016年12月02日

ヒオウギ貝


牡蠣の網元を継いでいる甥っ子がヒオウギ貝 (桧扇貝) を送ってくれました。 牡蠣筏に吊してある牡蠣を引き揚げた時に一緒に付いてくるのだそうです。

hiougigai_h281202_01.jpg

もちろんこちらは養殖しているわけではありませんので、小さくて不揃いですから売り物にはなりません。 大きければ、色と形の綺麗な貝殻は飾りにでもなりますが、これでは ・・・・ 普段は自分達が食べる分以外は捨ててしまうのだそうです。

hiougigai_h281202_02.jpg

でもこの貝柱、実は知る人ぞ知る大変な美味なんです。 早速家内がこれで炊き込みご飯とチャウダーを作ってくれました。

hiougigai_h281202_03a.jpg  hiougigai_h281202_03b.jpg

炊き込みご飯はたったこれだけのシンプルなものですが、これが実に美味しかったです。

次ぎに貰った時にはバター焼きもやってみようかと。 楽しみが増えました (^_^)
posted by 桜と錨 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177905105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック