2016年08月28日

「四十径安式十五拇砲」 について (前)


2年ほど前に江田島の海上自衛隊第1術科学校に当該砲が2基移設されまして、現在教育参考館脇と陸奥砲塔脇に展示されていることは、先の記事でご紹介したとおりです。

40cal_6in_photo_03_s.jpg

ただ、同砲の横に置かれている案内板の説明は、後半の由来についてはさておくとして、前半の当該砲の説明文がかなり間違っております。

案内板の説明文前半 :


安式四十口径六吋砲

 「安式四十口径六吋砲」 は、日露戦争 (明治37年〜38年) に備えて、日本海軍が英国アームストロング社 (安社) から艦載砲として輸入した砲で、当初は戦艦 「三笠」 を始めとして数多くの戦艦・巡洋艦の副砲として搭載され、明治41年以降は日本製鋼所室蘭工場で国産化された。 (制式名 : 四一式四十口径十五糎砲)
 特徴は、砲弾を砲身の後方から装てんする 「後装式」 を採用したことで、「前装式」 が主流であった当時の砲に比べて、装てん時間は約1/10に短縮された。


そもそも旧海軍には 「安式四十口径六吋砲」 や 「四一式四十口径十五糎砲」 という名称そのものがありません (^_^;

そこで、良い機会ですので、この砲について少しご説明したいと思います。


本砲を最初に搭載したのは、明治22度計画の巡洋艦 「秋津洲」 で、当初は 「安式四十口径十五拇砲」 又は単に 「安式十五拇砲」 と言いました。

40cal_6in_01_s.jpg

その後旧海軍における砲熕の呼称法を統一する必要から、本砲は制式に 「四十口径安式十五拇速射砲」 と呼ばれるようになりました。

もっとも、「秋津洲」 は途中で設計変更が行われたため就役が遅れて明治27年となり、24年度計画により英国で建造した同砲搭載の巡洋艦 「吉野」 の竣工の明治26年より後になってしまいました。

以後、同砲は多くの戦艦の副砲、並びに 巡洋艦の主砲又は副砲 として搭載されることになります。

40cal_6in_photo_01_s.jpg
( 装甲巡洋艦 「常盤」 の安式十五拇砲 )

ただし、戦艦の副砲の多くは砲廓砲 (当時は 「中甲板砲」 と呼びました) で、江田島に展示されているような露天甲板砲とは砲盾や砲架が異なりますので注意が必要です。

また明治19年に竣工した巡洋艦 「浪速」 型も、日清戦争での戦訓により明治33年には主砲を当初の35口径克 (クルップ) 式26糎砲から本砲に換装しています。

つまり “日露戦争に備えて輸入した” わけではありません。 日清戦争前から既に海軍力増強の一つとして採用され導入が始まっているのです。


そして当該説明文の起案者が最も勘違いしているのは、 「四一式」 という名称についてです。

ご存じの方も多いと思いますが、旧海軍における砲熕の名称付与法で言う 「××式」 というのは尾栓の形式のことで、砲身そのもののことではありません。

つまり 「四一式」 というのは、有坂造兵中監が考案して明治41年に兵器採用になった尾栓形式のもののことを言います。 したがって、「四十口径四一式六吋砲」 は砲身や砲架、砲盾は安式と同じですが、尾栓が異なる別の砲のことです。

しかも尾栓の形式名称としてではなく、この形式の尾栓を装備する 「四一式」 という制式な砲熕名称が定められたのは明治43年のことです。

安式四十口径十五拇砲、つまり安社式の尾栓を有する40口径15糎砲は、前述の通り明治22年度計画艦から採用が始まり、そして明治30年には40口径安式12糎砲に続いて、「仮呉兵器製造所」 から名称変更となった 「呉造兵廠」 (後の 「呉海軍工廠造兵部」) において国産化が始まっております。 明治41年の四一式からではありません。

もちろん当初は砲身素材などは英国からの輸入ですが、日露戦争までに既に最初の層成砲たる一号砲から、鋼線砲である二号及び三号砲までを製造しています。


これらの砲は、明治41年に 『砲熕ニ関スル名称中改正ノ件』 (内令兵5号) によって 「四十口径安式一号 (二号、三号) 六吋砲」 となります。

そして更に大正6年には 『砲術長主管兵器中名称改正の件』 (内令兵17号) によって 「四十口径安式十五糎砲」 に変更され、この名称が太平洋戦争終戦まで使われます。 この時には一号〜三号の名称区別はありません。

したがって、江田島の案内板のタイトルは、この砲の採用時の制式名称とするなら 「四十口径安式十五拇速射砲」 であり、太平洋戦争時を採るならば 「四十口径安式十五糎砲」 とするべきでしょう。

「六吋砲」 という呼び方は途中の9年間のみであり、そもそも旧海軍の砲熕呼称付与法からして 「安式四十口径六吋砲」 という呼び方はなく、誤りです。

(続く)

-------------------------------------------------------------

「四十径安式十五拇砲」 について (後) :

posted by 桜と錨 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176649604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック