2017年12月31日

良いお年をお迎えください


管理人の桜と錨です。

いよいよあと2時間で新年です。 今年一年、こんな気ままなブログですが多くの方にご覧いただきありがとうございました。

そして本家サイトともども、引き続き細々とやっていきますので、来年も引き続きご愛顧いただけますようお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。 そしてご来訪の皆様方のご健康とご多幸をお祈りしております。

posted by 桜と錨 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年12月30日

お刺身盛り合わせ


今日孫娘が遊びにきましたので、昨日の二女夫婦と合わせて7人になり、我が家も賑やかになりました。

久しぶりに揃いましたので何か美味しい物でもと思い、娘達に “何が食べたい?” と聞いたところ、即座に “お刺身” という返事。

で、いつもの小さなお魚屋さんにお願いして特注のお刺身の盛り合わせを作ってもらいました。

7人前で5〜6種くらい、サザエの他はお任せで、ということで頼んだのですが ・・・・ どうもこのところの不漁で市場に入荷がなかったようで、サザエや鯛など普段は店頭に並んでいるものは残念ながら無し。

しかしながら、それでも若大将が頑張ってくれて、この通りの全7種の盛り合わせに。

Osashimi_h291230_01.jpg

もちろん若大将の目利きに間違いはなく、新鮮で大変に美味しいものばかりです。

当の娘達はもちろんですが、孫娘も沢山食べてくれました。 じ〜じとしては嬉しい限りです。


さて明日は大晦日。 新年を迎える準備をしなければなりません。

今年はいわゆるお節料理のセットは無しで、お雑煮や数の子などお正月らしい物をいくつかの他は、後はお肉やお魚など皆が食べたいと思う普通の食材を揃えました。

それに娘達が小学校の給食などでも食べたことが無いというので、鯨の赤身のブロックをお魚屋さんの若大将に頼んで手に入れてもらいました。 竜田揚げかステーキにしようかと。

そして私としては、何と言っても元旦の家内のお雑煮が今から楽しみです (^_^)


posted by 桜と錨 at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年12月24日

雨のXマス・イブ


午後から雨になりました。 結構降っています。

Xマス・イブですので家内と二人で近所の小さな教会のミサに行ってみることに。

Xmas_eve_h271224_01.JPG

ところが時間を間違えてしまい、覗いた時には既にミサは終わって皆さんがお茶会の最中でした (^_^;

しかし折角来たのだからと、皆さんがもう一度礼拝室に集まって賛美歌を2曲ほどピアノの伴奏付きで一緒に歌ってくれました。 感謝です。

Xmas_eve_h271224_02.JPG


で、我が家の先日出したモミの木は家内の飾り付けのお陰で今年はこういう感じになりました。 次男じゅんぺいのや孫娘が来た時のクリスマス・プレゼントもあちこちにぶら下がっています。

Xmas_eve_h271224_03a.JPG
(う〜ん、デジカメでは電飾のチカチカが上手く出ません (^_^; )

そして玄関の靴箱の上には家内の粘土こね (失礼、陶芸) 教室での小物の作品達が沢山並んでいます。

Xmas_eve_h271224_04.JPG

当初は老夫婦二人だけのイブのはずだったのですが、結局末娘が旅行から帰ってきて三人になりました。

それでも来週末には孫娘達が遊びに来て賑やかな歳の暮れとお正月になりそうですので、今日は三人で静かで質素なイブの夜を送っています。

ご来訪の皆さん方もどうか良きクリスマスを過ごされますことを。 アーメン

posted by 桜と錨 at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年12月23日

嬉しいXマス・プレゼント


金沢在住の海自OBで現役の予備自でもあり、しかも現在切り絵師さんとしても活躍中の河島章悦さんからXマス・プレゼントが届きました。

kirishima_kirie_h271223_01.JPG

花火をバックにした 「きりしま」 ですが、デザインといい、切り絵の細かい細工といい、そして色彩といい、大変にすばらしい大作です。

早速私の仕事部屋に仮置きで飾ってみました。 いかがでしょう? 味気ない部屋が明るく華やかな雰囲気になりました。

kirishima_kirie_h271223_02.JPG


私が艦長をしていた時に、実際にこういう場面に出会ったことがあったかな〜、っと昔の記憶を辿ってみましたら、清水港に港祭りに合わせて横地隊の展示訓練で入った時の夜のことが思い出されました。 その時は岸壁繋留ではありましたが、懐かしいシーンです。

こういう大作のプレゼントは嬉しいですね〜 そして元艦長冥利に尽きます。

河島章悦さん、ありがとうございます。

posted by 桜と錨 at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年12月20日

今日は三水会の忘年会


今日は第3水曜日。 今年最後の軍歌を歌う会 「三水会」 でした。

師走ですから忘年会を兼ねてはおりますが、普段どおり18時に 「三水会の歌」 を参加者全員で歌って始まり、20時には全員で肩を組んでの 「同期の桜」 でお開き。 パッと解散です。 今回も20名を超す参加者で、しかも女性が6名。

sansuikai_h291220_02.JPG

きっかり2時間ですが、この2時間、皆で実に良く飲み、よく食べ、良く歌い、そしてワイワイのお喋りであっという間です。 これがこの会の良いところ。

sansuikai_h291220_01.JPG

そして海自OBだけではなく様々な職業、経歴の方々が参加されていますが、その様なことに全く関係なく、ただ軍歌が大好きということでの集まりです。

お顔とお名前以外の個人的なことはお互いにほとんど知りませんし、話題にもなりません。 これもこの会の良いところです。


帰り道の堺川沿いには蔵本通り側の公園に今年もイルミネーションが出ていますが、定番となった大和や紫電改の他にいくつか増えており、また全体の飾りも少し派手になったような ・・・・ ?

sansuikai_h291220_03.JPG

今日も夜はあまりの寒さで近くまで行ってゆっくり見ることは諦めました。 家内に迎えに来て貰うことにして、川沿いの反対側の道を待ち合わせの広い道路まで歩きながらパチリ。 あまり上手く撮れませんでした (^_^;

sansuikai_h291220_05.JPG
( 定番となった大和 )

sansuikai_h291220_04.JPG
( これも定番となった紫電改 )

posted by 桜と錨 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年12月18日

Xマス・プレゼント


日頃から家内には何もしてやっておりませんので、せめての罪滅ぼしとこの一年の感謝を込めて、ささやかながらプレゼントを。

Xmas_wine_h271218_01.JPG

Xマスまでもう少し。 しばし部屋の飾りに (^_^;

Xmas_wine_h271218_02.JPG

posted by 桜と錨 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年12月17日

名著 消ゆ!


さる一般の方からお知らせをいただきましたが、『攻撃理論概説並に射撃理論』 というテキストについて防衛省に問い合わせたところ “見つからなかった” との回答があったとのこと。

Offense_cover_s.JPG

ご来訪の皆さんの中にはご存じの方もおられるかもしれませんが、当該書は昭和29年に海上自衛隊術科学校 (当時、現在の海上自衛隊第2術科学校の前身) において教科書として使われたもので、教官で旧海軍出身の松下辰吉氏の手になる海上自衛隊における砲術関係の名著の一つとされているものです。

私が海上自衛隊に入った時には既に使われておりませんでしたが、その頃でも射撃を専門とする幹部にとっては必読の書の一つでした。

そして私が定年退官する頃でもあちこちにそれなりの数が残っておりましたが ・・・・ 現在では上記の通り海上自衛隊の中には “見つからない” と。

もしこれが本当ならば、海上自衛隊は何故こんなことをするのか、こんなことになるのか。

このような海上自衛隊の歴史的資料として大変に貴重で価値のあるものでありながら、その保管・管理はもちろん、そもそもその資料の選定の段階から全てを全く中身が判らない事務官などの素人に任せっぱなしにしているのでは?

海上自衛隊は遅きに失したものの、平成6年に 「歴史保存に関する達」 を定めております。 しかしながらこういう状況を聞くにつけ、一体何のための規則であり、一体何をやっているのかと。

これだから “海上自衛隊は自分で自分の足跡を消しながら前に進む組織” と言われるのです。

かつて海上自衛隊50年史の編纂に携わった同期の者が 「桜と錨よ〜、海上自衛隊には何にも残っていないぞ〜」 と嘆いていましたが、その実状・実態は全く変わっていないのではと思わざるを得ません。


ただ、極めて遺憾かつ残念な出来事ではありますが、当該書は500部印刷されており、術科学校における教育使用が終了して当該書の不要決定された時に、当時の心ある射撃幹部達がそれを惜しんでかなり個人的に保管したとされていますので、もしかしたら誰かから、あるいはどこからかヒョッコリ出てくる可能性も無きにしもあらず、と淡い期待を抱いておりますが ・・・・ ?


あ〜、こんなことになるような予感がしたので、全文ディジタル化保管しておいて良かったと心底から実感しています。

posted by 桜と錨 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2017年12月15日

ヒオウギ (緋扇) 貝


今年も甥っ子が沢山届けてくれました。 牡蠣と一緒に揚がってくるのですが、売り物にはなりませんので打ち子さん達と一緒に皆で分けるのだそうです。

hiougigai_h271215_01.JPG

早速炊き込みご飯に。 これがとんでもなく美味しいのです。 ホタテ貝よりは味が濃厚で、海の香りがたまりません。

hiougigai_h271215_02.JPG

あっ、家内の味付けも良いのだと付け加えておかなければ (^_^;

posted by 桜と錨 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年12月10日

旧海軍の爆雷投射機など


本家サイトの今週の更新として、先に公開した旧海軍の爆雷データに関連して、その投射機、投下装置や爆雷信管などのページを追加しました。

DC_proj_type93_illust_01_s._modJPG.JPG


爆雷に関連するとはいえ、いずれもマイナーな内容のものばかりですが、こういうデータは文献やネットなどでも意外とありそうでないものです。

旧海軍史料に基づくキチンとしたものを纏めて残しておくことは、私の本家サイトの目的の一つでもあり、また意義のあることと思っております。


『世界の艦船』 12月号増刊 『日本海軍護衛艦艇史』 の拙稿内容の補足としてではありますが、次は水中探信儀などに進めると良いのですが・・・・


posted by 桜と錨 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2017年12月05日

Xマス・ツリー


クリスマスが近づいて来ましたが、今年は孫娘は間に合いませんし、末娘はどこかへ遊びに行くのだとかで、我が家はどうも今のところ老夫婦二人だけになりそうです。

そこで恒例のクリスマス・ツリーはどうするかということになりまして、一旦は出し入れも面倒くさいので今年は止めようかとなったのですが ・・・・

しかしそれでは何となく家の中が淋しい。

で、結局取り敢えずはツリーだけ屋根裏から出してくることにしました。

tree_h291205_01.jpg

飾りをどうするかはこれから考えることに。

まあ気が向いたらやるかもしれませんし、このまま今年はツリーだけになるかも (^_^;

posted by 桜と錨 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年12月03日

本家サイトの今週の更新


本家サイトの今週の更新として、先ほど 『現代戦講堂』 の 『資料展示室』 コーナー中の 『幹部候補生学校SG集 (昭和48年度)』 にファイルを追加しました。

と言っても、今回追加したのは20〜30ページ程のものばかりですが (^_^;

OCS_SG_Ex_01_s.JPG


何しろ当時の質の悪い藁半紙にガリ版刷りですので、成形とゴミ取りに手間がかかりますので、ページ数の多いものにはなかなか取りかかれません。

OCS_SG_Ex_02_s.JPG

「機関 (蒸気 上)」 と 「同 下」 でも合わせて200ページ以上ありますし、「乗艦実習必携」 などは400ページを超えますので。

今後とも手の空いた時に少しずつ増やしていく予定です。

なお、SGファイルの追加に伴い、この1年間の課程での座学内容を掴んでいただくために、トップページをリニューアルしました。


posted by 桜と錨 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと

2017年12月02日

今年ももう師走


早いもので、今年ももう師走に入ってしまいました。

歳をとるにつれて一年がだんだん早く過ぎていくように感じられます。

そしてそれでも自然は毎年四季折々でキチンとそれぞれの姿を見せてくれます。

我が家の塀沿いに何故か沢山植わっているナンテンの木も、今年もまたちゃんと赤と白の実を沢山つけて目を楽しませてくれています。

nanten_h291202_03.JPG

nanten_h291202_04.JPG

もう少しでまたクリスマス、大晦日、お正月と続く日々がやってきます。

孫娘達がやってきて賑やかになるのが楽しみでもあります。

posted by 桜と錨 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに