2019年12月11日

晩酌の肴


いつもの小さなお魚屋さんに顔を出しましたら、お魚以外にも色々と。

osakana_R011210_01.JPG

足赤エビ (クマエビ) がまだ活きておりましたのでこれと、久しぶりにハマグリがありましたのでこれも、どちらも三人で二つずつ (^_^)

osakana_R011210_02.JPG

エビはフライに、ハマグリは電子レンジでチン (我が家はオール電化でガスがありませんので)、そしてヒラメ (上の店頭写真の上部にシッポがちょっと写っている) の半身をお刺身に。

osakana_R011210_03.JPG

新鮮なものはどのように食べても美味しいですね。

posted by 桜と錨 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年12月08日

飲み会は続く


酒飲みの季節ですね 〜

一昨日の6日 (金) は、1年ぶりに海自候補生学校24期生の呉周辺在住者のクラス会。

鹿児島からの遠来の客がありましたので歓迎会を兼ねての開催でしたが、この時期の金曜日ですのでいつもと違ったところになりました。

お邪魔したのはクラス会としては初めての居酒屋 『潮屋呉中通り店』 さん。 ここは確か以前は 『和さび』 というお店だったかと ・・・・ ?

Nomikai_R011206_01.JPG

Nomikai_R011206_03.JPG

呉周辺在住者のうち、ちょっと離れたところの2名を除いた9名と、来呉の1名の10名。 彼は航空畑でしたので、任官後は一緒になる機会はなく、クラス揃っての期生会など以外では本当に久しぶりです。

お店は廊下を挟んで左右にお座敷が並び、人数に応じて個室風に完全に仕切れるようになっていますので、クラス会などで周りに気兼ねなくワイワイやるには良いところです。

鍋をメインにした2時間飲み放題のコース・メニューです。 食べ放題ではありませんが、私達の歳になるともう。 というより、遠来の客の話で持ちきりで、あっという間にお開の時間となってしまいました (^_^)

Nomikai_R011206_02.JPG


続いて昨日の7日 (土) は、昨年も堪能した徳山のふぐの名店 『快』 さんへ。

Nomikai_R011207_01.JPG

Nomikai_R011207_02.JPG


今年も定番のふぐ刺しに始まるフルコースを堪能しました。

Nomikai_R011207_03.JPG

最初にビールで乾杯した後はひれ酒ですが、何度も注ぎ足しを頼みまして、少々酩酊。 最後の雑炊は1膳のみ (といっても鍋用の大きなお茶碗なんですが) でもうギブアップ (^_^;

ここは港の岸壁そばで周りは真っ暗な中にポツンとちょっと辺鄙なところにありますが、半年前に予約をしないとこの時期は取れないほどの有名店で、昨日も満席でした。

いや〜、美味しかった、大満足です。


で、今日は12月8日、昨年に続いて今年も愛媛・三机での九軍神慰霊祭に行くつもりにしておりましたが ・・・・ 例年の平日では夕方からですが、今年は日曜日ですので昼から。 呉を朝出たのでは間に合いませんので、残念ながらキャンセルしました。 ちょっと休肝日。

posted by 桜と錨 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年12月02日

バタバタの時は食べ物ネタで


11月後半から12月前半にかけてバタバタするのはこのところ例年になっております。

で、本来のコンテンツを作る余裕のない時は、ブログの食べ物ネタで、と思ったのですが ・・・・ (^_^;


今日は家内のお供で街に出ましたのが、ちょっと遅めの昼食になってしまいましたので、まだ行ったことのないところへ顔を出してみることに。

kaitenzushi_R011202_01.jpg

ランチタイムを過ぎていましたので先客ももう少なく、待ち時間なしで席に案内されました。

kaitenzushi_R011202_02.jpg

初めてですので、家内とメニューを見ながら幾つかを選択。 オーダーは回っているもの以外は紙に書いての注文ですが、この時間ですので板さん達も皆手持ちぶたさにしていますので、近くの板さんに直接渡します。

待ち時間ほとんど無しに順に握ってくれ、直ぐに出してくれます。

kaitenzushi_R011202_03.jpg

kaitenzushi_R011202_04a.jpg  kaitenzushi_R011202_04b.jpg

店員さんも板さんも笑顔でテキパキ対応してくれるのは良いのですが、ただ ・・・・

ネタは確かに新鮮で美味しいものもありますが、それ程でもない極く普通〜の百円寿司レベルのものもあります。 特に旬の時期を外れたものはやはり。

二人で十数皿食べたところで、会計は約5千円。

大変申し訳ないですが、これなら別に “回転寿司” を謳わなくともよいわけで、フツ〜のお寿司屋さんに入っても十分かと。 まあ強いて言えば、気軽に入れる、というところが取り柄でしょうか。

もっとも呉は、その “フツ〜のお寿司屋さん” でさえほとんど無いんですが ・・・・


明朝は、いつもの小さなお魚屋さんに行って、新鮮で美味しいお魚を仕入れることにしましょう (^_^)

posted by 桜と錨 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに