2017年11月19日

12糎7の平射砲と高角砲は同じ砲弾?


以前某所で次のような話題が出ていました。

日本海軍の5インチ50口径の砲弾と40口径の高角砲の砲弾の弾体は、同じものなのでしょうか? 重量は同じ23Kgですし、生産からすると同じ方が合理的な様にも思えます。 実際は、如何でしょうか?

結局のところ答えはつかなかったようです。

答えは “同じところもあるが、異なるところもある” というのが正解です。

ご存じのように、「五十口径三年式十二糎七砲」 と 「四十口径八九式十二糎七高角砲」では前者は薬嚢砲ですが、後者は弾薬包を使用します。 そして初速が異なります。

このため 導環の形状と弾底からの位置が異なる のです。

したがって、弾体そのものは基本的に同じ なのですが、この導環とその位置が異なるため、両砲で 使用弾薬の共通性はありません。


本家サイトでは既に後者についての詳細データを公開しておりますが、これを機会に前者の方もUPすることにしました。


まあここまでの内容を必要とされる方はそうはおられないとは思いますが、こういうものもキチンと残しておく必要があると思っています。

私が本家サイトをやっている意義でもあります。

posted by 桜と錨 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2017年11月17日

『世界の艦船』 12月号増刊


そろそろ書店に並ぶと思います。 『世界の艦船』 の12月号増刊は 『日本海軍護衛艦艇史』 です。

SoW_No871_cover_s.JPG

平成8年の2月号増刊として出された同名の号のリニューアル版になりますが、元々が時期的にも、また艦種的にも残された良い写真はあまり多くはありませんので、旧版の写真ページを全面的に入れ替えることができないのは致し方ないところでしょう。

それでも印刷の関係もあって写真が綺麗になり、かつ新しい写真になったものが結構あります。

本文記事の中では、私も次の項を新たに担当させていただきました。

   「日本海軍の護衛艦艇戦備を考える
        B 戦時護衛艦艇の対空・対潜兵装」


割り当ての紙幅は4ページで、旧版の6頁からは少なくなっておりますが、旧版には機雷兵装や掃海兵装が含まれておりましたので、これら港湾防備兵器は省略させていただき、護衛任務に関係する砲熕、電測、水測、爆雷兵装に絞らせていただきました。

そして、いつもどおり私らしく、旧版には無かった内容を採り入れております。 もちろん残念ながら概論のみで、それぞれ武器の詳細までとはいきませんので、これらの詳細については機会を捉えて本ブログや本家サイトの方でご紹介したいと思います。

書店で見かけられたときには是非手にとってご覧下さい。

posted by 桜と錨 at 19:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2017年11月06日

コスプレ・マニア 現る!


昨日松山へのフェリーに乗っていました。 乗船の際に並んではいなかったので、たぶん車かバイクで乗ったのでしょう。

kosupure_h291105_01.JPG

海自の迷彩作業服に簡易ジャンバーを着て1等海尉の肩章を付けていました。

帽子もかぶらないし、ジャンパーにパッチ類を付けることはありませんので、コスプレ・マニアであることは明らかです。

(もし彼が本当の自衛官であるならば、服装規定違反ですし、一尉でなければ階級偽称で懲戒処分ものですから)

アニメや旧海軍の制服などのコスプレは一つのファッションとしてまあ趣味の世界ですからそれはそれで別に構いません。

そして現用の制服類を着て個人的に一人で楽しむことまではとやかく言うつもりはありません。 着てみたいという気持ちがある者がいてもおかしくはありませんので。

がしかし、其の姿で堂々と街中を歩くとなるとその人格・精神を疑わざるをえません。

私などからすれば、着る資格のない者がその気になって人前に出ること自体が大変に不愉快でもあります。

ましてや現用の公的な制服を一般人が無許可で人前で着ることだけでも法律違反ですし、もしこれで一言でも 「自衛官」 を名乗ったならば立派な “刑法犯” です。

一言注意をしようかとも思いましたが、昨今のこういうご時世、逆ギレして何をされるかわかりませんので止めておきましたが ・・・・

posted by 桜と錨 at 17:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年11月05日

6年ぶりの松山


今日は朝6時に家を出て松山へ。 実に6年ぶりです。 とは言っても残念ながら観光ではなく、打ち合わせです。

matsuyama_h291105_01.JPG

フェリー往復4時間、松山観光港〜市内間のリムジンバスが往復で2時間、フェリーやバスの待ち合わせなどもかなりの調整時間を取られます。

このため、松山滞在は実質4時間ほど。 食事時間などを除くと観光どころではなく、打ち合わせだけで精一杯。 何とか訪れることができたのは秋山兄弟の生家と坂の上ミュージアム程度でした。

matsuyama_h291105_02.JPG

matsuyama_h291105_03.JPG

おまけに帰りのフェリーの運行も、米大統領来日に合わせた如く西日本で多発した爆発予告事件騒ぎの影響で、1時間近くの遅延。 家に帰り着いたのは20時でした。

でもまあこの後2、3回は行くことになりそうなので、そのうちゆっくりと市内観光をして道後温泉まで足を伸ばす機会もあるのでは ・・・・ あるはず ・・・・ あるかなぁ ・・・・ ? (^_^;


それにしても松山観光港のターミナルはすっかり立派になっていました。

matsuyama_h291105_04.JPG

そしてターミナルビルからフェリー乗り場のゲートまでの通路にはこういうユーモアのある垂れ幕がずらりと (^_^)

matsuyama_h291105_05.JPG

posted by 桜と錨 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年11月04日

江田島再訪


先日江田島の能美にある 「軍艦利根資料館」 の事をお話ししたところです。


その時に当該資料館の維持管理のためのボランティアに若い人達が名乗りを上げてくれているということが出ましたが、この活動が本格的に始まったと言うことで様子を見に行ってきました。

今日は5名くらいの人が参加してくれて、展示されている衣服などの虫干しや展示品の整理などを実施していました。

tone_memorial_h291104_01.JPG

当該資料館には 「利根」 とは直接関係のない寄贈品なども数多くありますので、できるだけ 「利根」 に絞った本来あるべき姿の展示にしたいと張り切っています。

そして隣接する 「軍艦利根戦没者慰霊碑」 も一緒にしてやっていくと言う話しになったようで、先日周りの草刈りや木々の枝の剪定などを行ったということでした。

tone_memorial_h291104_02.JPG

私も今日始めて知ったことですが、この慰霊碑は現在では 「利根」 とは全く縁もゆかりもない近くにお住まいの藤本さん (お名前は出しても差し支えないと思います) という方が毎日お花を供えるなど面倒をみていただいているそうです。

tone_memorial_h291104_03.JPG

ただ、今ではお歳もお歳ですので、今後は若い人に草刈りなどのボランティアで協力してもらえればということで、今回の話しになったとのこと。

保存会の方々も皆さんご高齢でありかつ各地に散らばっておられますので、ここの資料館と慰霊碑は両者とも現在では元々 「利根」 とはこの様な無縁の方々のボランティアに依存しているのが現状です。

その一方で、今日も私がいた僅かの時間でも、結構グループや家族で訪れる人がおられました。

資料館と慰霊碑の維持管理のために今回のようにこの様な若い人達が集まっていただけるのは大変嬉しく、またありがたいことだと思う次第です。


で、その江田島に向かう途中で、秋月にある知る人ぞ知る 「古沢鋼材」 に退役した 「しらね」 が係留されているのが見えましたので、帰りがげにちょっと寄り道してみました。

tone_memorial_h291104_04.JPG

先日舞鶴沖で空自の標的艦となったようですが、ここに係留されていると言うことはこの後もう一度使うための一時保管なのか、それとも順番待ちでこのままスクラップなのか ・・・・ ?

tone_memorial_h291104_05.JPG

いずれにしても、退役して人が乗らなくなった船の姿というのは何となく淋しいものがありますね。


posted by 桜と錨 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年10月30日

久々の上京


先週末久々に上京しました。 ただ行きは良い良い帰りは ・・・・ になりかけましたが (^_^;

メインは28日(土)午後からの高校のクラス会で、折角ですからこれを機会に色々詰め込みまして、往復とも航空機、新宿のホテルで2泊の格安パックで。

27日(金)の行きは晴れた良い天気で、快適なフライトでした。 大阪上空では大阪湾が眼下に望め、淡路島、神戸、大阪、関空、友ガ島水道がクッキリと。

joukyou_h291027-29_01.jpg

そして夕方には急遽集まっていただいた同好の志の皆さん方と新宿で一杯。 これも大変に楽しい一時でした。

翌土曜日は予報どおりではありますが、朝から小雨。

joukyou_h291027-29_03.JPG

昼は新宿で買い物などをしてからクラス会の会場である吉祥寺に向かいますが ・・・・ 週末で人が多い上に雨で ・・・・

クラス会はこれまでいつも夕方からだったのですが、もっとゆっくりしたいとの希望が多く、今年は午後から始めてエンドレスの設定。

1次会だけで約5時間、引き続いて全員揃って近くの喫茶店に移動して更に約2時間。

一体毎年何を話すことがあるのかと言われるくらいですが、いつもお開き時には “来年もやろうね、楽しみにしているから” と (^_^;

ただ、今年も当初は20名近くが参加予定だったのですが、間近になって怪我とか色々ありまして来れなくなった人達も。 皆そういう歳になって来たと実感した次第です。


・・・・ で昨日の29日(日)は台風接近で東京は大雨。 品川で知人達とミーティングをしてから羽田へ。

台風が心配でしたが、幸いにして南に逸れましたので、多少出発が遅れたものの何とか飛ぶことができました。

joukyou_h291027-29_04.JPG

ただし、フライト中は揺れのため乗務員も着席の時が多く、飲み物などの機内サービスも中止でした。

joukyou_h291027-29_02.JPG

広島空港に着いてから家内にメールで “無事に着きました、生きております” と (^_^;

posted by 桜と錨 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年10月22日

内令兵制定以前の兵器関係規定


本家サイトで公開している内令兵一覧を先週少し修正したところですが、やはりこれもなければ、ということで、明治41年の内令兵制定以前の兵器に関する規定一覧をリスト・アップして追加しました。


とは言え、旧海軍の明治期の法規はとてもフォローしきれていませんので、取り敢えずは現在できたところまでの暫定版で、今後判明次第追加修正していく予定です。

しかしながらつくづく思うのは、旧海軍における兵器採用一つとっても、それが何時だったのかはっきりしないものが色々とあるんですよね〜 (^_^;

posted by 桜と錨 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

台風接近中


超大型の台風21号が接近中ですが、こちらは幸いにして進路から外れて南側を通過するようです。

このため、雨は昨夜からずっと降り続いており次第に雨足が強くなってきておりますが、風は北寄りのためまだそれほど感じません。

taifuu_h291022_01.JPG

これから夜にかけて更に雨風が強くなりそうですので、出かけられなくなる前にと昼に近くの小学校に投票に行ってきました。

こちらの選挙区では立候補者は3人で、自民党以外はいまだに存在するのが不思議なコミュニストと失望しか無くなった有象無象の集まりですから、まあ始めから決まっている様なもので (^_^)


それにしても、今の予報では関東地方は明日の朝、通勤通学の時間帯に直撃のようですね。 関東にお住まいの皆さんは十分にお気を付け下さい。 大きな災害にならないことを願っております。

そして台風が過ぎた後は、日本の政治も民進くずれなどが一掃されて晴れ晴れとしたした結果が出ていることを期待しています。

posted by 桜と錨 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年10月18日

三水会 200回記念大会


今日は月例の軍歌を歌う会 「三水会」 でしたが、今回が200回目。 そこで呉の老舗 「森沢ホテル」 にて記念大会となりました。

sansuikai_200_h291018_01.JPG

平成13年にメンバー7人で始まったそうですが、毎月第3水曜日に集まるということで 「三水会」

sansuikai_200_h291018_03.JPG

職業、肩書き、経歴などを問わず、軍歌の好きな人が集まるということで、今回まで200回続きました。 ただし聞くところによると、平成16年に1度だけ台風来襲のために中止になったそうで、それ以外は今日まで毎月ずっと続いているそうです。

また会のメンバーも皆さんお互いに顔と名前はよく知ってますが、それ以外は何をしているかなど全く話題に出ないそうです。 だから良いんでしょうね。 私もそういう雰囲気が気に入っています。

今回はその節目の記念と言うことで、最初の頃の常連だった方々も集まっていただき、いつもの倍以上の50数名でしたが、よく飲み、よく食べ、よく歌い、よく語らいで、大変に楽しい2時間でした。

sansuikai_200_h291018_02.JPG

立ち上げメンバーの一人、梶本さんとのツーショット。 御年92歳だそうですが大変にお元気で、いつも会を盛り立ててくれています。 嬉しいですね。

sansuikai_200_h291018_04.JPG

そして私も含めかなりの人がお開き後にいつもの会場の 「ヴォルケイノウ」 に自然と集まって再びワイワイと。 ホテルよりはこちらの方が何となく落ち着きます (^_^;

posted by 桜と錨 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年10月15日

旧海軍の内令兵一覧を修正中


ちょっと所要があって旧海軍の内令を調べていますが、残された史料を色々漁ってみるものの、明治期から昭和20年までのリストはまだまだ多くのところが歯抜け状態です。

取り敢えず現在までに判明しているところを追加修正して、本家サイトの 『海軍法規類集』 コーナー中の
『内令兵一覧』 にUPし直しました。

昭和16年〜昭和20年 :
     http://navgunschl2.sakura.ne.jp/IJN_houki/naireihei_list.html
明治41年〜昭和15年 :
     http://navgunschl2.sakura.ne.jp/IJN_houki/naireihei_list_2.html

こういうリストもあるようで意外とないもので、一度キチンと調べておく必要があると思っているのですが、なかなか思うように進みません。

残っているところは一つ一つ丹念に探して埋めていくしかないようです (^_^;

posted by 桜と錨 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと