2020年05月31日

給油艦 「はまな」 艦内一般配置図


本家サイトの今週の更新として、先週に続き 『自衛艦公式艦内配置図集』 に、給油艦 「はまな」 の公式の艦内一般配置図を公開しました。

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/Shiryo/11_JMSDF_Ships_Offical_Draw.html
http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/Shiryo/11_02_Hamana.html

Haruna_plane_side_s.jpg

ただ、元図はあくまでも乗員などの教育訓練用のもので艦内配置が判ればよいものでしたので、図面としては大変にラフなものです。

しかしながら、「はまな」 は昭和62に除籍となっていますが、現在まで、そして今後ともこういうものが海上自衛隊から公表されることはまずありませんので、その意味では貴重なものと思います。

ただしご存じのネットの事情ですので、残念ながら一人歩き防止のため、先の護衛艦 「くらま」 の場合と同様の措置としております。

研究家あるいは元関係者の方々で本来の元図を必要とされる場合には、ご連絡いただければ事情・理由により考慮させていただきます。


さて、次の公開はどの艦にしましょうか ?

posted by 桜と錨 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと

2020年05月30日

イタチ萩


車でちょっと走ったところに珍しい (私にとって) 花が沢山咲いているのを見かけましたので、携帯でパチリ。

itachihagi_R020530_01.jpg

itachihagi_R020530_02.jpg

ネットで確認したら 「イタチ萩」 という名の外来種だそうで、「侵略的外来種ワースト100」 の中に数えられて、駆除の対象となっているところもあるらしいですね。

でも、これはこれでおもしろい花だと思うのですが ・・・・

posted by 桜と錨 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年05月28日

旧海軍の 「ブイン航空基地」 ・ 続


ついでですので、私の手持ちからブイン航空基地の写真をご紹介します。

すべて1943〜45年撮影の米軍史料からです。

AB_Buin_photo_1945_01_s.jpg

AB_Buin_photo_1945_02_s.jpg

AB_Buin_photo_1945_03_s.jpg

AB_Buin_photo_1945_04_s.jpg

そして、ブイン基地のレイアウト図なんですが、これが日本側のものにはなかなかないんです。 しかも下の米軍作成ものはその出どころも不明ですが、おそらく上の写真の3枚目のものを基にしたのものではないかと思われますが ・・・・ ?

AB_Buin_map_1945_01_s.jpg


なお、Wikipedia でブイン基地として緯度経度が示されるブイン市街の北にある飛行場跡は、戦後民間のローカル飛行場の 「ブイン空港」 (Buin Airport) として使われていたところです。

ここは元々は旧海軍がブイン航空基地の分散用飛行場として建設したもので、昭和18年8〜9月頃には滑走路などは概成し、204空なども使用していますが、その後は米軍などの度重なる空襲もあって、航空基地としての設備は終戦までに未完であったともされています。

旧海軍ではここを 「トリポイル航空基地」 と呼んでいましたが、戦後の米・豪州軍は近傍の地名から 「Kara Airfield」 あるいは 「Toripoil Airfield」 と称しております。

(アジ歴の検索では「トリボイル」で出てきますが、これは誤りで「トリポイル」です。 当該旧海軍文書でもそう書かれているんですが ・・・・ )

また、米海軍の情報部門の資料ではここを 「第二ブイン」 としておりますが、旧海軍ではそのように呼んだことはなく、根拠は不明です。


う〜ん、手が空いたところで、この 「ブイン航空基地」 についても纏めて本家サイトの 「旧海軍の基地」 コーナーに追加することにしましょう。

posted by 桜と錨 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2020年05月26日

旧海軍の 「ブイン航空基地」


HN 「hush」 さん、旧海軍の 「ブイン航空基地」 はそっちではなくて、米軍で 「Kahili Airfield」 と言われるところですね。

こっちです、赤丸のところ ↓

AB_Buin_Map_01_s.jpg
( 1942年の米軍地図より )

Google Earth で見る限りは、現在では全くのジャングルの中ですが、そう思ってみると何となく元の飛行場跡のような気もしますね。

AB_Buin_sat_r020526_01_s.jpg
( 元画像 : Google Earth より加工 )

ご参考までに、ここについては次のURLに詳述されています。


posted by 桜と錨 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

月刊誌 『丸』 7月号


月刊誌 『丸』 の最新刊 7月号の特集は 『 日本海軍の誇り 軍艦 「長門」 』 です。

Maru_R0207_cover_s.jpg

この中で私も次の一稿を書かせてもらいました。

『 栄光の戦艦 「長門」 バトル・リポート 』

ご承知の通り、「長門」 の “艦歴” というのは太平洋戦争におけるものよりも、建造時から 「陸奥」 と並び 「世界の七大戦艦」 として数えられ、また連合艦隊旗艦としても長く努めて、その姿が国民に愛着を持たれてきたごとく、平時におけるその “存在感” にあったといえます。

これに対して、太平洋戦争においては山本五十六を中心とする連合艦隊司令部と軍令部による誤った用兵及び戦争・作戦指導により、他の戦艦群とともに “遊兵化” させてしまい、手の打ちようがなくなった段階に至って無駄に次々と消耗させてしまいました。

これに加えてなんと言っても、「長門」 も 「大和」 などとともにレイテ沖海戦においては第一遊撃部隊司令部の右往左往振りの作戦指揮により折角の機会を無駄にしてしまったといえます。

そしてその最後は横須賀である意味放置されて中破のまま米軍に接収され、ビキニ環礁における 「クロスロード作戦」 で沈んだ訳ですが、これらを振り返ると、「長門」の生涯は戦前の “栄光” と戦時の “悲劇” であったと総括できるかもしれません。

もう書店に並ぶころと思います。 是非店頭で手にとってご覧ください。

posted by 桜と錨 at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2020年05月24日

護衛艦 「くらま」 艦内一般配置図


本家サイトの今週の更新として、『現代戦講堂』 の 『資料展示室』 コーナーに 『自衛艦公式艦内配置図集』 の項を新設し、先日ご紹介した護衛艦 「くらま」 の公式の艦内一般配置図を公開しました。

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/Shiryo/11_JMSDF_Ships_Offical_Draw.html
http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/Shiryo/11_01_Kurama.html

Kurama_017-18_mod.jpg

「くらま」 は既に除籍となっていますが、詳細な1/200 「区画艤装区分図」 のみならず、こういう艦内一般配置図でさえ海上自衛隊から公表されることはまずありませんので、その意味では貴重なものと思います。

ただし、ご存じのネットの事情ですので、残念ながら一人歩き防止のためにPDF版の各図面は印刷・加工ができない設定としており、かつ当サイトのロゴを入れております。

加えて、こういうものの性質上、拡大表示した上でスクリーン・キャプチャーで分割画像保存して合成加工したり、それを再トレースしたりする人がいますので、本サイトの図面を基にした場合にはそのことが判るように各図面にいくつかのトリックを入れております。

ただし、研究家あるいは元関係者の方々で本来の元図を必要とされる場合には、ご連絡いただければ理由により考慮させていただきます。

今後、既に除籍となっている古い艦艇のものについても追加公開していきたいと思っています。


posted by 桜と錨 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと

2020年05月18日

コロナ繋がり (^_^)


ビールではなく ・・・・ 私にとって 「コロナ」 と言えばここのことです。 もう40年以上も前のこと。

FAC_NWS_Colona_1979_01_s.JPG

米海軍は頻繁に改編を進めてより良い組織作りに努力していますが、当時ここでやり、やろうとしていたことでさえ、現在でもお役所たる防衛省・海上自衛隊では足下にも及びません。

組織名は変わりましたが、この建物、今でも現役で使われているようですね。

FAC_NWS_Colona_2020_01_s.JPG
( 米海軍公式サイト写真より加工 )

posted by 桜と錨 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年05月17日

図面救出作戦


昔の資料が入った段ボール箱の一つに、ポケット・サイズのものがゴチャゴチャと入っています。 これらの中に折りたたみ式の護衛艦の区画図などが幾つかあります。

以前、手持ちの資料のディジタル化を始めた時、これらはちょっと面倒くさいのと、スキャナーに掛けるためにはバラさなくてはなりませんので後の始末を考えなくてはなりません。

これらもあって、今までそのままにしておいたのですが ・・・・

例えば護衛艦 「くらま」 の1/200の区画艤装区分図は造船所による就役時の完成図の一つで、これを青焼きにしたものが乗員用に何冊か作られました。

しかしながら、流石に40年も経ちますと、青焼きですので茶色く変色しており、しかも元の図が見えなくなってきています。

Kurama_plan_05_1a_s.jpg

で、今回これらのポケットサイズの幾つかを何とか元の図が見える程度にディジタル化することにしました。

でもちょっと手間暇がかかって面倒くさいです。

この 「くらま」 のものは、1/200サイズですので、各甲板別と側面の横長の1枚を3分割してスキャナーにかけなければなりません。 このため全部で22枚に。 これにあと別図でCICも1枚。

取り敢えず、グレーでディジタル化しておき、加工はまた別の機会にすることに。

「しらね」「くらま」は既に除籍されておりますが、こういう図面が海自から公表されることはまずありませんので、何らかの形で残したいと思ってはいるのですが ・・・・

でもこれは研究者向けですかねえ・・・・?

この正規の図面である区画艤装区分図のような詳細なものではなく、この図をもとに海自が簡略化して作成した一般区画図、あるいは艦内配置図と呼ばれるモノクロのものも色々あるのですが、ただしこちらは全体のサイズは小さく、正確な縮尺などは不明です。

ただ、むしろこちらのものの方が一般の方々向けかもしれません。 それにこのような図でもまだ公表されたことはありませんので。

Kurama_017-18_mod.jpg

Kurama_020-21_mod.jpg

posted by 桜と錨 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと

2020年05月16日

ソラ豆に誘われて


またまたFBFの方でUPされていたのを拝見して、う〜ん、これも美味しそうと。

なんとも主体性のないことですが (^_^)

市街から少し外れたところの道沿いに小さな農園がありまして、ここで採れたばかりの新鮮な野菜を沿道の直売所に置いていますので、時々買いに寄ります。

で、そろそろこのソラ豆も季節かな〜、っと思って行ってみました。

「おばちゃん、ソラ豆ある〜?」 「丁度出始めたところだよ〜」

Soramame_R020516_01.JPG

茹でたのも美味しいですが、やはり焼くのが一番。 ビールのつまみにはピッタリです。

Soramame_R020516_02.JPG

まあ、こんな田舎暮らしですから、このような楽しみもなければ (^_^)

posted by 桜と錨 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年05月15日

『世界の艦船』 6月号増刊


もう書店に並んでいると思います。 『世界の艦船』 6月号増刊 (通巻第926号) は 『ドイツ潜水艦史』 です。

SoW_No926_cover_s.jpg

ご存じの方もおられると思いますが、当該稿の中でも触れましたように、このドイツ潜水艦史については、本誌の平成5年9月号〜11月号 (通巻第470〜472号) の3回連載で 『Uボート』 の特集が組まれています。

写真と各時代毎の記事が掲載されておりましたが、今回の増刊号はこの写真の更新がメインになっています。 艦内写真を始めとして、大変に素晴らしい写真集です。

今回の増刊号の記事頁では、私も一文を書かせていただきました。

『ドイツ潜水艦の技術的特徴』

写真集の充実のため本文の頁が少なくなってしまいましたので、私の記事も内容はかなりの駆け足になってしまい、また各項目の細部は省略せざるを得なくなってしまいました。 本来は各項目で十分に1稿になるものですが、まあこれは致し方ないものと。

特にレーダーやソーナーなど兵装関係はかなり (^_^; これらについては機会があれば、当ブログ又は本家サイトにてご紹介することにします。

またこれも当該記事の中で触れましたが、昭和21年 (1946年) に米海軍の作戦評価班が纏めた 『OEG Report No.51 : Antisubmarine Warfare in WWII』 は、この分野ではいまだに並ぶものがない大変にすばらしいものです。

本増刊号と併せ、上述の本誌3回連載記事及び第2次大戦時についてはこの OEG Report をご参照いただくとよろしいかと思います。

なお OEG Report No.51 については本家サイトにて英文の原本とこれの邦訳版の2つをご紹介しておりますので、参考にして下さい。



OEG_No51_E_cover_s.jpg  OEG_No51_J_cover_s.jpg

posted by 桜と錨 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2020年05月12日

アユに誘われて


FBFの方で鮎の塩焼きをUPされていたのを拝見して、う〜ん、ちょっと旬には早いけどこれも良いかも、っとお馴染みのお魚屋さんを覗いてみましたら、ありました。

今晩はこれの塩焼きで ・・・・ ただ、我が家はオール電化ですので、ガスがないのがちょっと残念。

Ayu_R020512_01.JPG

もちろん天然物などは高価で手に入りませんが、ここの若大将の目利きで選んでくるものですので間違いなし。

それにこのお店は商売のほとんどが料理店などの業務用関係ですので、店頭にもヘンなものは絶対においてありません。 そしてプライドなんですね (^_^)


で、私の悪いクセで、このお店に顔を出すとつい色々なものに目が行ってしまいます。

車エビ、昼前に買って冷蔵庫に入れておきましたが、夕方でもまだピクピク活きていました。 さてこれはどうしましょう。 これも塩焼き? このまま生で?

Ayu_R020512_02.JPG

それとアサリを少々。 お吸い物でも良いですし、酒蒸しでも。

Ayu_R020512_03.JPG

・・・・ と、後で考えたらお酒のつまみばかりの様な (^_^;

posted by 桜と錨 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年05月10日

二十五粍機銃の銃各部の詳細


今週の本家サイトの更新として、昨年末からそのままになっておりました 『砲術の話題あれこれ』 コーナーの 第10話 『九六式二十五粍三連装機銃について』 で、銃を構成する各部の詳細についての解説を追加公開 いたしました。


Type96_25mm_01_s.JPG

一般にはほとんど語られたことのないことも併せて 「(補足)」 として述べてあります。

例えば、「銃身の冷却のために後鈑、後蓋を外した」 などは、この両者がどこに装備され、何をするためのものであるのかをお読みいただけば、その更に内側にある尾栓を含む発火装置全体も外さななければ、その役には立たないことがお判りいただけると思います。

もちろん、この後鈑や後蓋を外すということは、その銃は発砲できないことになりますから、対空戦闘が断続的に生起するような状況にあっては、尾栓や打針折損などの故障措置、あるいは銃身の交換の場合でも無い限りあり得ないことになります。

posted by 桜と錨 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2020年05月08日

鳥取湖山池産のシジミ


時々顔を出す馴染みの小さな魚屋さんの店頭に、最近鳥取の湖山池産のシジミが置いてあります。

この湖山池産のシジミは、宍道湖産と並んで、最近かなり有名になってきましたが、形も大きく、身も詰まっており、市場に出回るものは砂抜きも十分ですし、しかも冷凍保存すれば数日間は大丈夫です。

かなりの量が市場に入荷してくるのですが、最近の武漢コロナの影響で料理店などの需要が減ったこともあってか、値段もかなり安くなっております。

そして、この魚屋さんの若大将が選んでくるものならば、魚介類どれでもその新鮮さと味は間違いなし。

今日も一袋貰ってきました。

Shijimi_R020508_01.jpg

そしてやはり定番の味噌汁に。 味がたっぷり出て、しかも身も大きくて一つ一つ十分に食べられます。

Shijimi_R020508_02.jpg

posted by 桜と錨 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年05月05日

小春 1歳の誕生日


我が家の四女の小春は保護センターに持ち込まれた野良の保護猫を貰って来ましたので、いつ生まれたのかは判りません。

それで、誕生日が無いのも可哀想ということで、昨年9月に保護センターから貰った時に保護士の人から “生後大体4ヶ月くらいでしょう” と聞きましたので、遡って5月5日の子供の日を勝手に誕生日にしてしまいました (^_^)

で、今日はその満1歳の誕生日ということに。

一応、家内手作りのバースデーケーキを作りまして、生クリームや生地くらいは少し食べるかな、と思いましたが ・・・・ 全く関心を示しませんでした (^_^;

Koharu_BD_01.JPG

で、ご飯は大好きなチューブ入りの練り物をたっぷり載せてお祝いを。

Koharu_BD_02.JPG


我が家に来て8ヶ月、毎日良く食べますので、来た時の倍以上の大きさのデブニャンになりました。

外に出さない (出せない) 完全な家猫ですが、三毛猫の気ままさはそのままで相変わらず一人で勝手に家中を走り回り、疲れたら勝手にどこかで昼寝をしています。

それでも本人もすっかり家族の一員になったつもりのようで、撫でたりダッコしても嫌がらなくなりましたし、夜は毎晩私のベットに上がって来て足元で朝までグッスリ。

朝明るくなると起きてウロウロするのですが、最近は諦めたのか顔をナメナメの起きろ攻撃は無くなりました。

その代わり、寝室の窓が障子の引き戸になっているのですが、この障子紙の下側のノリが剥がれてきましたら、ここを更に自分でこじ開けて窓ガラスとの間に入ってしばらく外を眺めています。

そこでこの障子を取り外してレースのカーテンにしましたら気に入ったようで、自分でカーテンの間からスッと中に入って、ガラス窓との10センチ幅くらいの木枠の上に私が起きるまでチョコンと座っています。

Koharu_R020505_01.jpg

Koharu_R020505_02.jpg

そして私が起きて 「朝ご飯に行くよ」 と声をかけますと、窓の奥から出てきて下のリビングまで一緒にトコトコついてきます。

昼間も私達が出かけた時にはここで下の通りを眺めています。 戻ってきた時に下から 「オ〜イ」 と手を振ってやると “アレッ” という顔をして見下ろします。

Koharu_R020505_03.jpg

posted by 桜と錨 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年05月03日

低速標的機 KD2R の概要


本ブログ及び FaceBook でも話題にしました低速標的機に関連し、本家サイトの今週の更新として、『現代戦講堂』の『対空戦・TMD』コーナーに『海自の対空射撃標的』の項を新設し、取り敢えずかつての低速標的機 KD2R の概要を公開しました。

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/AAW_TMD/Target/AAW_Target.html
http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/AAW_TMD/Target/KD2R.html

KD2R-5_photo_Hamagiku_01_s2.jpg
( 「はまぎく」 艦上の KD2R-5 )

海上自衛隊では艦艇の対空射撃訓練及び追尾訓練用として KD2R-3、-5、続いて -5改 を導入して使用しましたが、平成15年には全て退役しております。

内容的には大変にマイナーなものではありますが、こういうもののデータも残しておかないといずれは忘れ去られてしまうでしょうし、それにネット上でもまず見かけません。

“あ〜、こういう物もあったのか〜” ということでお楽しみ下さい。


なお、本家サイトは昨日ご来訪66万名を達成しました。 本家サイトの掲示板の方でも申し上げましたが、本来なら記念企画をというところですが、折角の機会ですので (というよりバタバタして準備ができていませんでした (^_^; )、少し先になりますが 「666666」 のぞろ目で行いたいと思います。

ぞろ目賞及び記念企画コンテンツの2つを考えておりますが、それぞれについて何か“こんなものを”というご要望がございましたらお聞かせ下さい。

posted by 桜と錨 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと

2020年05月01日

米海軍の FFG(X) 基本デザイン選定


米海軍の次期ミサイル・フリゲイト FFG(X) の基本デザインとして、4つの候補の中からイタリアの Fincantieri 社の FREMM (Fregata Europi Multi Mission) が選ばれたことが報じられていました。

https://www.defensenews.com/breaking-news/2020/04/30/the-us-navy-selects-fincantieri-design-for-next-generation-frigate/

ItalianNavy_FREMM_01_s.jpg
( イタリア海軍の公式サイトより )

これについては、昨年8月の 『朝雲新聞』 の私の記事でもその有力候補であることを述べました。

http://navgunschl.sblo.jp/article/186493201.html

今回の選定により、米海軍はやはり手堅く、かつ実績のあるデザインを選んだようです。

もちろん FFG(X) はこの基本デザインを元に、武器システムなどはイージス・システムを中心とする米海軍仕様となります。

1番艦は2026年には就役する予定とされていますので、今から楽しみですね。

これによって、米海軍の LCS 構想は完全に誤った方向であったことが決定付けられたことになります。

さて、一方で我が海自の次期護衛艦 FFM なるものはどのようになるのか、これも興味津々で楽しみにしています(^_^)

posted by 桜と錨 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと