2015年07月21日

「苗頭」 の単位


本家サイトの掲示板にて、旧海軍の砲術で使用する苗頭の単位である 「千分の一単位」 と 「密位 (ミリイ)」 が話題になりました。

元々の投稿者の方がこの後者の 「ミリイ」 と 「ミリラジアン」 とを勘違いされていたことはともかくとして ・・・・

本家サイトの 『艦砲射撃用語集』 中の 『6.単位』 のページで説明しておりますように、旧海軍では昭和12年の 『艦砲射撃教範』 改訂時に、苗頭の単位として従来使っていた 「千分の一単位」 から 「密位 (ミリイ)」 を使用することに変えました。


それでは、旧海軍においてこの両者の違いをどのように取り扱っていたのか、ということですが、これについてご参考までに海軍砲術学校の教科書にあるものをご紹介します。

密位-1_mod_s.jpg
密位-2_mod_s2.jpg

すなわち、厳密に言えば両者は異なるものですが、現実の射撃においては同等なものとして取り扱って差し支えない、と教えていました。

実際のところ、頭の中で考えるのには 「ミリイ」 よりは 「千分の一単位」 の方が直感的でイメージしやすく、また射撃号令としての苗頭は例えば 「右へ20」 などと言うように単位がついておりませんので、現場においては何ら問題を生じることはなかったのです。

posted by 桜と錨 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/155161468
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック