2021年08月02日

加藤友三郎生誕160周年記念手拭


広島のNPO法人である 「加藤友三郎顕彰会」 さんから、友三郎元帥生誕160周年を記念しての日本手拭をいただきました。

同顕彰会はある意味地道ながらもしっかりとした活動を継続されており、今回のこの日本手拭の作成もその一つですが、友三郎元帥について多少なりとも研究する者としては大変に嬉しい限りで、大切な記念の品となりました。

「加藤友三郎顕彰会」 さん、ありがとうございます。

Tomosaburou_Birth160year_01_mod_s.jpg
(机に広げての撮影には大きいので、同会サイトの画像をお借りして縮小加工)


かと思えば、元帥についての “研究” を謳った 「研究会」 と称して会員を集めた上で、その事業の一つとして制服姿の銅像を建てるからと寄付を募った挙句に “銅像が建ったので会の所期の目的を達成したので解散する” というようなところもあるようです。

おまけに当該研究会はとうに解散してしまったものの、いまだに HP や Facebook などではその事実を告知せずに、放置状態のままのようですが ・・・・

posted by 桜と錨 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2021年08月01日

「ウォッゼ航空基地」のページ更新


もう8月ですねえ ・・・・ 今週の本家サイトの更新は、「旧海軍の基地」 コーナーにて既に公開しております 「ウォッゼ航空基地」 のページを更新し、使用しておりませんでした写真や昭和15年に旧海軍の横須賀海軍施設部が作成した防備図などを追加いたしました。

  http://navgunschl2.sakura.ne.jp/bangai/IJN_Nav_Base/072A_Wotje.html

なお、ご存じの方もおられると思いますが、これまで公開しておりました次の有名な写真ですが、米陸軍の公刊戦史の中で掲載されております。

AB_Wotje_photo_1944_02_s.jpg

そして、今回追加しましたのは、これの元写真からと考えられるものが米海兵隊の公刊戦史の中で掲載されておりますものをご参考までに掲示しました。

AB_Wotje_photo_1944_02a_s.jpg

ただし、いずれも綺麗な元写真そのものは探しきれませんで、それぞれの公刊戦史からのものですが、残念ならあまり画質は良くありません。

しかしながら、これだけの史料が一応揃えば、ご来訪いただく方々にもこの 「ウォッゼ航空基地」 がどの様なところであったのかはご理解いただけるのではないでしょうか。

posted by 桜と錨 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに