2015年09月16日

オールド・セイラーの眼 (35)


何だかんだと言っているうちに、ともかくシリーズ全80巻中の70巻まで来ました。 あと10巻です (^_^) 

◎ 第70巻 「プリンツ・オイゲン」

シリーズ第70巻はドイツ艦としては6隻目、重巡洋艦としては初となる 「プリンツ・オイゲン」 で、ビスマルクと共に大西洋における通称破壊戦を試みた、いわゆる1941年の “ライン演習作戦” 時の設定となっています。

070_Prinz_Eugen_model_01.jpg

070_Prinz_Eugen_cover_s.jpg

いつもどおり、モデラーさんとしてモニターをされているHN 「おまみ」 氏の評価記事は次のURLです。


総合として “今回の製品は造形が良く出来てます” “20cm弱の小さな模型でありながら実に見映えします” という評価です。

う〜ん、私としても前回の 「朝日」、その前の 「球磨」 を見てしまった後では、“何これ、良いじゃ〜ん” と思わずにはおられません (^_^;

070_Prinz_Eugen_model_02.jpg

おまみ氏も指摘しているように、本シリーズ共通仕様として迷彩塗装は上部構造物は省略されているという欠点を我慢するならば、見栄えとしてはまず申し分ないでしょう。

本シリーズとしての基本的な問題点 (部品分割法、塗装・組立など) はそのままですが、ほとんど気にならないほどです。

もっともこの 「プリンツ・オイゲン」 についても公式図や写真、考証資料など豊富に揃っていますので、これに忠実にモデル化するならば、大きなミスなどは生じようが無いと言えます。 モデル・デザイナーはさぞ楽だったかと (^_^)

Prinz_Eugen_Draw_01_s.jpg

Prinz_Eugen_Draw_02_s.jpg

細かなところはおまみ氏も指摘されていますし、その他にも10.5cm連装高角砲の形状など色々ありますが、1/1100というスケールと全体の見栄えを考えれば特に問題とするほどでは無いでしょう。

それにしても、なぜ本シリーズは外国艦は軒並み出来と見栄えが良いのでしょうか、イーグルモス社さん? 単に史料・資料の問題だけとは ・・・・

以前も書きましたが、日本艦もせめてこのレベルであれば、と思うのは私だけではないでしょう。

この記事へのコメント
突然申し訳ございません。

桜と錨様が管理される”桜と錨の海軍砲術学校”の”天草航空基地”へのリンクをさせて戴きたくご連絡した次第です。

桜と錨様のメールアドレスが分かりませんでしたのでこちらで失礼致しております。

私の祖父は天草海軍航空隊のOBです。

本日、慰霊碑の参拝へ行くとともに唯一の痕跡であるエプロン(海へのスロープ跡)の写真を撮ってきました。

地元、天草に住んでおりますがこれを見るのは初めてです。

こちらへ出向いたきっかけは、桜と錨様の”天草航空基地”のページを拝見したからで、それからグーグルマップの航空写真を見てエプロンの痕跡を見つけた時は感動しました。

現在、グーグルマップなら現場の航空写真が鮮明に見れますので桜と錨様もご確認いただけると思います。

尚、”天草航空基地”で上げていらっしゃる当時の写真に丸印を付け、私のブログでも使用させて頂ければと思いますが、いかがでしょうか?

ご返答の程、お待ち申し上げます。

Posted by WaxCoga at 2015年09月23日 15:09
WaxCoga さん、初めまして。

お申し出の件了解いたしました。 写真もどうぞお使い下さい。

なおメルアドは本家サイトのトップ頁最下段にあります。 ただしスパム防止のため画像にしておりますが (^_^;

また、サイト掲示板 『海軍砲術学校談話室』 の一番下からもメールを送ることができます。

Posted by 桜と錨 at 2015年09月24日 18:10
>桜と錨様

ありがとうございます。
心より御礼申し上げます。

桜と錨様の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

Posted by WaxCoga at 2015年09月26日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163751621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック