2016年09月04日

本家サイトご来訪50万名達成感謝記念企画第1弾


本家サイトは先週ご来訪50万名を達成しました。 今回はキリ番を踏まれた方からの申告もいただきましたので、キリ番賞の粗品を差し上げたところです。

そして本日は本家サイトの定期更新に合わせ、その達成感謝記念企画としての第1弾をUPしました。

第1弾は、明治40年に時事新報社が邦訳出版した 『露艦隊三戦記』 で、これは同社が先に出した 『露艦隊来航秘録』、『露艦隊幕僚戦記』 及び 『露艦隊最期実記』 の3つを改めて1冊に纏めたものです。

raikou_cover_s.jpg   staff_cover_s.jpg

saigo_cover_s.jpg

    http://navgunschl2.sakura.ne.jp/tenji/tenji_main.html
    http://navgunschl2.sakura.ne.jp/tenji/44_rokantai_sansenki.html
 
バルチック艦隊の大遠征と日本海海戦における様子については、日露戦争直後に出されたプリボイの 『ツシマ』 がよく知られ、日本においてもこれまで幾度か邦訳版が出ています。

しかしながらこれは良く言って “戦記物”、一般的に評価すれば “小説” に過ぎません。

これに対してこの 『三戦記』 はそれぞれが当事者たる将校及び同相当官の手になるものであり、史料的価値についてはこちらがはるかに高いと言えます。

気軽に読めるロシア側の記録としてお楽しみいただければと思います。

なお、現在ではこの内の 『来航秘録』 と 『幕僚戦記』 は 「近代ディジタルライブラリー」 にて公開されていますが、残念ながら例によって画質は良いとは言いがたいものがあります。

( しかも何故か検索ページのタイトルと内容が相互に反対になっています (^_^; )

今回本家サイトで公開しましたのは、それぞれの全頁を1つのPDFファイルにしたもので、例によって印刷と加工は出来ない設定としておりますが、いつものロゴや透かしなどは入れておりません。

どちらをご利用されるかは皆さんのニーズに合わせてでよろしいかと。


なお、引き続き第2弾以降も準備出来次第順次公開する予定です。 お楽しみに。

posted by 桜と錨 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと
この記事へのコメント
おお、これは良いものを。

ロシア側の資料としては「千九百四、五年露日海戦史」が決定版と言って良いですが、価格とか読み難さを考えるとあんまり一般的ではないですからね〜。

早速読んでみます。
Posted by 出沼ひさし at 2016年09月07日 23:52
出沼ひさしさん

>「千九百四、五年露日海戦史」が決定版

はい、でもこれは如何に商業出版と言えども見開き一枚の縮小コピーで文字が小さすぎますね。 装丁を簡素化してなんとかならなかったものかと (^_^;

Posted by 桜と錨 at 2016年09月08日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176746797
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック