2017年08月17日

拙稿 「アイオワ級の兵装」 の補足 (1)


「世界の艦船」 9月号増刊の 『米戦艦 「アイオワ」 級』 で、拙稿 「アイオワ級のメカニズム A 兵装」 において紙幅の関係などで盛り込めなかった事項などを少しずつ補足してみたいと思います。


その第1回目で、16インチ主砲塔の前面装甲厚についてです。

これについては、一般出版物などでは従来から17インチ+2.5インチの19.5インチ とされてきました。 例えば、ノーマン・フリードマン氏の 『U.S. Battleships: An Illustrated Design History」 においても

The original 18-inch face was replaced by 17-inch plate backed by 2.5 inch of STS to give the equivalent of single plate 18.75 inches thick.

としてこの2.5インチ厚のステンレス (STS) 鋼板を装甲に含めていました。

しかしながら、米海軍ではこのSTS鋼板は いわゆる “装甲” (Armor) とは考えておらず、その主目的である 「splinter plate」 として 装甲板 (armor plate) とは別の扱い としており、公式文書でもそのように記述されています。

編集部さんにご説明して、今回これを本来の 前面装甲厚17インチ としております。

次の図は米海軍の教範にあるものですが、残念ながら紙幅の関係で割愛せざるを得ませんでしたので、ここでご紹介します。

16in_Turret_Splinter_plate_01_s.JPG

なお、この装甲厚については、著名なサイト NavWeps でも加筆修正がなされているようですね。

posted by 桜と錨 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 砲術の話し

2017年08月15日

豆台風去る


夏休みで遊びに来ていた孫娘が帰りました。 ある意味ホッとする反面、我が家も淋しくなります。

Jieji_h290810_32.JPG

Jieji_h290810_31.JPG

何か一つでも良い思い出として残って、また今度来るのを楽しみにしてくれると嬉しいですね。

それにしても、今のご時世、昔のように一つ屋根の下に大家族でワイワイと暮らすようにはいかなくなりましたね。

posted by 桜と錨 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

じ〜じは大変 (3)


◎ お墓参り

やはりお盆ですので、何はさておき長女や孫娘も一緒に。

まず義姉の家に寄って仏壇にお供え物をしてからお寺さんへ。

Jieji_h290810_24a.JPG

孫娘も神妙に手を合わせていました。

で、帰りはお約束の休憩。 ちょっとモダンなかき氷です (^_^)

Jieji_h290810_25.JPG


◎ 花火

これもやはり夏ですから、必須のアイテムです。

Jieji_h290810_23.JPG

いくつになっても女性というのは花火が好きなようで、ば〜ばも長女も一緒になってキャッキャとはしゃいでいます。

Jieji_h290810_22a.JPG


◎ お刺身盛り合わせ

長女が以前から帰ってきたら美味しいお刺身が食べたいと言っておりました。

そこで、2週間ほど前にいつもの小さなお魚屋さんにダメ元で、「お刺身の盛り合わせみたいなものはできる?」 と聞いてみました。

日頃から 「うちは魚屋ではなくて鮮魚店」 が大将の口癖で、お魚は一匹とか半身が基本ですので ・・・・

そしたら二つ返事で

「いいですよ、取りに来る時間とどれくらいの量かを教えてくれれば、市場でその日にあがった良いのを仕入れてきて作っておきます。」

「あまり早く作ると美味しくなくなるので、取りに来られる直前に切っておきますから。」

とのこと。

孫娘は子供なのでお刺身はあまり食べないかなと思って、四人分で4〜5種くらい、あとはお任せしますので、夕食用に6時頃に、とお願いしておきました。


で、取りに行きましたら ・・・・

Jieji_h290810_30.JPG

日頃店頭ではあまり見かけないものも含めて、大皿一杯に綺麗に盛りつけてくれていました。 しかも安い! それにお味噌汁用の鯛のアラまでサービスで。 大感激、大満足です。

家に戻って早速皆で夕ご飯。 もう何というか、これを食べてしまうともう他のお店のものは食べられなくなります。

海産物大好きな長女はもちろん大喜びでしたが、びっくりしたのは孫娘で “美味しいね〜、美味しいね〜” と次から次へとパクパク。

うん、じ〜じは嬉しいです。 お願いして作ってもらった甲斐があるというもの。


◎ 家族で居酒屋

孫娘が帰る最後の晩は、末娘も一緒に揃って近くの居酒屋へ。

Jieji_h290810_29.JPG

本当は焼き肉店にするつもりだったのですが、流石にこの時期、既に予約で一杯でした。 8時以降席が空けばなんとか、ということでしたので、あきらめてこちらへ。

ここも家族連れや若い人達のグループなどでほぼ一杯でしたが、何とか席が確保できました。

それぞれが好きなものを注文し、好きなように食べて飲み。 孫娘もジュースを飲みながらパクパク。

Jieji_h290810_26.JPG

Jieji_h290810_27a.JPG

ここは味もサービスも悪くありませんし、そもそもファミレス1軒さえない地域ですので ・・・・

それにしても驚いたのは、既に社会人となった末娘がいつの間にか日本酒を冷やで飲むようになり、つまみの好みもすっかりおじさん風になっていたこと。

Jieji_h290810_28.JPG

う〜ん、やはり飲んべえの母親の血は争えませんね (^_^;

posted by 桜と錨 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年08月14日

『世界の艦船』 9月号増刊


「海人社」 さんから見本誌が届きましたので、そろそろ書店に並ぶと思います。 『世界の艦船』 の9月号増刊は 「傑作軍艦アーカイブ C」 の 『米戦艦 「アイオワ」 級』 です。

SoW_No866_cover_s.jpg

この中で私も次の記事を担当させていただきました。

「アイオワ級のメカニズム A 兵装」

本号は1984年に同誌の8月号増刊(通巻340号)『よみがえる戦艦 注目の米アイオワ級4隻を追って』のリニューアル版とも言えるものです。

しかしながら、この84年版では記事ページが少なかったこともあって兵装や機関など同級の性能要目などに関する内容はあまりありませんでした。

今回は船体、兵装、機関の3つの項目として、その詳細が述べられています。 また写真頁もほとんどが新しいものとなっております。 もしできれば84年版も入手されておくと、両方併せて貴重な写真集・資料集となるでしょう。


ただ、私の兵装の項も紙面10頁をいただきましたが、これでも竣工時から太平洋戦争時、戦後の近代化、退役までの全てを完全に網羅することは出来ませんので、太平洋戦争時までの本来の意味の 「戦艦」 としての時代をメインとさせていただきました。

とは言っても、砲熕兵装と射撃指揮装置との関連、いわゆる砲システムとしての機能についてや、CICなどについてはこの種の記事としては珍しいものと思います。

いつもどおり、初出の内容をふんだんに盛り込んでおりますので、読者の方々に興味を持っていただけるのではないかと (^_^)

いつも申し上げているように、艦艇の能力というものは単にカタログ・スペックとしての数値だけでは決して判断できるものではないというところを、この「アイオワ」級の兵装についても少しでもご理解いただければと思っています。


もちろん省略をせざるを得なかった内容も多分にありますので、それらについてはこの後本ブログで少しずつ補足していくつもりにしています。 こちらもお楽しみに。

posted by 桜と錨 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと

じ〜じは大変 (2)


◎ アオハタ・ジャム工場

竹原市の忠海というところにアオハタの大きなジャム工場があります。 ここは人数制限の予約限定でジャム工場の見学とジャム作りの体験ができます。

Jieji_h290810_11.JPG

長女が帰ってくる前に事前に確保してあったようで、孫娘と家内の三人で出かけることに。

工場はJR忠海駅のすぐそばだそうで、まあ呉線でノンビリ往復すれば良いからと言うので、私はJR呉駅までの送り迎え。

・・・・ だったのですが、昼過ぎに家内から “綺麗なホールがあって待ってる間休憩もできるし、ブログネタにいいかも” とメールがありました。

要するにJR呉線が不便で、片道2時間以上かかる上に、帰りの列車も本数が少ないので、暗に (と言っても見え見えですが) 忠海まで車で迎えに来いと言うことです。

だから車で往復して、私は有名な大久野島の散歩にでも行くからと初めから言っていたのに ・・・・ プンプン

普段なら “イヤダ” の一言ですが、今回はまあ孫娘のためと思って急遽出かけることに。 片道約1時間強でした。

工場に着いた時は、先にジャム作りの体験が終わり、工場での作業工程の説明ビデオを見ているところでした。 それが終わって、参加者は揃って工場の見学が約30分。

Jieji_h290810_12.JPG

私はホール内の喫茶コーナーで冷たい絞りたてのジュースを飲みながら待ちます。

Jieji_h290810_13a.JPG  Jieji_h290810_13b.JPG

ホール脇から屋上に出られますが、まあそこからではそれほど綺麗という景色では (^_^;

Jieji_h290810_14.JPG
(フェリー乗り場は写真の左手、写真右端の手前の島が大久野島)

工場のすぐ近くに大久野島行きのフェリー乗り場がありまして、この時期ですから帰りの観光客が大勢フェリーから降りてきました。 やっぱり初めから行くことにするべきだったかな〜

お土産は自分たちが作ったジャムの瓶詰め。 5つありましたので、孫娘も頑張ったようです。


◎ 筆の里工房

先日下見をしてご紹介した熊野の 「筆の里工房」 へ。

「筆の里工房」 と 「ゆるぎ観音」 :

Jieji_h290810_15.JPG

今回は前回と異なり、夏休み期間中だけあって、かなりの家族連れが来館していました。

ここも孫娘は物珍しいようで、結構興味津々でした。 とはいっても、一番のお気に入りはこれだったようです (^_^)

Jieji_h290810_17a.JPG  Jieji_h290810_17b.JPG

売店では筆の試し書きも。

Jieji_h290810_16.JPG

ここの売店は流石に筆も様々な種類が沢山揃っています。 ただしやはりそれなりの値段ですので、孫娘の学校のお友達へのお土産はちょっと違うものを (^_^;

Jieji_h290810_19.JPG

ランチはちょっぴり大人の味で。 3種類のパスタを少しずつ。

Jieji_h290810_20a.JPG  Jieji_h290810_20b.JPG

Jieji_h290810_20c.JPG

私が選んだイカ墨で、お口の周りもお口の中も真っ黒に。 ちょっと不思議な味だったのかな? (^_^) 

Jieji_h290810_18.JPG


◎ 水遊び

ベランダに用意したプールで毎日のようにはしゃいでくれます。

Jieji_h290810_21.JPG

中庭のようになっていますので、道路側からは見えませんし、お隣の家からも裏になっていますので、心おきなく。

ただし、じ〜じが外に出ると待ってましたとばかりに水を浴びせられて、いつもビッショリになってしまいますが (^_^;

posted by 桜と錨 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年08月13日

「起工式」 「命名・進水式」 「竣工式」 (続2)


前回、艦艇籍編入は命名・進水日、海軍工廠以外での建造の場合は竣工・接受日であることを説明しました。

さて、そこで問題となるのが 「同型艦」 ということです。

「〇〇型」 のタイプ・シップたる一番艦というのは、さて次のうちのどれで決まるのでしょうか?

   1.建造計画番号順
   2.艦艇類別等級表の記載順序
   3.艦艇籍編入日の順序
   4.竣工日の順序

一般的には同一年度に複数の同型艦を建造する場合、計画番号順に艦船名が決定され公布されます。 そしてこの順番に艦艇類別等級表に記載されます。

では、当該表の記載順序がそのまま同型艦の一番艦、二番艦ということになるのでしょうか?

ここで注意していただきたいのは、この 「〇〇型」 という類別が公式に規定されたのは 潜水艦が大正11年の 「潜水艦艦型呼称」 において、その他は 大正15年の艦艇類別等級表の全面改訂の時 で、それまでは旧海軍には公式の 「〇〇型」 という呼称は存在しなかったと言うことです。

ruibetu_T01_01_s.JPG

ruibetu_T15_01_s.JPG

そしてこの大正15年の改訂時に、「〇〇型」 というのは基本的に艦艇籍編入日をもってその順序とした のです。 言われてみればごく当たり前のことではあります。


例えばよく言われる “「古鷹型」 か 「加古型」 か” ということです。

大正15年の艦艇類別等級表において 「古鷹」 「加古」 の2隻は 「古鷹型」 とされ、一番艦が 「古鷹」、二番艦が 「加古」 とされております。

つまり、両艦とも民間造船所で建造されましたので艦艇籍編入は竣工日であり、「古鷹」 が大正15年3月31日、「加古」 が同7月20日ですので、これがこの類別等級表上の公式な順序です。

これは 「高雄型」 についても同じです。 「高雄」 は横須賀工廠、「愛宕」 は呉工廠ですので艦艇籍編入は命名・進水日で、「高雄」 が昭和5年5月12日、「愛宕」 は同年6月16日です。 従って同型艦4隻は 「高雄型」 であり、一番艦が 「高雄」、二番艦が 「愛宕」 で全く問題はありません。

世間一般でよく言われる、

愛宕のほうが2ヶ月先に竣工していますので、愛宕クラスとも呼ばれます

というのは、何らの公的意味もなしません。

更には、「妙高型」 でも同じことで、二番艦の 「那智 」 の竣工が 「妙高」 より約8ヶ月早かったことから、確かに海軍部内でも通称 「那智型」 と呼ばれたことがありますが、艦艇籍編入は 「妙高」 が昭和2年4月16日、「那智」 が同年6月15日ですから、公式類別上の 「妙高型」、一番艦 「妙高」 で全く問題ありません。


要するに、竣工日の早い遅いは同型艦としての類別とは直接関係しない ということです。

もちろん同型艦を何型と呼ぼうともそれは自由ですが、それは公式のものとは別の “俗称” でのことですから、“「〇〇型」 あるいは 「××型」 とも呼ばれる” などと同列に論じられるような話では無いことに注意する必要があります。


ただし、これはあくまでも原則の話で、艦艇籍編入日以前に艦艇類別等級への登録がなされること、また大正15年以前の複雑な建造・類別の経緯などから、必ずしも全てが一致しているわけではありません。

-------------------------------------------------------------

(前) : 「起工式」 「命名・進水式」 「竣工式」 (続)
posted by 桜と錨 at 11:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2017年08月12日

「起工式」 「命名・進水式」 「竣工式」 (続)


軍艦に限らず、どの様な船であってもその建造に伴う標記の3つの儀式・行事には古今東西それぞれ伝統や慣習があり、いずれも大事なものであることは間違いありません。 旧海軍においても明治初期に英海軍式を参考にし、これに日本独自の方式を加えて発展させました。

特に進水式については、それまでの建造物から実際に 「船」 となって海上に浮かぶということから盛大に行われてきました。

しかしながらこれらはあくまでも 「船」 という物体、言い換えるとハードウェアについてのものであり、「造船」 という世界での話になります。

しかしながら、海軍の艦船となると必然的に海軍という “組織” としてのことが関係してきます。 つまり海軍という国のお役所の一つとしての必須事項です。

これが 「艦船籍」 です。 この 「艦船籍」 に登録されて始めて海軍に所属する艦船 であるということになります。 このうちの軍艦及び水雷艇等が登録されたものが 艦艇籍 です。 これより、当該艦艇のいわゆる “後方” を担当することになる 本籍 と、どの様な階級・技能を持った乗員を何名乗せるかという 定員(表) が決定されます。

では海軍が新規建造又は既存艦艇を購入した場合に、これらはいつこの艦艇籍に入るのでしょうか?

「艦艇籍」 に関連する事項を定めたのが 『新造軍艦水雷艇ノ帝国艦艇籍ニ入ル時期等ノ件』 (官房機密1434号 大正3年10月30日) です。

Kansenseki_hennyu_01_s.JPG

http://navgunschl2.sakura.ne.jp/IJN_houki/IJN_houki_main.html
http://navgunschl2.sakura.ne.jp/IJN_houki/PDF/T031130_kansensekihennyu.pdf

これは当初明治36年に 「海総機密158号」 として定められたものを改訂し、かつ水雷艇に関する事項を追加したもので、大正6年に多少の改正を経て太平洋戦争期まで続きました。

要約すると、

 新造計画決定 (=予算成立) 後の工事着手の時期:
   1.艦艇名を決定し艦艇類別等級表中に加える
   2.本籍及び定員を仮定
 命名日(=進水日):
   1.本籍及び定員を確定
   2.帝国海軍艦艇籍に編入
 竣工・授受日:
   1.在役艦又は第一予備艦とする
   2.国内外の造船所で建造する場合及び既成の軍艦等を購入する場合は、
     艦艇籍編入、本籍及び定員の確定。

つまり、艦艇籍に登録され、かつ本籍と定員が確定すると言うことは海軍という “組織” にとっては最も重要なことになります。

したがって、標記の3つの儀式のうちでは 「命名・進水式」 が最も盛大であり、海軍工廠以外の造船所で建造する場合も儀式としてはこれに準ずることになります。

艦艇籍に入ると言うことは、その日より建造計画番号などではなく正式に 「軍艦〇〇」 などとなり、艤装員以外の乗員は 「軍艦〇〇乗組」 となります。

命名・進水式以降艤装工事が進むにつれて定員(表) に基づく乗員が順次発令となりますが、ただしその中には艤装員を兼ねる者もいますが、乗員=艤装員ではない ことには注意が必要です。

そして本籍及び定員(表) が確定することにより、以後当該艦の特務士官以下の補職人事、整備、補給などは全て所管の鎮守府の責務となります。

また世間一般では、例えば同型艦の呼称問題について、本来の二番艦が一番艦より先に竣工したから云々、などということが見られますが、いつ竣工したか、ではなく、いつ艦艇籍に入ったか が問題なのです。

「同型艦」 ということについてはこの後で。

-------------------------------------------------------------

(前) : 「起工式」 「命名・進水式」 「竣工式」

(次) : 「起工式」 「命名・進水式」 「竣工式」 (続2)

posted by 桜と錨 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2017年08月11日

じ〜じは大変 (1)


じ〜じとば〜ばは夏休みで帰ってきている孫娘に嫌われてはいけないとご機嫌をとるのに大忙しです。

っと言っても、ば〜ばは何だかんだと言いながら自分も結構楽しんでいるのですが ・・・・ (^_^;


以下日にちなどは順不同で

◎ 須ノ浦海岸

車で一時間ほど、倉橋島の須の浦というところに先月オープンしたばかりの 「須ノ浦ストーンフィールド」 に行ってみました。

Jieji_h290810_01.JPG

Jieji_h290810_08b.JPG  Jieji_h290810_08a.JPG

いわゆる海の家ですが、ちょっとモダンな作りに。 宿泊施設とカフェがあり、隣接地にさらに大きな施設が建築中です。

Jieji_h290810_04.JPG

「須ノ浦ストーンフィールド」 公式サイト :

まだ出来たばかりですので、ランチタイムも空いていました。 それでも途切れることなく利用客があり、宿泊施設も今月末くらいまで予約で一杯のようです。

Jieji_h290810_02.JPG

カフェのランチ・メニューもそれなりに揃っており、味も値段の割には悪くありませんでした。

Jieji_h290810_03a.JPG  Jieji_h290810_03b.JPG

宿泊施設併設だけに、ここのカフェはモーニング、ランチ、ディナーのメニューや各種の飲み物はもちろん、予約しておけばBBQも可能です。

食事の後は波打ち際を散歩。

Jieji_h290810_05.JPG

周辺に民家などもな〜んにも無いためか、下の広い砂浜はプライベート・ビーチのようになっています。 海水浴はもちろん、貸しカヤック、ボートや釣り道具も揃っており、ダイビングも出来るようです。

Jieji_h290810_06a.JPG  Jieji_h290810_06b.JPG

そして散歩の後はお約束の休憩。 素朴なかき氷で (^_^)

Jieji_h290810_07.JPG

これから冬用の設備も作りますので、運営を上手くやっていけばちょっとしたリゾート風の隠れ家的なところになりそうです。


◎ BBQ

夕方から夜にかけては庭でBBQを。 好きなものを焼いて食べ、好きなものを飲みながらダラダラと過ごします。

Jieji_h290810_09.JPG

海産物はお気に入りのいつもの小さなお魚屋さんに、何かBBQに良いものを、とお願いしておきましたら、サザエ、オオアサリ、車エビ、イカなどを用意してくれました。 車エビなどは一匹一匹串を刺してくれて。

Jieji_h290810_10.JPG

生で食べても新鮮で美味しいものばかりですので、これを焼いてですから、私もビールが進みます。

孫娘は、お肉やウィンナーなどはもちろんですが、これらも美味しいと言ってパクパク食べてくれました。 そしてそれ以上に喜んだのが海産物大好きな長女です (^_^;

半年に1回くらいしか会えなくなりましたので、楽しんで貰わなくては。

posted by 桜と錨 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに

2017年08月09日

「起工式」 「命名・進水式」 「竣工式」


う〜ん、どうもキチンと理解されている人があまりおられないような ・・・・

艦艇建造における標記の 「起工式」 「命名・進水式」 及び 「竣工式」 の3つの儀式のうち、旧海軍としてどれが一番重要だったのでしょう。 そしてその理由は何でしょう。

ご来訪の皆さんはお判りになりますか?

-------------------------------------------------------------

(次) : 「起工式」 「命名・進水式」 「竣工式」 (続)

posted by 桜と錨 at 12:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 海軍のこと

2017年08月07日

台風5号と豆台風の来襲


幸いにして台風5号は南に逸れましたのでこちらでは大した影響はありませんでしたが ・・・・ 我が家では引き続き豆台風が来襲中です。

しかしながら、次男のじゅんぺい、普段は家族以外にはワンワン吠えて全くなつかないのですが、若いお姉〜さん大好きだけあって、孫娘が玄関を入った時からベッタリです。 流石にこれには笑ってしまいました。

mametaifu_h290806_01.JPG

mametaifu_h290806_02.JPG

肝心な母親たる娘は明後日にならないと帰ってきませんので、それまではジ〜ジとバ〜バの二人でお相手です。

ジ〜ジも孫娘に嫌われてはいけないと、プールを出して常に水を補充したり、冷たいアイスやジュースをたっぷり用意したりと色々気を遣わなければなりません (^_^;

mametaifu_h290806_04.JPG

posted by 桜と錨 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままに