2021年07月29日

海上自衛隊の古い史料 −2


海上自衛隊が作成した古い史料から、“かつては、こんなものもあったよ” という2回目です。

昭和30年に海上自衛隊術科学校 (当時) が作成した 『くす型警備艦初任砲術長執務参考書』 です。

JMSDF_PF_Gunnery-Officer_manual_S30_cover_s.jpg

第1回目でご紹介した 『兵棋盤を使用する艦隊砲戦の研究』 がPFを主にしたものですので、その砲戦力の実際を知るためには貴重な史料です。

作成当時の当初は 「秘」 指定の文書だったようですが、とうの昔に廃棄されており、これも今では海上自衛隊に残っているのかどうか ・・・・ ?

ただ、私の手許にあるものは、どうも最後の方 (少なくとも最終の編纂記録があるページは) が抜け落ちているようです。


==========================

前 : 1
    http://navgunschl.sblo.jp/article/188867611.html
次 : 3
    http://navgunschl.sblo.jp/article/188873758.html

posted by 桜と錨 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海上自衛隊の古い史料

2021年07月28日

土用の丑の日


昨日のワクチン2回目の接種は、左上腕の痛みも今日は殆どなくなり、1回目よりは今のところ軽そうです。

そこで、今日は土用の丑の日。 家内と一緒にいつもの小さなお魚屋さんへ頼んでおいた蒲焼2つを貰いに。

Unagi_R030728_01.jpg

今年は注文が昨年より100本以上多くなりましたので、今日は1日本業の鮮魚の方は取り止めて鰻だけにしたそうで、朝の9時過ぎから焼き続け、お昼ご飯も食べられない状態だとか。

顔を出したのは午後の3時頃でしたが、近所の分も一緒にといって一人で20本以上纏めて買い求める人がいて、しばらく待たされることに。

ここの若大将は、別に鰻で修業したわけではありませんで、言わば趣味でやっているのですが、毎年市場で注文した鰻を仕入れてきて、自分で捌いて、店の前に置いたBBQコンロで次から次へと一人で焼いていきます。

なにしろその日に仕入れた生きた鰻ですので新鮮ですし、丁寧な焼き具合で、その辺のスーパーやコンビニで売っている出来合いのものよりは遥かに美味しいです。 今年も愛知三河の一色産のものだとか。

Unagi_R030728_02.jpg

で、家内から “美味しい蒲焼には、やっぱり美味しい日本酒だよね” と催促されて、ちょっと足を延ばして千福さんの本店へ。

家内好みの辛口・濃厚が良いと言うものに加えて、新しく出たばかりの銘柄も欲しいと、合わせて3本も。 鰻が高いものにつきました (^_^)

Unagi_R030728_03.jpg

今日の夕ご飯は、この鰻と日本酒にして、あとはまだ2〜3日間は副作用の様子を見るために静かにしておきます。

posted by 桜と錨 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

「世界の艦船」 9月号


海人社さんから見本紙が届きました。 「世界の艦船」 9月号の特集は 『大和 vs アイオワ 日米最強戦艦を比較する』 です。

SoW_No955_cover_s.jpg

この中で私も1稿を書かせていただきました。

     『 攻防力の優劣を検証する 』

申し上げるまでも無く、「大和」 型と 「アイオワ級」 の比較論、そして “もし戦わば” というテーマは、艦船研究家や艦船ファンの方々にとっては最も興味のある対象の一つであろうかと思います。

したがって、それぞれの方でそれぞれの意見・主張がある、それはそれでよろしいでしょう。

ただ、申し上げたいのは、海戦 ・ 砲戦の実態、実際と言うのは大変に難しいものであり、その時その時の状況、状態などによって変わってくるものです。

そして、艦砲射撃では、命中弾が何時、何処に、どの様に生起するかは、現在の最新のコンピューターをもってしても予測不可能な問題です。

したがって、砲術と言うのは、如何にしたらその命中弾を早く獲得でき、かつそれを連続することができるか、という工夫でもあります。

現実には 「大和」 型と 「アイオワ」 型が対峙するような場面は生起しなかったわけですが、それだけにあれこれ考えてお楽しみいただけたらと思います。

もう書店には並んでいるかと思います。 店頭で見かけられた時には是非手に取ってご覧ください。

posted by 桜と錨 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2021年07月26日

菜園に買い出し


前回、スイカは1週間くらいで収穫は終わりと聞いていましたので、携帯にやっと登録したところへTELを。

“もう終わるけど、要るなら取っておくよ” とのことで2玉をお願いして、その翌日行ってきました。

連休中ですが、菜園の手入れにはお休みはありませんから、直売所も平日通り。

逆に連休中だからなのか、次から次へと車が立ち寄って直売所で買い求めていましたので、表に出ている枝豆など目ぼしいものはほとんど売り切れ状態。

顔を出したら、お母〜さんが頼んでおいたスイカの他に “要るかもしれないと取っておいたけど、要る?” と奥からカゴに入ったものを出してきました。

枝豆やトウモロコシ、ジャガイモなど。 もちろん “全部要る!” の一言 (^_^)

Suika_nado_R030726_01.jpg

今年はトウモロコシの出来があまり良くないとのことでしたが、ここのは獲れたてで美味しいことは間違いなし。 でも栽培数が少ないので直ぐに無くなってしまうんですよね。

そして、スイカも、枝豆も、ジャガイモも、とても美味しかったです。

今回は大変なラッキー !!

posted by 桜と錨 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2021年07月25日

ブイン航空基地


もう過ぐ8月になりますが、相変わらずバタバタ続きで、本家サイトはじっくり新たなコンテンツを作る余裕がありません。

そこで本家サイトの今週の更新は、以前本ブログでご紹介しました 「ブイン航空基地」 について取り纏めて、改めて 「旧海軍の基地」 コーナーで追加公開を。

   http://navgunschl2.sakura.ne.jp/bangai/IJN_Nav_Base/177A_Buin.html
   http://navgunschl2.sakura.ne.jp/bangai/IJN_Nav_Base/Nav_Air_Base_list.html

AB_Buin_photo_1945_02_mod_480.jpg

それにしても、ここ、ブイン航空基地はもちろんですが、その側にあった水上機基地、そして戦後に 「ブイン空港」 となったものの今は廃港となっている元旧海軍の 「トリポイル航空基地」 については、それぞれの基地そのものとしての全く史料が出てこないんですよね。

航空隊の活躍の場としては有名なんですが ・・・・

posted by 桜と錨 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2021年07月24日

海上自衛隊の古い史料 −1


常々、“海上自衛隊は自分で自分の足跡を消しながら前に進む組織” と言われており、私も全くその通りだと痛感しています。

そこで、私が持っている海上自衛隊が作成した古い史料から、“かつては、こんなものもあったよ” というものをご紹介していきます。

もちろん、現在の海上自衛隊にまだ残されているのかどうか、そしてもし残っているとしてもどこにどれだけあるのか、その保管状況は、などは知りません。

もし興味のある方がおられましたら、調べてみてください。


その第1回目が、海上自衛隊幹部学校が参考資料として昭和31年に作成した 『兵棋盤を使用する艦隊砲戦の研究』 というものです。

JMSDF_WG_Scieario_S31_cover_01.jpg

海自側はPFを主とする基本状況想定15本とそれぞれを更に細分化した全43本のシナリオとその回答例を収録したものです。

海上自衛隊初期の情勢と、PFを使うことに特徴があり、これはこれで面白いものであり、かつPFの能力が判りますので、第2次大戦期を考えても参考になるところが多いでしょう。

もちろんこれ、当時でも秘密文書でも何でもないものですが。


==========================

次 : 2
    http://navgunschl.sblo.jp/article/188870990.html

posted by 桜と錨 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海上自衛隊の古い史料

2021年07月20日

先日のスイカ


先日ご紹介しました行きつけの菜園で購入した初収穫のスイカですが、大変に美味しかったです。

Suika_R030720_01.jpg

ただ、大玉2つでしたので、冷蔵庫で冷やして食べるにも家内と二人ですから一度に1個の4分の1ずつで十分です。

こちらのスーパーなどでのものより、はるかに新鮮で美味しいです。

今週末もまだあったら、また買いに行きましょう。

それに枝豆もお酒のおつまみに最高ですので (^_^)

posted by 桜と錨 at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2021年07月16日

初物のスイカ


菜園の道路脇にあるいつもの露店を除いてみましたら、好物の枝豆などいろいろありましたのでどっさりと。

Hatsumono_R030716_01.jpg

これで千円少々です。

で、すっかり顔なじみになったお母さんに 「もうそろそろ今年のスイカが出る?」 と尋ねましたら、「今朝初物を収穫したけど、すぐに売れちゃうので表に出してないから、奥にあるよ」 ということで作業場を覗いてみましたら、色々なサイズのものが並んでいました。

どれが美味しいそう? と言いましたら、「こればかりは切ってみないことには ・・・・、自分で見て気に入ったのを選べばいいよ」 と。

そこで、大玉の2つを。 合わせて2千5百円。

Hatsumono_R030716_02.jpg

明日、明後日の週末に家内と一緒に食べるつもりです。  もちろんスーパーなどで売っているものより美味しい、はず (^_^;

ここのスイカは自家栽培ですぐに収穫が無くなってしまいますので、今日初物と言うことは来週もまだあるかどうか ・・・・ ?

スイカが要るなら来る前に電話で確認してね、と電話番号を教えてもらいました。 (なんと今更ですが (^_^) )

posted by 桜と錨 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2021年07月11日

ツラギ航空基地


本家サイトの今週の更新は、先週に引き続き 「旧海軍の基地」 コーナーにて本ブログで先日話題にしました太平洋戦争の緒戦期に横浜航空隊が進出して米軍の空襲により壊滅した 「ツラギ航空基地」 について纏めたものを追加公開しました。

   http://navgunschl2.sakura.ne.jp/bangai/IJN_Nav_Base/A030_Tulagi.html

このツラギ航空基地は、その 「ツラギ」 という名称から、かつては私もツラギ島にある方だと思っておりましたが、米軍公刊戦史に掲載されている米軍占領時に鹵獲された旧海軍の飛行艇浮標位置図の掲示板の写真を見て、ツラギ島ではなく、その沖のガブツ島、タナンボゴ島及びガオミ島の3つの小島で構成されるところに置かれていたことを認識した次第です。

AB_Tulagi_photo_01_s.jpg


それにしても、このような戦闘機の援護も得られないような突出した最前線によくまあ丸裸の大艇隊を進出させたものと驚嘆せざるを得ません。

開戦時の真珠湾攻撃に始まって、連合艦隊司令長官であった山本五十六が如何に戦争のやり方、戦略・戦術、そして常に米国通を自慢していたことについて、彼自身が最も理解出来ていなかったかが、この一例を見ても良く判ります。

posted by 桜と錨 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2021年07月09日

雷雨は収まりましたが


昨日に続き、本日は未明から雷を伴う豪雨で、午前中には雷は止まったものの、天気予報とは異なり夕方まで雨。

雨が落ち着いたところを見計らって、昨日から電源を落としていたパソコンを起動して再チェックしましたが、最初の停電でパーになった書きかけの原稿以外は、今のところ大丈夫だったようです。

それにしても、2日間もパソコンが使えないというのは痛いです。


そして、3年前の豪雨で寸断された呉周辺の交通網はまたまたボロボロです。

呉線は止まっていますし、海岸沿いのアクアラインの道路も制限がかかっているようです。

それに私の所から呉市街に降りる道も、広島へ出る道も、雨量超過で水が噴き出したり、崖が崩れ始めたりで通行止めとなっています。 広島へ出る道は自己責任で片側通行できるようですが ・・・・?

結局3年前の豪雨被害の後の道路整備は全然進んでいなかったということになります。

posted by 桜と錨 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2021年07月04日

セブ航空基地


相変わらずバタバタしておりますので、本家サイトの今週の更新は引き続き 「旧海軍の基地」 コーナーにて本ブログで連載しました高橋定氏著 『飛翔雲』 の中でも出てきましたフィリピンのセブ島に置かれていた 「セブ航空基地」 の追加公開のみです。

   http://navgunschl2.sakura.ne.jp/bangai/IJN_Nav_Base/A029_Cebu.html

AB_Cebu_photo_1944_05_m_mod.jpg

いつもお話ししておりますように、旧海軍の航空隊や飛行隊などについては出版物やネットなどで色々なことが出てきますが、その航空隊などが駐屯し、あるいは進出・作戦した航空基地そのものについてはなかなかこれといったものがありません。

このセブ航空基地もその一つではないでしょうか。 それでも、ご覧いただいてお判りのように、色々集めてみてもこの程度のものしか出てきません。

とは言っても、この程度のものでもサイトのコンテンツにするには結構手間暇がかかるのですが ・・・・

「旧海軍の基地」 コーナーでは、この後は先日話題にも上がりました横浜航空隊の大艇隊が進出中に空襲により壊滅したことで知られる 「ツラギ航空基地」 を取り上げたいと思っています。

posted by 桜と錨 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2021年07月03日

Gmail


既に何度も申し上げてきておりますが、いまだに Gmail で、もちろん例によって何処の誰とも名乗らずに、あれこれ言ってくる輩がおられます。

当然ながら、この類のものは原則として全て削除させていただいております。

もしご来訪の皆さん方にもご参考になるような事項についてのものでしたら、回答は当該記事に追記する形で、あるいは新たな記事とすることも考えますが ・・・・

posted by 桜と錨 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2021年07月02日

鯛のあら煮


今日の夕食は鯛のあら煮にしてみました。

Arani_R030702_01.jpg

Arani_R030702_02.jpg

大きな鯛一匹分のアラは身もたっぷりで、しかもいつもこれは馴染みになった小さなお魚屋さんのサービス。

あら煮にすると見かけはあまりよくありませんが、大変に美味しいです。

posted by 桜と錨 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2021年07月01日

独り言


「九一式徹甲弾」 と 「一式徹甲弾」 をキチンと区別している人ってどれくらいいるのかなあ 〜

例えば、爆沈した 「陸奥」 から引き揚げたものとするなら、これは一式徹甲弾でしかあり得ないんだけど ・・・・

それに、大口径砲の 「著色弾」 というなら、これも一式徹甲弾のことしかないわけで (^_^;


(追記) : 有名な写真ですが、この砲弾が何かはもうご説明の必要はないですね V(^_^)

Nagato_Type1_AP_01_s.jpg

posted by 桜と錨 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し