2022年10月06日

お酒のコレクション (3)


私のお酒のコレクション (残り物) で、3種類のビールのうちの3つ目です。

今回のは 「2005 日本海海戦百周年 歴史顕彰委員会結成記念ビール」 というものです。

Beer_Tsushima_R041004_01.jpg

銀河高原ビール(株)さんというところで製造されたものとなっておりますが、残念ながら何故か何時、何処で、何の時に手に入れたものかなどは全く記憶にありません (^_^;

Beer_Tsushima_R041004_02.jpg

ただ、2004年4月が賞味期限となっておりますので、それ以前である事は確かなのですが ・・・・

Beer_Tsushima_R041004_03.jpg

もちろん18年以上も前のものですから、今ではとても飲めるものではありませんので、未開封のビール缶として飾って置くだけの一つの記念品です。

こんなものも居間のキャビネットの中に残っている、というご紹介で。

posted by 桜と錨 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2022年10月05日

戦闘編成と常務編成


私の新談話室をまたまた “匿名お手軽何でも質問箱” と勘違いした人がおられましたが、

軍艦には分隊っていう配置があると思いますが ・・・・ (云々)

要するに、最も基本中の基本である 「艦船令」 「艦船職員服務規程」 「艦内編成令」 といった法令さえ読んでいないどころか知りもしない、調べてもいないということですね。

もちろん、これらについては本家サイトで既に公開済みでもありますが。

それにしても、旧海軍の艦船における “分隊” というものが判らないなら判らないなりに、それなりの質問の仕方があると思うのですけどねえ ・・・・

posted by 桜と錨 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2022年10月04日

今年の初栗


行きつけになった昔ながらの小さな八百屋さんに栗が並んでいました。 いつの間にかもうこういう季節になったんですねえ。

ちょっと大きめでふっくらとした感じのものを一袋。

Kuri_R041004_01.jpg

家内が幾つかを焼き栗にしてくれました。 これはこれでなかなか美味しかったです。

Kuri_R041004_02.jpg

で、残りは例によって栗ご飯に。

Kuri_R041004_03.jpg

これもふっくらとしてなかなかでした。 栗が良いのか、家内の焚き方が良いのか (^_^)

う〜ん、でも私の小さい頃は、栗と言うのは八百屋さんでわざわざ買ってくるようなものでは無く、近くの林の中に行って誰にも拾われずにイガが付いたまま地面に転がっているものを集めてくるものでしたよねえ ・・・・

posted by 桜と錨 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2022年10月02日

十二糎三十連装噴進砲参考書


今週の本家サイトの更新として、遅くなりましたがご来訪75万名達成記念企画の第3弾として、「史料展示室」コーナーにおいて 旧海軍の横須賀海軍砲術学校防空部が昭和20年2月に教育用として作成した 『十二糎三十連装噴進砲参考書』 の全文をPDF版にして追加公開 しました。

  http://navgunschl2.sakura.ne.jp/tenji/tenji_main.html
  http://navgunschl2.sakura.ne.jp/tenji/66_12cm_30-tube_Rocket_Launcher_S20.html

12cm_30-tube_cover_s.jpg

本史料は 「海鷹」 型空母に搭載されるものを基準として作られていますが、ご覧いただいてお判りのように、その元となった二十八連装噴進砲と構造、機能、作動などの詳細な比較が記載されており、二十八連装及び三十連装の両方について今に残る貴重な史料となっています。

とはいっても、本史料は現在2ヶ所にそれぞれ保管されていることが確認できていますが、元が手書きのガリ版を質の悪い藁半紙に印刷したもので大変に見難いものであり、かつ経年劣化もあって、どちらもそのままではとでもではありませんが公開できるようなものではありません。

そこで、2つの良い方を選んで1つに纏めたものをディジタル化し、コントラストを高めた上で何とか文字を判読できるように整形・ゴミ取りの加工をしました。 ゴミ取りは手間暇がかかりますので少々手抜きをしておりますが (^_^;

12cm_30-tube_p06_orig_s.jpg

12cm_30-tube_p06_s.jpg

あとは後日にこれを基に文字起こしが可能かなと思っておりますが、それでも判読不可能な文字列があり、これらは前後の文により推定して補完するしかなく、また図についてはもうどうしようも無いものが含まれています。

公開しますのは、サイズを小さくしたPDF版で印刷・加工は不可能な設定としており、かつ各ページには当サイトのロゴを入れておりますが、お読みいただく分には十分なレベルになっていると考えております。

本史料の全文が公開されるのは出版物やネット上においても初めてのことと思います。 どうかこの今に残る大変に貴重なものをお楽しみください。

なおもし研究者の方々で印刷可能、あるいは元の大きなサイズでのものをご要望の方がおられましたらお知らせください。 事情を拝見して考慮させていただきます。

それにしても、原本を保有する2ヶ所ですが、いまだに経年劣化防止やディジタル化などの措置を講ずる様子は無く、ただ単に “保管・管理している” というだけの状況のようです。 このままですともう暫くしたら全く読めない状態になるのではと思うのですが ・・・・

posted by 桜と錨 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2022年10月01日

お酒のコレクション (2)

もう10月、1年の3/4が過ぎました。 早いですねえ 〜

私のお酒のコレクションで、ビールの2種類目です。

日本では “東郷ビール” として知られる、元々は24種類のラベルのものがあった 「アミラーリ」(Amiraali) シリーズのビールの一つで、東郷平八郎の似顔絵 (あまり似ていませんが) が描かれたものです。

Beer_Togo_R040930_01.jpg

元々は1970〜80年代頃にフィンランドで作られて販売されていましたが、その後オランダで醸造・瓶詰めされて日本ビール(株)さんが輸入、販売していました。

現在ではその日本ビール(株)さんが醸造、販売しており、瓶が緑色から茶色のものに替わっていますが、いまだに瓶のラベルは昔のままとなっています。

私の手元にあるのは、オランダで醸造された時の緑色の瓶のものです。 残念ながらいつどこで購入したのか記憶に無いのですが、賞味期限が2004年となっていますから、今ではとても飲めるものではありませんが、瓶は良い記念のコレクションの一つになっています。

Beer_Togo_R040930_02.jpg

このビール、「東郷ビールなどと言うものは無いよ」 などとネットで書いておられる方がおりますが ・・・・

確かに 「東郷ビール」 と銘打ったものはありませんでしたが、この 「アミラーリ」 ビールのうち東郷提督の似顔絵のラベルを貼ったものは 「東郷ビール」 と言います。 当然ながらマカロフ提督の似顔絵のラベルのものなら 「マカロフ・ビール」 と呼ぶんです。 言わずもがな、のことですが。

そして現在の日本ビール(株)さんで醸造、販売しているものは 「東郷ビール」 と言う商品名ですね。



posted by 桜と錨 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2022年09月29日

お酒のコレクション (1)


う〜ん、これは以前連載した 「お宝? ガラクタ?」 の続きでもよいかもしれませんが ・・・・

居間に置いてあるキャビネットの一つに私の昔からのお酒類のコレクション (というより残り物) が入れてあります。 中にはもう50年も昔のブランデーなども。

私自身はそれほどアルコールには強くないのですが、綺麗な容器などを見るとつい買って帰ってきてしまいました。 それが今も残っているのです。

そこで、それらの中から今残っている目ぼしいものを選んでご紹介することに。

まず手始めに、ビール3種類がキャビネットの一番奥に置いてありますのでこれから。

その最初は今は無き呉ビール(株)さんの 「海軍さんの麦酒」。 「ピルスナー」 「アルト」 「ヴァイツェン」 の3つの小瓶です。

Beer_Navy_R040929_01.jpg

このビール、今は閉店してしまった 「海軍さんの麦酒館」 で、すき焼き又はシャブシャブの食べ放題を頼むと、この海軍さんのビールも飲み放題でした。

そしてこのビール、最後の頃は5種類あったのですが、どれを飲んでも大変に美味しかったです。

残念ながら呉ビール(株)さんは昨年初めに閉業・解散してしまいましたので、このビールも、そしてこれが飲める麦酒館も無くなってしまい、寂しい限りです。

したがって、私の手許にある小瓶の3種、この容器は今では良い記念のコレクションです。 とは言っても、製造が19年も前の2003年ですから、中身はとてもではありませんがもう飲めるようなものではありませんが (^_^)

Beer_Navy_R040929_02.jpg

posted by 桜と錨 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2022年09月23日

台風14号に続いて15号も


日本を縦断して過ぎ去った台風14号ですが、近年にはない大型で強いという予察でしたので、こちらでは19日には暴風雨警報が出たり、市から避難指示が出て夜中に広報車がスピーカーをがなり立てながら団地内を回っていました。

貧乏人ですので、PCには無停電電源装置などはありませんから、もしかして急に停電になったりしては、と電源を落としておきましたので、二日ほど仕事には全くなりませんでした (^_^;

しかしながら、幸いにして結局 「えっ、これだけ?」 と少々気抜けする程度で終わってしまいましたが。

そして台風一過といいますか一昨日には晴れ間が拡がりましたが、気温がグッと下がり、屋内では夜は10度台前半になりましたので、夏用の薄がけから毛布にしました。

このところ毎晩私の足元で寝ている我が家のニャンコも、流石に寒かったらしく毛布の中に潜り込んできましたが、大人しくじっとして寝ている訳ではなく、ゴソゴソ、ゴソゴソと。 そして朝の4時半過ぎにはいつもどおり私の顔をペロペロ舐めながら耳元で 「ニャ〜(チュール)!」 と。

Nyanko_R040918_01.jpg
( 写真は18日の夜のものです )


ご来訪の方々で台風14号で被害に遭われた方がおられましたら、心よりお見舞い申し上げます。 そして、今日から三連休ですが、次の台風15号の接近で東日本の太平洋側ではまたまた大雨の予報とか。 皆さん十分なご用心をお願いいたします。


当方、先月からどうも体調がすぐれない日が続いているのですが ・・・・ まあ、外にはほとんど出ない生活ですのでそちらはまず問題ないものの、仕事は捗らずあちこちにご迷惑をお掛けし通しで m(_ _)m
posted by 桜と錨 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2022年09月09日

回想録 『砲術の想い』 への追加


本家サイトの今週の更新として、久々に私の回想録 『砲術への想い』 の記事に、遠洋航海が終わっての 『初の艦艇勤務』 とブログに掲載したものを纏め直した 『幹部中級欠食放浪課程』 の2つを追加公開しました。

    http://navgunschl.sakura.ne.jp/omoi/omoi_cont.html

Minegumo_cutter_01_S50_s.jpg
( 昭和50年江田内での1護群短艇競技の優勝記念)

歳をとってだんだん昔の記憶が薄れてきましたので、少しずつでも書いて残しておこうと。

posted by 桜と錨 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2022年09月08日

艦艇勤務の必需品


FBの方で話題になっていましたが、航海中に作業服の腰に下げるものとして、艦長になってもこれらは必需品でした。

特に、夜間の艦橋では赤いフィルターを被せた懐中電灯は必須といえます。

Kantei-kinmu_R040908_01.jpg

posted by 桜と錨 at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2022年09月07日

最近のニャンコ


昨日の未明は台風11号の影響で強い風と大雨の予報でしたが、パラパラだけでちょっと拍子抜けする程でした。

そしてその後は台風一過どころか今にも雨が振り出しそうなどんよりとした雲行きで、かつムワッと来るような湿った暑さが戻りまして、今日は雲の多い晴れの一日となったものの、相変わらず室内でも30度を超えております。 もう9月なんですが。


で、我が家のニャンコの小春ですが、7〜8月の夜中はどこか涼しいところへ行って寝ていたものの、このところ夜食のチュールが終わったら、何故か2〜3時間程足元に上がって来るようになりました。

Nyanko_R040907_01.jpg

そしてそのまま寝るのかと思ったら、その後はまたどこかへ。

しかしながら、相変わらず毎日キッチリと朝の4時半〜5時には私の顔を舐めながら耳元で 「チュ〜ル!」 と起こしに来ます。

やっと寝つけて夢の中の真っ最中なのですが、突然に ・・・・ この正確な腹時計は何とかならないものか、せめて家内に催促してくれればと (^_^;

posted by 桜と錨 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに