2016年07月09日

講演会へ


今日は水交会主催の防衛セミナーとして、前海上保安大学校長の菊井大蔵氏の講演会があり、事前のPRでは尖閣諸島における保安庁の警備状況などが聴けるというふれ込みでしたので出かけてきました。

講師の菊井氏はこの春同校校長を最後に勇退されましたが、海上保安大学校を卒業した後はヘリコプターのパイロットとして現場を歩いて来たということで、その面からも期待するところがあったのですが ・・・・

kouenkai_h280709_01.jpg

演題は 「海上保安官から見た海上自衛隊」 として約1時間半のものでしたが、結局時間が足りなかったのか、その演題の内容に行き着く前に海上保安庁の組織・業務の全般についてのところで終わってしまいました。

kouenkai_h280709_02.jpg

もちろん期待した尖閣のことも保安庁の海上警備業務の紹介の中で少し出てきただけです。

まあ元々の水交会の 「防衛セミナー」 そのものが海自OBを始めとする専門の人達向けのものではなく、一般市民も含めた普通の人々を対象とする啓蒙活動の一貫ですので、これは仕方ないことでしょう。

それでも広いホールは老若男女でほぼ一杯でした。 その代わり顔見知りのOB達はほとんど見かけませんでしたが (^_^;

そしてその点からすれば、流石は保安大の校長まで勤めた方だけあって話しは慣れたもので、なかなか上手いものでした。

kouenkai_h280709_03.jpg

講演会の後は引き続いて場所を替えて水交会の懇親会のようでした。 私は現在のところ会員ではありませんし、今日は知り合いもほとんどおりませんでしたので、懇親会はパスして会場近くまで家内に車で迎えに来てもらって帰宅。

posted by 桜と錨 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176008194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック