2016年09月06日

「武蔵」 生存者は隔離された?


これもまずご来訪の皆さんのご意見をお聞きした方がよろしいかと思います。

戦後通説として言われていることの一つに、「武蔵」 がシブヤン海で沈んだ時の生存者は2隻の駆逐艦によって救助され、当初はマニラに運ばれる予定だったものが急遽コレヒドール島に変更となり、「武蔵」 沈没の事実を秘匿するためにここに隔離されたということがあります。

この “沈没の事実を秘匿するため” というのは本当だったのでしょうか?

先日放映されたNHKのドラマ 「戦艦武蔵」 でも、生き残りの乗員が主人公達にその様に回想する場面がありますが、さて実際は?

-------------------------------------------------------------

次 : 「武蔵」 生存者は隔離された? (続)

posted by 桜と錨 at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

駆逐艦に救助された「武蔵」乗員の半数はマニラ地区の陸上部隊に配備され大多数が後に戦死していますが、半数は本土に帰還しています。
本当に“沈没の事実を秘匿するため”なら一人も残さず比島の陸上部隊に配備するべきでしょう。

それに秘匿するなら「武蔵」沈没を知っている第一遊撃部隊の乗員はどうするのか?という問題があります。

当時の海軍には訓練済の兵員を無駄使いする余裕はなかったし…。

ということで「本当ではなかった」と思います。
Posted by 出沼ひさし at 2016年09月07日 23:38
出沼ひさしさん、お久しぶりです。

>訓練済の兵員を無駄使いする余裕はなかった

そのとおりです。 ですから海軍としてはその為にどうしなければならなかったか、なんですね。 それがスッポリ抜け落ちているからおかしな話しになってしまいます。

Posted by 桜と錨 at 2016年09月08日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176762607
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック