2016年08月04日

雑感 : 内閣改造と自民都連


都知事選が終わったタイミングを見据えてなのか、幹事長の谷垣氏の件があったからなのかは判りませんが、内閣の改造が行われました。

他の面々はともかく、私として納得いかないのは二人。 稲田朋美氏の防衛大臣と石原伸晃氏の経済再生相です。

前者はこんな重大な時期に何故全く防衛・安保の経験のない議員に交代なのか、全く解せません。 まさにそれを見据えたかのような北朝鮮の弾道弾発射事件です。

後者は、都知事選で全くの小物に過ぎないことを曝露した上に、自民に恥をかかせました。 この程度の人物だったのかとガックリ。 親の七光りなのか判りませんが、留任など論外、ただの平議員で十分なはず。

そして言わせて貰えば、今回の都知事選では安倍晋三総理は大失態を犯してしまいました。

安倍氏は総理である前に自民党総裁です。 その総裁たる人が何故自民都連のこのような愚策ともつかない暴挙を見逃したのか。

最後の最後になって少しは気が付いたのか、増田候補の応援演説に出ることは止めたようですが、ことここに至っては時既に遅しです。

今回の自民都連の言動によって、小池氏の都知事としての今後の腕前によっては、次の都議選で自民は壊滅に近い状態にまで落ち込む可能性も出てきました。 自民都連議員とはこの程度だったのかと。

そして石原伸晃氏以下の都連の言動はマスコミによって全国津々浦々にまで知れ渡った結果、今後の衆議院及び参議院の議員選挙にも悪影響が出ることは必然です。

せっかく自民による安定政権をと思っていたところなのですが ・・・・ これからまた自民の衰退の始まりとならないことを祈るばかりです。

posted by 桜と錨 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176356625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック