2020年01月19日

『対潜』 と 『電波航法』 のSG公開


本家サイトの今週の更新として、『現代戦講堂』 の 『資料展示室』 コーナーで、昭和48年度の 『幹部候補生学校1課程 (防大卒) 用SG集』 に 『対潜』 と 『航海 (電波航法)』 の2つを追加公開しました。


前者は当時の 「取扱注意」 が表紙に印刷されておりますが、秘密に関するものは一切記載されておらず、また現在の行政文書管理の関係規則類に該当するものでもありません。

OCS_SG_ASW_S45_cover_s_mod.JPG

これらSGの管理文書もなければ、配付された候補生がいつどこでどのように処分したのかなど全く関与しないものでした。

例え講義中に担当の教官が秘に関する内容に触れてこれを自分のSGにメモしたとしても、それはメモした候補生の責任で行えというものでした。 そういう時代でしたね。

逆に、当時は私達防大卒の候補生に対してこの程度の内容のSGなのかと感じましたし、ましてや3年も前に作ったものをそのまま使い回しで (^_^;

早い話、候補生学校は防大卒と一般大卒とを一年間一緒に生活させて、揃って練習艦隊に送り込めばそれで十分。 専門的なことはその後実務に就いた時にじっくり学べばそれで良い。 ということだったんだと思います。

とは言っても、この程度の内容であっても出版物やネットには中々無いことも多いので、一般の方々にとっては珍しいものが色々あることはまた確かでしょう。


後者は、まだGPSなど無い時代の話しで、ロラン及びデッカを主体とするものです。 両者共にもう既にありませんのでその意味では珍しいかと。

OCS_SG_Radio-Nav_S48_cover_s_mod.JPG

ただし、大変に印刷が悪いのと質の悪い用紙の変色のため、これをディジタル化しても見苦しいものとなっておりますが、ある程度ゴミ取りをしてもこの程度のものとご了解ください。


それにしても、またまた秘密漏洩事件が起きてしまいましたね。 私達から言わせれば、1等空佐にもなって特定防衛秘密に指定されたデータを資格のない第三者 (業者) に見せたり渡したりするなど、本当にお粗末としか言いようがありません。 日米間の信頼を損なうとんでもない出来事です。

posted by 桜と錨 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代戦のこと

2020年01月17日

阪神淡路大震災から25年


今年もこの日が来ました。 あれからもう四半世紀。 しかし私にとっても一生忘れることのできない日であることには変わりはありません。

15_01_hanshin_suikou_01_s.jpg
( 左クリックにて別枠表示します )


そして毎年この日になると災害派遣で現地に赴いた者の一人として思わされます。

もっと多くの人の命を救えたのではないか? もっと多くの支援活動ができたのではないか? と。

阪神淡路大震災のあと、東日本大震災を始め日本各地で大災害が生起し多くの人命が失われています。

自衛隊の後輩達は、この阪神大震災での災害派遣の教訓を十二分に活かしてくれていると信じています。


神戸を中心とする阪神一帯は、今では見事に復旧して綺麗な街々になりましたが、それでも被災された方々、身内の人や親しい人を失われた方々にとっては、あの日のことは決して胸の中から消えることは無いでしょう。

震災でお亡くなりになられた方々のご冥福と、被災された方々にこれからのご多幸があらんことを、心よりお祈りいたします。 (合掌)

posted by 桜と錨 at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年01月15日

ハマグリ


いつものお魚屋さんを覗きましたら、残念ながら珍しくお刺身になるようなめぼしいものは全くありませんでしたが、その代わり珍しくハマグリが幾つか残っていました。

殻の幅が7センチほどで、昨年末にもご紹介しましたが、お吸い物でも焼ハマグリでも大変に美味しいです。

残っていた全てをゲット。

hamaguri_R020115_01.jpg


・・・・ で、お正月から家内が前回の殻でこんなものを作り始めました。 まだまだ足りないので、これからもお魚屋さんで見つけたらもっと買ってこいと (^_^)

hamaguri_R020115_02.jpg

あの〜、いくら美味しくても、一度にそんなに食べられるものでは無いんですが ・・・・ (^_^;

posted by 桜と錨 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年01月12日

舞鶴と大湊


本家サイトの更新として、先週に引き続き 『海軍須知』 コーナーの第6話 『錨地まで5マイル』 に 「舞鶴」と「大湊」を、そして末尾に呉の艦隊桟橋の変遷を追加し、これにて第6話の全てが完了しました。


Ipponsugi_photo_02_s_mod.jpg
( 平成11年 「きりしま」 寄港時の釜臥山と一本杉 管理人撮影 )


う〜ん、私も墓場まで5マイルとなる前に、もう一度各港へ海から入って眺めてみたいものですね (^_^)

posted by 桜と錨 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2020年01月05日

横須賀と佐世保


本家サイトの本年最初の定期更新として、『海軍須知』 コーナーの第6話 『錨地まで5マイル』 に 「横須賀」 と 「佐世保」 を追加し、「呉」 の参考補足に写真の追加など少し修正しました。


Kougozaki_photo_01_s2.JPG
( 佐世保向後崎通狭  昭和49年内地巡航にて管理人撮影 )

う〜ん、佐世保はまた飲みに行ってみたいですね (^_^)

posted by 桜と錨 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2020年01月03日

『海上しまね』 令和2年1月1日版


島根の海自OB会が出している会報誌 『海上しまね』 の本年1月1日版である第57号をいただきました。

OB-Shimane_No057_s.jpg

海自の基地などがない島根県ですが、こうして海自OB有志がOB会を結成して活躍しておられるのは、実に羨ましい限りです。

そして会報誌の中でその活動振りが紹介されているとおり、年間の隻数はそれほど多くはないものの、島根各地に来訪する海自艦艇の歓迎・激励を毎回行ってきております。 やはり 「海自OB会」 であるのは乗員達にとっても嬉しいものと思います。

posted by 桜と錨 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2020年01月01日

錨地まで5マイル


本家サイトはトップ頁の新年のご挨拶の更新だけではと思いまして、『海軍須知』コーナーにて第6話として『錨地まで5マイル』を開設しました。


これは、海自OBの木津忠則氏が書かれた同名の 『錨地まで5マイル』 の全文ですが、大変に面白く、また一般の方々にとってもご参考になり、かつ興味を持っていただけるものと思いますので、ご本人のご承諾をいただいた上で掲載するものです。

とは言っても、地名・地物名などは一般の方々はもとより、海自の現役・OBでも運航関係配置でない人達でさえ少々判り難いものがあろうかと思いますので、ご参考として私の手持ちの海図などにより少し補足を加えました。

取り敢えず今回は “呉” をご紹介します。

Futakojima_sat_R0201_01_s_mod.JPG
( 二ツ小島 元画像 : Google Earth より )

posted by 桜と錨 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

老夫婦二人と二匹の元旦


明けましておめでとうございます。 良い新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

そして、今年もよろしくお願い申し上げますと共に、ご来訪の皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

Shimekazari_R020101_s.JPG

末娘が年末に遊びに出かけたまま戻りませんので、今年のお正月は結婚以来初めての夫婦二人。 そして老犬の次男ジュンペイと三毛猫の四女小春の二匹です。

老夫婦二人でも今年も我が家の元日の朝はまずこれで始まります。 七福神のお猪口で今年の占いを。

gantan_R020101_01.JPG

私は今年は恵比寿様でした。

gantan_R020101_02.JPG

そしてささやかながらお節とお雑煮を。

gantan_R020101_03.JPG

毎年申し上げておりますが、家内のお雑煮の味は絶品なんです。 私は毎年これが楽しみ。

ただ、今年は末娘がいませんが、材料は3人分ありますから、具がたっぷりです (^_^;

posted by 桜と錨 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年12月31日

大晦日


早いもので、あと2時間ほどで年が明けます。

今年は公私共々色々なことがあってバタバタし続けた一年でした。

その中で、何と言っても9月に野良だった三毛猫の小春が来て以来、我が家はその気ままさに振り回されっぱなしでした。

それでも今では毎晩布団で一緒に寝るまでになり、すっかり家族の一員になってきました。

Ohmisoka_R011231_04.JPG


年末は昨日からやっと新年を迎える用意を始めたところです。 私の仕事部屋も新しいカレンダーになりました。

Ohmisoka_R011231_01.JPG

Ohmisoka_R011231_02.JPG

今年は、娘や孫達、それに遊びに出かけたままの三女もおりませんので、結婚以来初めての夫婦二人きりの年越しです。

年越しそばは昨年と同じ頂き物のニシン付きの八割生そばのセットです。 これ、ニシンもおソバも、そして出汁も、なかなか美味しいんです。 ただ、沢山ありますので、老夫婦二人では (^_^;

Ohmisoka_R011231_03.JPG


本年も一年、こんなブログにお付き合いいただきましたことを感謝申し上げます。 ご来訪いただけました皆さん方もどうか良いお年をお迎え下さい。

posted by 桜と錨 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2019年12月30日

無理矢理年末モード


もう30日、なんだかんだまだいろいろありますが、ともかく強制的に年末モードに入ることに (^_^)

で、年末年始に娘や孫達が帰ってきたらと、ずいぶん前に注文しておいた4大蟹のセットと別注文のメスの花咲ガニが指定日どおりに届きました。

kanikani_R011230_01.JPG

kanikani_R011230_02.JPG

花咲ガニはセットのものもメスで、両方とも外子がたっぷりなのが見えます。 これは期待できそう。

ところが、娘と孫達は帰ってこないどころか、遊びに出たままの三女も年明けまで戻らないと連絡が。

う〜ん、老夫婦二人で明日の大晦日から順に解凍してのカニ三昧、ワーイ (^_^)


更に、先日ご紹介した牡蠣の網元をやっている甥っ子から年内仕事納めの殻付きと打ち身が届きました。

家内は数年前から牡蠣が食べれなく (体質的に受け付けなく) なりましたので、全部私が独り占め、ワーイ。

早速昼から殻付きを電子レンジでチンして。 流石に甥っ子が自分で選んだだけあって美味しい〜。

kanikani_R011230_03.JPG

私は牡蠣は何故かフライや土手鍋など調理したものは全くダメですが、殻付きの焼いたものと生は大の好物です。

特に、殻付きは殻の中にある汁と一緒に身をゴクリとやると、口の中一杯に磯の香りが広がって、堪りません。

家内は元々は牡蠣は好きで、殻付きの美味しさは判っていますので、恨めしそうに見ています。

う〜ん、無理矢理年末モードで幸せ〜 (^_^)

posted by 桜と錨 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに