2023年02月02日

阪神災害派遣の思い出 (12・前)


これは是非ともお話ししておかなければならないでしょう。 阪神淡路大震災における海上自衛隊災害派遣部隊の現地司令部についてです。

(ちょっと長くなりますので2回に分けます。)

既にお話ししました様に、呉監では17日の発災直後から震災の中心が大阪・阪神方面であると判断しましたが、取り敢えずは神戸魚崎浜にある海自の阪神基地隊への応援を名目とする呉地隊の部隊の派出と航空機による状況偵察から手をつけました。 この段階では、まだ神戸があの様になっているなどは全く分からなかったからです。

17日の昼過ぎ頃から神戸の状況がテレビなどにより断片的に入りだしましたが、正確な全体像はさっぱり。

そして何よりも、阪神基地隊自体が震災で半分崩壊している上、電話回線も1本しか通じず、阪基本部の隊員は警急呼集でも帰隊でない者が多数おり、当直者や集まった者達も阪基やその周辺の被害確認や呉総監部を始めとする各部への連絡・対応などで手一杯でバタバタしており、呉監には現地の纏まった状況が全く入ってきません。

申し上げるまでも無く、阪神基地隊というのは補給をメインとする後方支援のための陸上部隊ですので、15掃海隊や1哨戒隊などを有するとはいうものの、本部そのものには実動部隊などのような幕僚機構が十分ではありませんし、指揮管制機能なども全くの不十分なところです。

呉監では災害派遣で動き出そうと思っても震災の全体像は掴めず、かつ兵庫県や神戸市からは待てど暮らせど災害派遣要請は一向になく、それどころか連絡さえつかない状況でした。

もちろん海幕などからの震災についての纏まった情報などは一切無し。

やっと17日の夜になって陸自の先遣隊の連絡幹部を通じて兵庫県庁から電話が呉監に入ったのですが、相手は “海自に対する災害派遣要請の方法が判らない” と。

そこで業を煮やした防衛部長が “この電話をもって要請があったものとする。 要請事項はこれ、これ、これ、で” と。 これを相手が了解しましたので、呉監はやっと正式に災害派遣として動ける様になりました。 17日の1950のことです。

そしてその僅か50分後の2040には発災直後に阪基支援名目で緊急出港させた38護衛隊 (とかち) が、続いて18日未明の0348には22護衛隊 (みねぐも、なつぐも) が、呉から阪基沖に到着し投錨したのです。

ところが、やっぱり相変わらず阪基との疎通ができず現地の状況がよく判りません。

そこで翌18日朝、呉総監が直接HSで現地へ飛んで状況を確認、そして阪基や神戸市などと調整をした結果、総監自身が防衛部幕僚を率いて現地に進出して海自災害派遣部隊の指揮をとる (とらざるを得ない) ことを決心されました。

そして19日朝になって総監は防衛部長及び2〜5幕僚室長と気象班長など防衛部幕僚10名を引き連れてHS2機で飛び、半壊した阪基の庁舎に現地司令部を置き、庁舎屋上に海将旗を掲げたのです。

(続く)

posted by 桜と錨 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海自のこと

2023年02月01日

阪神災害派遣の思い出 (11)


補給艦などによる岸壁での本格的な給水支援が始まった頃のことです。

その給水支援に当たっている某艦から

「毎日何度も同じナンバーの給水車が頻繁に真水を貰いに来るけどおかしいのでは?」と。

そこで調査隊に車で後をつけさせたところ、当該給水車は避難所や予め許可を得て復興にかかっている企業などへ向かうのではなく、某ホテルに出入りしていることが判りました。

そこで神戸市に対して、

「給水はホテルなど企業の営業用ではないので、神戸市で真水を然るべきところへ運ぶ給水車には市発行の許可証を運転席の窓ガラスにハッキリ掲示するよう指導して貰いたい。 こちらも岸壁の給水場に給水車が来ても、その許可証が確認できない場合には給水しないようにするので」

と申し入れました。 それ以来、こう言ういわば “コソ泥” 的な給水車は桟橋に来なくなった様です。

ただし企業などの営業用はダメとは言っても、もちろん例外は色々ありました。

例えば、生糧品などを専門に扱う様な大きな倉庫などの場合で、震災による湧水が中に入り込んでドロドロになっており、その湧水が引いた後も悪臭を伴う大変に不衛生な状態となっていることから、早期に床などの洗浄が必要ということで、市の了解を得た上で何度か当該給水車への給水を認めたことなど。

(続く)

posted by 桜と錨 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海自のこと

2023年01月31日

阪神災害派遣の思い出 (10)


JR新長田駅南側を始めとして、神戸の長田地区は震災による被害に加えて、それに伴っての火災により甚大な被害と犠牲者が発生しました。

ところが、です。 発災から2週間も経っていない、まだ不明者の捜索なども引き続いていた時に、神戸市から突然として長田地区の復興計画なるイラスト入りのそれは立派なものが早々に出されました。

私達司令部一同はこれを見て 「何だこれは、こんな時期に、それもこんなに早く。 震災によるとはいえ、これ幸いにとこの街の壊滅をまるで今か今かと予め待っていたかのような」 と。

被災した一帯は今では見事に再建されましたが ・・・・

神戸市役所・長田区役所などと当該地区一帯とは以前からこう言う関係だったのかと感じた次第です。
  
  
そしてこの長田地区に関連してもう一つ。

当該地区の火災が一段落した時、管轄する警察署などに身元不明の焼死体が百体以上、110〜120体ほどだったかと、が置かれているとされていました。

当時のマスコミなどで公表される震災による犠牲者や不明者の数は、住所や氏名などがはっきりしてどこの誰と判っている人の数とされており、この身元不明の焼死体の方々の数は含まれていませんでした。

その後現在に至るまで、このご遺体の数は震災の公式記録上一体どうなったのでしょうか ?

(続く)

posted by 桜と錨 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 海自のこと

2023年01月30日

阪神災害派遣の思い出 (9)


海自の災害派遣の主任務が給水支援と陸自派遣隊員の宿泊支援が本格化した第2期に入ってからのことです。

ある日の夕方、ポートアイランドに進駐している陸自の部隊から電話が入りました。 曰く、

「既に陸自が寝泊りしている艦艇以外で、入浴できるところはありますか ?」

で、「魚崎浜の阪神基地隊の直ぐ隣の日本ポート産業の桟橋にいる 「しらね」 なら可能だし、大型護衛艦だからそれなりの大人数でも大丈夫」 と。

ところがその電話口の相手は、

「あ〜、残念ながらそこは担任区の外なので行けません。」

車を連ねてさっと来て入浴が終わったらさっと帰れば、と思いましたし、そのように電話口の相手には言ったのですが ・・・・

陸自さんの部隊が複数で任務に当たる時はキチンと担任区を設定するのは判りますが、災害派遣の直接の業務以外の時の入浴でさえもこれなんですねえ。

私達海自の者にはとても理解できないところです。

(続く)

posted by 桜と錨 at 14:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 海自のこと

2023年01月29日

阪神災害派遣の思い出 (8)


これはいつのことだったのかは確かな記憶がありません。

阪神基地隊には屋内温水プールがあり、以前から宝塚音楽学校のお嬢さん達も冬場の体育の一貫として利用していました。

ところが震災によってこのプールに亀裂が入って水が抜けたために使用できなくなってしまいました。

そこである日、この宝塚のお嬢さん達が慰問を兼ねて阪基を訪れてくれた時に、帰り際にこれまでのせめてものお礼にと阪基の隊員にコーラスを披露してくれました。

ただ私自身はこのお嬢さん方の制服姿にお目にかかれず、かつこのコーラスも聞けなかったので、今思っても返す返すも残念なことであったと。


また、司令部が阪基に進出して2週間くらいした時であったと思います。 大阪の 「とうばく演芸隊」 (だったと記憶) という吉本の若手芸人さん達のグループが慰問に訪れてくれ、そして何と驚くことにビール缶 (カナダのラバットと言う銘柄でした) の100ケースをプレゼントしてくれました。

嬉しかったですねえ、寝る暇などほとんど無いほど忙しく心身共に疲労が溜まっている時にこう言う激励の心遣いは。

1ケースは司令部の各人が夜中に休憩する時に1本づつ頂きましたが、残りは全て派遣部隊に配るようにと指示を。


ところでその一方で、我が海自の海幕などはもちろん、海自OBの元高級幹部達が大きな顔をしている水交会などはどうだったのか ?

期間中に一度 (2月1日) 海上幕僚長による司令部視察がありましたが、文句・お小言ばかりで “ご苦労さん” の一言も無し。 水交会はと言えば、海幕に激励に訪れたとか言うことを伝え聞きいてはおりましたが、誰一人として実際に神戸に顔を出すことは無く、もちろん激励・慰問の差し入れなどが届くことも一切無し。

司令部幕僚の一人として、一般の方々による様々な温かい激励の心遣いをいただく一方で、部内関係者はこれなのか、と派遣部隊総員に対してこれ程恥ずかしい思いをしたことはありません。

(続く)

posted by 桜と錨 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海自のこと

公刊 『海上自衛隊25年史 資料編』 公開追加


今週の本家サイトの更新は、既に公開を始めております公刊『海上自衛隊25年史 資料編』に3つのセクションを追加しました。

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/Modern_Warfare/JMSDF_Nenshi/JMSDF_25years_Nenshi_official.html


JMSDF_25_Shiryo_Sec-07_s.jpg  JMSDF_25_Shiryo_Sec-09_s.jpg

JMSDF_25_Shiryo_Sec-10_s.jpg

文字通り貧乏暇なしを地で行っておりますので、これだけの追加ですが、これでもこれまで当の海上自衛隊はもちろん、ネットや出版物などでは一般公開されたことが無いものと思います。

良く纏められた立派な図表なのですが、海上自衛隊は既に40年以上も前のこんなものでさえ何故公開しないのでしょうか? 国民の血税を使ってきたその説明であるにも関わらず。

posted by 桜と錨 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海自のこと

2023年01月28日

阪神災害派遣の思い出 (7)


海自の災害派遣もその第2期に移って海を経由した給水支援がメインの一つになってきました。 そして災害派遣部隊の撤収時期は神戸市の上水道の復旧完了が一つの大きな目安になりました。

そこで、司令部の情報幕僚 (呉監第2幕僚室長) が主導し、復旧工事の進捗状況を確認するために呉監2室や呉調査隊などからの隊員を使って毎日各地の現場へ出向いて調査を行いました。

この調査により、以後の必要な神戸市の給水支援量、そしてそのための所要の補給艦などの艦艇隻数や給水支援場所の選定などの把握が可能となったのです。

恥ずかしながら、私個人としては、海上自衛隊の調査隊というものが実際の場面で活躍し、役に立つものであることを始めて目にし実感した次第です。


この調査結果は毎日地図に纏められて司令部の朝の定例会報で報告されましたが、判り易くよく纏められたもので、ある日これを神戸市役所に業務調整の説明用に持っていった時に水道局の者が 「これは素晴らしい、是非私達にも定期的にください」 と。

まあ、本来ならばこれは水道局自身が調べるのがその任務であり、それを給水支援する側のこちらに通報してくるべきものだろう、と思いましたが (^_^;


呉監2室及び呉調査隊のメンバーを主力とするチームの活躍により神戸市の上水道の復旧工事の進捗状況が詳しく把握できましたので、これにより補給艦などによる給水支援の必要性は徐々に少なくなって来ていることが具体的に判明しました。

その結果、2月29日以降は水船や掃海艇などの小艦艇による市民に対するものだけでほぼ足りるようになると判断できたことから、徐々に派遣艦艇の数を減らしつつ、3月1日には後の現地指揮は阪神基地隊司令に委任することとして呉総監以下の災害派遣部隊司令部は呉に戻りました。

しかしながら、阪基では幹部の人手が足りず心もとないと言うことで、呉監幕僚の中で私一人が阪基に残されて災害派遣の司令部業務を継続することとなりました。

そして3月6日午後に神戸市役所に出向いて神戸市長から大規模な給水支援終了の確認書を受領し、翌7日にこれを持ってHSで48日ぶりに呉に帰りました。

その後も海自としては桟橋での小艦艇による市民に対する小口の給水支援などの業務は継続しつつ、3月30日になってこれらを含む実質的な海自の災害派遣業務を全て終了。

後は陸自による倒壊家屋の残骸除去支援などが残ったものの、最終的に4月27日に兵庫県知事よりの撤収要請を受けて全自衛隊の災害派遣の終結となりました。

( 私自身はこの終結を待たずに3月23日付で海幕勤務にさせられてしまいましたので、海自派遣部隊の災害派遣詳報の下書きを作って転勤したのですが (^_^; )


ところが、この大活躍してくれた呉監第2幕僚室長、私の候校同期ですが、災害派遣が終結してすぐ後に体調を崩してあっという間も無く早逝してしまいました。 災害派遣での激務が終わり安堵したことからだったのでしょうか。 大変残念で惜しいことでした。

(続く)

posted by 桜と錨 at 10:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2023年01月27日

阪神災害派遣の思い出 (6)


発災から1週間ほどたった経った日 (1月23日?) の夜、かなり大きな余震がありました。

この時、阪神基地隊の魚崎浜の直ぐ沖の六甲アイランドにある工場から、悲鳴のような電話がかかってきました。 「非難のために直ぐに助けに来てください」 と。

電話を代わった私が詳しい状況を聞くうちに揺れも納まってきて、相手も周りに大きな更なる被害が出ていないことから次第に落ち着いてきました。

そこでダメ押し的に 「大丈夫です、安心してください。 万一また大きな地震が発生して皆さんが危なくなった時には、直ぐに駆け付けますから」 と。

これで相手も安心したのか、最後に 「もしその時には絶対お願いしますよ」 と言って電話を切りました。

幸いにしてその後は余震らしい余震もありませんでしたが、17日にあれだけ大きな震災を身をもって味わった後ですから、少しの余震ででも動揺するのは十分理解できるところです。

それ故に、一般の市民の方々にとっては、緊迫した状況の時には自衛隊が近くにいるということだけでも、頼りになり心の支えになるものだと実感したところです。

(続く)

posted by 桜と錨 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海自のこと

2023年01月26日

阪神災害派遣の思い出 (5)


発災から数日ほど経った頃のある日 (1月22日?) の朝、奥さんの体の具合が悪くなったのでどこか診てくれるところはないかと旦那さんが車に乗せて阪基までやってきました。

司令部には呉衛生隊をメインとする医療班がおり、これは主として海自派遣隊員の健康管理などが対象でしたし、震災による直接の怪我人や病人ではありませんが、急患で来られたからにはと早速医官が診察しました。

その医官の言では、心筋梗塞の疑いがありかつ妊婦さんで、至急施設が整った大きな病院に入院させる必要があるとのこと。

そこで、急遽阪基のすぐ沖に錨泊中の護衛艦 「せとぎり」 から予め待機を指示していた搭載HSを呼び、医療班のメンバーと一緒に阪基のヘリポートから病院最寄りのヘリポートまで運び、そこから手配の救急車で病院へ。

その後は病院などからは連絡もありませんでしたが、母子共に元気であったであろうことを今でも祈るばかりです。

(もしこの時のお腹のお子さんが無事に産まれていたとすると、今ではもう27歳に。 結婚して子供がいてもおかしくはないですね。)


ところでこの海自災害派遣部隊司令部の医療班ですが、発災の時に呉衛生隊長 (当時は未だ呉病院は有りませんでした) が、先に緊急出港させた38護衛隊 (とかち) と輸送艇の 「ゆら」 に続いて、22護衛隊2隻もその日からの4年毎 (当時、現在は5年毎) の定期検査・特別修理を取り止め後日に延期して神戸に応援に出す予定であることを聞きつけ、私のところへやって来て 「医療班と取り敢えずの医療品・機材を準備しましたので是非乗せていって下さい」 と。

この時私は神戸の状況の情報収集や派遣する艦艇などのことでバタバタしていましたので、ここまではとても頭が回りませんで、その申し出に 「それは助かる、ありがとう。 もちろん是非とも。 すぐに22護隊に指示するので」 と答えるのが精一杯。

結果的に、阪基で司令部や海自派遣隊員の健康管理、そして必要に応じた被災者の怪我の手当てなどに大活躍してくれました。

( かく言う私も、震災による液状化現象が乾いた後に舞い上がる細かな砂埃が半壊した庁舎のあらゆる隙間から入り込んでこれで喉を痛めて風邪を引いてしまい、2度注射や点滴などでお世話になりました。)


この医療班の編成と派出の気を利かせてくれた呉衛生隊長は、防衛医大1期生の医官として大変優秀な人物で、その後1選抜で1佐に昇任した (させた) ものの、こともあろうか当時の防衛医大の学校長自身により、さる県の大きな病院の部長職に引き抜かれて退職してしまいました。

私もその優秀さと優れた人格に前から目を付けて今後を期待していたのですが、本人にしてみれば自衛隊の医官としてよりは医学博士としての自分の将来を考えてのことでしょうし、残念ながら防衛医大の “普通のお医者さん” である教授陣 (自衛隊医官では無いし、医官ではなれない) にしてみれば、学生の頃から目をかけていた教え子を、高給を貰いながら学費などタダの4年間の研究科を終えて医学博士号取得後に (当然学費返還の対象となる義務年限の9年は既に過ぎております) 自分の顔の効くところへ引き抜くのは当たり前の様に行われていましたので (現在でも?)、これは私達自衛官にしてみれば何ともし難いことでした。

それにしても防衛医大というところは ・・・・ ではありますが。

(続く)

posted by 桜と錨 at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 海自のこと

2023年01月25日

印海軍防空艦 『ヴィクラント』


「朝雲新聞」 で私が担当している 「世界の新兵器」 コーナーの艦艇編の20回目の記事ですが、掲載された昨年末12月22日付の同紙の見本誌がやっと届きました。

この20回目では、約16年もの建造期間を費やしてやっと昨年の9月に就役したインド海軍が正式名称 「防空艦」(ADS、Air Defense Ship) と呼んでいる国産の新型空母の1番艦 『ヴィクラント』 を取り上げました。

No567_Vikrant_India_s.jpg

ただ、同艦は一応就役した形になっているとは言っても、まだまだ未成のところが多々残っており、今後とも各種の試験の成果も合わせつつ改善・改修がなされていく予定ですし、現在のところ当面搭載予定のロシア製の艦上戦闘機 Mig-29K も西側のものも含めた別の機種に置き換わることが予測されますので、最終的にどの様なものになるのかは解らないところがあります。 そして2番艦にいたっては建造はまだ始まってもおらず、その行方は全く不透明な段階です。

とは言っても、本艦では艦首にスキー・ジャンプ、艦尾にアレスティング・ワイヤーの着艦拘束装置を備え、STOBAR方式による通常の固定翼艦載機の運用が可能となっています。

排水量は満載で4万5千トンもありますので、スキー・ジャンプではなく、平甲板でスチーム又は電磁方式のカタパルト装備とする事も可能だったのでしょうが、元々の当初計画を引きずるその延長でもあり、それよりもカタパルト装備には高い技術力とその連続運用のためには動力源としての原子力機関が必要とされますので、それは改めて将来的な艦のことになるのでしょう。

ところで、当該記事では本当は本級に関連して、我が海自が現在改装中のDDH 「いずも」 型について本記事の後半で言及したの (私的にはこれの方が重要なの) ですが、残念ながら他記事との関連もあり紙幅の都合で省かれてしまいました。

端的に言えば、現在知られているところに限れば、このDDHはとてもではありませんが “(軽)空母” などと言えるものではなく、単に全くの別組織たる空自が保有・運用する Fー35B に背中を貸すだけの “航空機運搬艦” “洋上移動飛行場” に過ぎません。 将来的にいつかは、「教訓」 を得て空母らしくなっていくのかもしれませんが ・・・・

ご来訪の皆さん方は当該艦をどの様にお考えになり、そして空母というのもをどの様にご理解されておられるのでしょうか。

posted by 桜と錨 at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと